デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« Jawbone Up! 買ったらどうするの? | メイン | Sony NEX-5R/6の新アプリ『ライトシャフト』を試用 »

2013年4月15日 (月)

Sony NEX-5R/6の新アプリ『モーションショット』がすげえ!

相変わらず、世間の3ラップ先ぐらいを行っている
NEX-5R/6のアプリ配信がすごいです(笑)

3

3月28日に配信された
『モーションショット』(500円)
作例をやっと撮れたのでアップします。

娘を連れて、近所の公園に行って
モデルをやってもらいました。

ジャン!

Dsc02765

……えっと、足が消えてます。

複数枚とって、カメラの中で合成しているのですが
影も動きとして認識しているみたいです。

……というわけで、影が写らない方向で再撮影。

Dsc02805

うーん、ちょっと変な部分もあるけど
まぁ、なんとか。

こんどは弟とふたりで走ってもらいました。

Dsc02823

実は、このあとも撮っているのですが
ふたりの動きが重なる部分で
どれを優先して重ねればいいかわからなくなるようで
拒絶されましたw

なかなか、いろいろ条件が難しいです。

次は、動きのあるアクションで、
片手のロンダート(だったかな?)をやってもらいました。

Dsc02835

えっと、画角から消えていきました。

背景を動かしちゃいかんだろうと思って
三脚を使っているので、
その画角でアクションをしてもらうのが難しいです。

三脚使わなくても上手く合成してくれるのかな?
試しみればよかった。

真横だと動きを外す率が高いので
斜めでロンダート。

Dsc02847

なんととか、それっぽく撮れてますが
一部消えてます。難しいw

ちょっと手前で消えちゃったので
もう一度。位置合わせが難しいです。

Dsc02860

次、バク転? というのかな。
後にペタッと手を突いて回るやつ。

Dsc02911

うーん、なんか足が透明になってる……。

フェードインやフェードアウトも可能で
どっち(新しい方か古いほうか)の写真を優先するかも
設定可能。

Dsc02878

しかし、これの設定に熟達するには
それなりの経験値が要りますなぁ。

あとカメラのSDカードの中には
連続写真のデータがすべて残りますので、
あっという間に、大量の写真を撮ってしまうというのも
何かと大変な感じw

でも、それを使えばフォトショップとか使いこなせる人なら
上手く行かなかった部分を修正するとかも
可能かもしれません。

細かいことをいえば
いろいろ気になるんですが
おおざっぱに言うととても面白いです。

タイムラプスとか、ジオラマ写真と同じく
これまで、プロが高度な技量と手間ををかけて
やっていたことを、カメラのアプリとして
実装する。これはかなり面白いと思います。

みなさんも、NEX-5R/6で未来のカメラを体験して下さいなw

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー