デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 私の荷物も再撮影しました【携帯ツール図鑑】 | メイン | サンプラザ中野くん登場!【携帯ツール図鑑】 »

2013年2月 7日 (木)

キヤノンのiPadアプリ『EF LENS HANDBOOK』はカメラ持ってる人は全員ダウンロードすべき

キヤノンから
EFレンズのカタログ的なiPadアプリが出ました。

Photo_2

EF LENS HANDBOOKと言います。
(リリースはこちら

Img_0001

これが、すんごい良く出来たiPadアプリなんです。
レンズのこと、カメラのことがよ〜く分かるので、
カメラ持ってる人は全員ダウンロードすべき。

Img_0005

まずは、レンズのこと、
カメラのこと、センサーのこと
焦点距離や画角のこと……と
勉強させてくれます。

で、こっからが圧巻。
iPadアプリならではです。

Img_0007

絞りを変えて起こる焦点深度、ボケ味の変化を見せてくれます!
スライダーを動かすと
それを再現
してくれます! すごい!
これまで、口で言っても難しかったことが一発で!

Img_0008

さらにはシャッタースピードを絞りの関係を写真で再現!
右のカラーチャートのようなところをタップすると
左の鉄道模型の写真で教えてくれます。

たとえば、1/125秒で、F2.8まで開けていったら
どんな写真になるか、一発で見せてくれます。

で、いうたら、右下(絞り込んで、シャッタースピード速く)に
行くほど、照明を明るくするか、フィルム感度を上げるか
しないとイケナイわけです。

分かりやすっ!

Img_0009

レンズの長さを変えると、どうパースペクティブが
変わるか
とかも教えてくれます。
iPadアプリって、こうじゃないと!

常用域のレンズや、70-200mm F4とかの定番から
EF8-15mm F4というような、めったに買わないレンズの
画角とかも再現してくれます。

こんなん見たら、レンズ買うてまうやろ!
(あ、そのために作ってあるのか)

さらに、それぞれのレンズで
どういう作例が撮れるかを説明。

Img_0011

そして、レンズごとにどういう写真が撮れるかを
作例を交えて解説。

これは本当に購入の参考になると思う。
っていうか、なんで、今までこれがなかったんや!
っていうか、電子雑誌って、こうあるべきなんじゃないか?
とか、もう、なんかいろいろ完敗です。
いや思わず乾杯( ^_^)/□☆□\(^_^ )

作例側からレンズを探すこともできます。

Img_0004

キヤノンのボディを持っている人はもちろんのこと
他のカメラ持ってる人も、絶対勉強になるから
これは絶対ダウンロードしておくこと。

あと、雑誌編集者も。
ウチの会社の編集部員も絶対もうダウンロード必須!
これで勉強しましょう。

いやー、素晴らしいiPadアプリをキヤノンさんが作ってくれました。
乾杯! ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

ダウンロードはこちらから!

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー