デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 富士スピードウェイに遊びに行って来た!(Vol.01) | メイン | Kindle Paperwhiteが来た »

2012年11月19日 (月)

富士スピードウェイに遊びに行って来た!(Vol.02)

エプソンさんのお招きで、FISCO(富士スピードウェイ)に
行ってきた話、その2。

特別なパスをいただけたので
パドックの中にも入れていただけました。
(注:通常は入れません)

これがエプソンさんのスポンサードで
ナカジマレーシングが走らせる
GT500クラスの車両
HONDA HSV-010。

Dsc00038

エプソンさんの連綿と続くスポンサードを
素晴らしいと言っておきながら、
私自身は、国内の四輪のレースは全然詳しくないのですが、
Wikiをひもとくと(間違ってたらご指摘を>詳しい方、主にA-LA-BULKA方面)
GTというからには、市販車をベースとした
レーシングマシンだけど
レギュレーションとしては緩くて、ほぼプロトタイプカーなみの
ワークスマシンが走るのがGT500。
(もともと、500馬力ぐらいだったから、
 そう呼ばれてたけど、今は600馬力ぐらいあるらしい)
それより、ちょっと市販車に近いけど
これもまたいろんな都合で、いろんなマシンが走れて
モディファイ具合がヘビーになっているのが
GT300……らしい。

Dsc00031

リアのデュフューザーとか
こんなになっているのね……。
ここから空気を引き抜くことで強大なダウンフォースを
得るのね……ふむふむ。

Dsc00029

ゴーカな感じのブレーキ。
お金かかってそうですね……。

ちなみに、本日のサブカメラは
前日に買ったばかりの、SONY NEX-5Rなんですが
まだ、使い慣れなくて……。
ほぼ、ずっとPモードで撮っておりましたw

(なにしろ、手も濡れてて設定を変えるのが面倒。

 その点、一眼レフのハードボタンは、やっぱりこういう悪コンディションでも

 感触だけで操作できるからやっぱり便利)

Dsc00007

となりのパドックには
さっきまで走っていた
フォーミュラニッポンのサービスや。

フォーミュラニッポンと、GT500/300のレースがあるということで
長いFISCOのパドックも
ギッシリとレーシングマシンで埋っていました。

ヘッドライトが黄色いのはGT300クラスらしい。

Dsc00069

アウディR8とか

Dsc00070

ヱヴァンゲリヲンレーシングとかは
GT300クラスなのですね。
なるほど。

その後、雨足が強くなって、
私の貧相な装備では
コーナーでカメラを構えてられなくなったので
(&コーナーにいると、全体のレースの状況とかは
 わからない。)
ので、パドック上や、グランドスタンドでレースを観戦。

Img_6851

これはGT300クラス。

FISCOの直線って僕は
400ccのバイクでしか走ったことがないんだけど
400ccのバイクだと、1/3ぐらいで最高速に達して
あとは180km/hぐらいのスピードでずっと待っている
だけの場所なんだけど、
GTカーは雨でも250km以上出るらしいからすごい迫力……。

Dsc00093

(悪コンディションの中でも意外におっかけてフォーカスする
 NEX-5RのAFには感心した。)

続いてヴィッツのワンメークレース。
この雨の中で70台も一緒に走るってすごい(笑)

Dsc00105

そして、GT500の決勝!

Dsc00122

……、が雨過ぎて
ペースカーが入ったりでちょっと残念な展開。

Dsc00117

ナカジマレーシングのHSV-010もがんばって走っているけど
なんといっても雨過ぎ。

この雨の中で600馬力のクルマでレースするって
本当におっかないだろうなぁ……。

Dsc00128

で、残念無念の赤旗なのでした。

なかなか辛いコンディションだったけど
けっこうレースファンの人がいっぱい来てるのには驚いた。

Dsc00134

翌日の日曜日は晴天の中
レースが行われたようで
レース結果などはまた
ナカジマレーシングのウェブサイトなどに
アップロードされると思うので、ぜひご覧下さい。



コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー