デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ジョギング用のヘッドフォンを新調! | メイン | また、欲しいカメラ登場!【Sony NEX-5R、NEX-6】 »

2012年10月30日 (火)

木製ガジェットが流行る!?

先日の、iPhoneケース展でも

松葉製作所さんの木製iPhoneケースが非常に人気でしたが
次号フリック!のために撮影させていただいた
このOréeのキーボードもなかなか素敵です。

木製ガジェット流行の兆しでしょうか?
たしかに、ビットで構成されるものを見ていると
ビットだけでは表現できない自然のアイテムに惹かれるのも
分かるような気がします。

Pa170007_2

それにしても、木でキーボードってけっこう大変な気がするのですが……。

Orée Boardは、東フランスの森の木を切って
フランスの木工職人によって作られる
フランス製のBluetoothキーボードです。

高級メープル材、もしくはウォールナットの1枚板から
切り出されるそうで、キーと周囲の木目が繋がっています。

Pa170012_2

おそらく、この繊細な形状を作るためには
コンピュータ制御のレーザーカットマシンが使われるのでしょうけれど
端面が黒く焦げていないところを見ると
その後手作業でサンディングして、仕上げているようです。
大変な作業だと思います。

文字盤はUSキーボードと、US配列にカナの刻印を入れたもの
(注:つまりカナキーボードではない)の2種類。
木の種類と合わせて4パターンの商品があることになる。
さらに加えて、左上に文字を刻印することもできる。
(ただし、文字種やフォントの種類に制限はある)

これだけの製品なのに、1万3500円+送料2500円、つまり1万6000円と
いう価格に抑えられている。

打鍵感は、Apple純正のキーボードのように浅いタイプ。
木製だからか、少し柔らかい感じがします。

Pa170022

我々のように、毎日ハードに使い続ける状況に
向いているかどうかと言われると、
木製ですから、すり減ったり汚れたりと
ちょっと厳しいかもしれませんが
プライベートな文章を書く時に……とか
ブログを書く時に……とか、
気分転換するために使うのもいいかもしれません。

Pa170003

欲しい……。
しかし、まず、色とキーの種類を選ばねばですね。 ワタシだったら、メイプルでUSキーボードかなぁ……。 経年変化がメイプルの方が楽しめそうな気がするんですよね。 使い方を間違えると、ずず黒く汚れそうで心配ですが。

詳しくは、11月10日発売の次号フリック!で。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー