デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

iPhone 5のカメラは視野率100%じゃなかった

これまでのiPhoneも
iPhone 5も写真の仕上がりサイズは4:3。

やっぱ、写真は4:3だよねという
アップルのこだわりなんでしょうか?

でも、iPhone 5は横長画面だよね?
写真撮っている時も、
プレビューで見てる時も
別に違和感は感じないけど、どういうこと?

Img_2087

上がiPhone 5、下が4S。
明らかに撮ってる時のタテヨコ比が違うのに
写真が、同じ比率で上がってくるというのは
ダマされているということになる。

トリックはどこにあるのだろう?

手元にあった、キーボードを撮ってみた。

51

画面キャプチャは16:9なので、
とても横長になる。

2のキーから、かなキーが
対角線上になるように撮ってみた。

52

仕上がりはこちら。
3264×2448ピクセル。つまり3:4になっている。

写真を撮るときにプレビューを見ているより
上下にたくさん入っている。

iPhone 5カメラのファインダーは視野率100%じゃないのだ(笑)

iPhone 4Sはそのへん、ちゃんとしてたなぁ……
画角が違うなんて、あり得ないよね。

なんて、思いながら試してみた。

___1

2のキーから、スペースバーを入れて
撮ってみると……。

___2

こっちは、ほぼプレビュー画面で見たとおり。

ちょっと近すぎて樽型になってるし
厳密には三脚で固定して方眼紙でも撮影して試さないと
厳密なことは言えないが
たぶん、ほとんど変わらない。

iPhone 4Sまでの画面サイズは2:1なので、1.5
写真4:3なので、1.333
この差の0.177の部分にシャッターボタンなどが
あったわけだ。

iPhone 5の場合はファインダーというか
プレビュー画面で見ているより
ちょっと、上下余分に写る。

このことは覚えておいた方がよさそう。

2012年9月27日 (木)

iPhone 5 LTEスピードテスト! ソフトバンク VS au

iPhone 5を購入するにあたって、気になるポイントはいくつもあるかとは思いますが、その大きなポイントのひとつが、通信速度でしょう。iPhone 5になり、LTEが使えるようになったのも、それに拍車をかけているのでしょう。実際、様々なサイトで比較記事を見かけますね。

ということで、フリックでも両方揃えたので、簡単に比較してみることにします。
多くの記事は、都心部の主要駅でのテストのようですが、ここではわたくし山本の行動範囲、というか通勤路である西東京方面で行ってみました。車通勤なので、基本的に駅周辺などではありません。
また、各ポイント数回テストしていますが、ここでは下りの最速値の画像を表示します。
では、さっそくテスト結果を! 

 

・東京都国分寺市西国分寺あたり
まずは私の自宅といきたかったのですが、どちらもLTEが入らないので……自宅前にて。
LTEの電波事態はソフトバンクのほうが良好な感じでした。
 ソフトバンク

20120927t025226_2

 

 au

20120927t024535_2

結果としては、ソフトバンクが下り、上りともに速いという値。

 

・東京都狛江市水道道路近辺
電波強度はイマイチながら、両方ともにLTEを掴みました。
 ソフトバンク

20120927t025226_7

au

20120927t024535_6

下りはソフトバンク、上りはau有利といったところでしょうか。

 

・東京都世田谷区砧公園近辺
auはLTEが入り、ソフトバンクは入らず、ということで、ソフトバンクは3Gでの結果なのですが…
 ソフトバンク(3G)

20120927t025226_11

au

20120927t024535_8

かなりソフトバンクの3Gが検討しているのに驚きです。
ちなみに、同ポイントでのauの3Gはどうかというと、
au(3G)

20120927t024535_13

このポイントではau 3Gは苦戦の模様。

 

・東京都世田谷区フリック編集部
最後は編集部。ここもソフトバンクはLTE入らずなので、3Gでの結果です。
 ソフトバンク(3G)

20120927t025226_13

au

20120927t025024_0

さすがにLTEの入るauが速いですね。とはいえソフトバンクの3Gもあなどれない。


 

とまぁ、簡単にテスト結果をご報告させてもらいました。
LTEに関していうと、どちらもエリア的には入る、入らないは場所による。
通信速度に関しても、どちらも十分に速く、あまり違いはないイメージ。
よって、自身の活動範囲内でのエリアや速度が選ぶポイントになるのかと思いますが、
事前にそれがわからないのがつらいところ。
LTE通信というポイントで選ぶなら、回りの友人、知人を人柱に(笑)して選ぶのがよさそうですね……。

 

最後に、通信速度の値は状況によって変化するので、あくまで目安として参考程度にしてください。
さらにテストに使用したのは通信速度を測定するiPhoneアプリ、RBB TODAY SPEED TEST です。

2012年9月26日 (水)

ソニーリーダーをまた買った【PRS-T2】──1

雑食性読書家である私は

どっちかっっていうと紙の本の読み心地が好きなんですが
最近はすっかりソニーリーダーの使い心地にハマっております。

すでに100冊近く本を買ってしまったので
この蔵書を管理するためにも
末永くソニーリーダーと付き合う所存です。

で、新型。ソニーリーダーPRS-T2です。

Img_2065

僕は気にならないんですが
ページめくりの時にチラチラの書き換えが
15回に1回に低減されているそうです。
(小説の場合。コミックスの場合はもっと多い)

それと、Evernote、Facebook連携
が目玉かな。これは嬉しい。

3年ベーシック保証という長期保証がついて
9980円となると、もうあんまり買わない理由がありません。
(買ったら、リーダーストアのポイントとかももらえるから
 さらに安い感じ)

いつまでたっても嬉しい箱開け。

Img_2066

ちょっと紙が増えているような気がする。

初期登録をわかりやすくさせようという感じの
説明書が増えていて感じいい。
読書好きが読書を楽しめるように……という
情熱が感じられて素敵。

Img_2067

スタイラスと、USB-Micro USBケーブルが付属。
私はスタイラスは使ってないし、USBケーブルは
いっぱいあるから、またストックが増える感じ。

Img_2068

電源を入れて日付などを入力したら
もういきなりコンテンツが読めます。

好感度高いのは
ブックリスタさんが書いた
『読んで欲しいこの本、50冊』
というコンテンツがプリンストールされていること。

ソニーリーダーで読むのに適した
コンテンツが紹介されています。

ソニーリーダーでどんな風に
本を読んで欲しいかを書いた序文も
好感度高いです。

それぞれのコンテンツが熱く紹介されています。
今読んでるグインサーガも、深夜特急も紹介されていて
私はうれしい。

Img_2071

あ、そうそう。
パソコン側のeBook Transfer for Readerを
T2用にバージョンアップしなければなりません。
バージョンは3.0になります。

それから、Readerの端末も買ったばっかりなのに
アップデートしないといけません。1.0.01になります。
マイナーアップデートなので、何らかのバグフィックスでしょう。
「発売されたばかりなのに、何故」
とか言わずに素直にダウンロード。

実際に動かして発覚するバグとかあるですよね。
きっと。おおらかにいきましょう。

というわけで、
パソコンに繋いで、製品登録して機器認証して
(このへんがちょっと長ったらしいけど、しょうがないんでしょうね……)
コンテンツを転送〜!
Img_2073
これで、ここまで買った100冊ぐらいの本が
一気に読めるようになります。
感動!

ということで、フリック!の締切も迫っておりますので
今夜の更新はこのへんで。

リーダーストアではこんな本が売っています。
欲しい本があったら、ソニーリーダー買ってみるの
お勧めですよ。
<続く>

Sony Readerの新型を買った!

非常に支払いの多かった9月が終わり
給料日も来たので(笑)
SonyReaderの新型を買いました。

いやいや、ヨメがね、僕の以前使っていたのを欲しい
というので……(iPhone と同じ方式)
従来のをヨメに譲って、新しいのを買ったわけです。

とか、必死でいいわけしなくても
9980円と非常にリーズナブルな価格なんですが。
これはライバル登場のおかげ!?

新型の素敵なところは
本の文章の気に入った所を引用してFacebookに投稿したり
エバーノートにスクラップしたりできるところ。
これが楽しみ。これでこそ電子書籍!

Img_2064

もう、僕は100冊以上コンテンツを買っているので
早く同期して、新しい機能を使ってみたくてしょうがないのですが
新品状態のをスタジオで撮影してから同期しないとイケナイので
おあずけ状態。

まぁ、読書それ自体は旧型でもまったく問題もないのですが
はやく新機能を試してみたい!

2012年9月25日 (火)

「ターン・バイ・ターン・ナビ」を試してみて欲しい

大不評なiPhone 5、iOS6の地図を
気に入っているのは「ターン・バイ・ターン・ナビ」が
快適だからだ。

Img_2037_2

(注:助手席の人に撮ってもらってます。念のため)

クルマ乗る人は、一度機会があったら
使ってみて欲しいです。

ナビゲーションのタイミングの良さとか
鳥瞰視点の画像の見やすさとか
道を外れた時の、リルートの速さとか
いろいろいい。

多少の不具合は「そのうちアップデートされるさ」と、気にしない
アーリーアダプター気質だからこそかもしれないけど。
(村上タクタ)

マガストア3周年のベストセラーのひとつに選ばれました!【フリック!】

我々の電子雑誌を配信して下さっているマガストアさんが

3周年を迎えられたということで
過去のベストセラー15誌が選ばれ
弊誌もその中の一冊として選んでいただきました

というわけで、それぞれの雑誌の過去のバックナンバーが
各誌それぞれ1号170円で販売されております。

弊誌も、電子雑誌化2号目の8月号を170円ということで
ご協力させていただいております!

このBlogを読んでいらっしゃる方は
すでにご購読済みの方が多いと思うので申し訳
感じもあるのですが、2カ月以上前の号ということで
ご容赦いただけたら幸いです。

このセールをシェア、RTいただいたり
Blogで取り上げたりいただけると
電子雑誌の発展に拍車がかかるかと思います。

ぜひ、ご協力、よろしくお願いしますm(_ _)m

(って、いうか、私は思わずセールの別の本を買ってしまったのですがw
 マジお買い得な本あります)

マガストアのフリック!の8月号170円ダイレクトリンクはこちら

iPhone 5の本当の凄さ

iPhone 5を手にして数日が経つ。
身の回りには、手に入れた人ばっかりなので
感想を語るのを忘れてしまいそうになるけど
そんな人ばっかりじゃないと思うので
ちょっと書いておこう。

_mg_8861

一番凄まじく感じるのは、
やはり軽さと薄さだ。

誰に渡しても一番の感想は
『軽くなったね!』
と言われる。

日々使っていても、慣れるどころか
この拍子抜けするほどの軽さに驚かされるばかり。
手にしても軽いし、ジーンズのポケットに入れても
薄さに驚く。

長くなって、画面がデカくなって
CPUクロックが1.5倍になって(と言われている)
GPUが2個から3個になって(と言われている)
メモリも1.5倍になって(と言われている)
3Gに加えてLTEで通信速度が猛烈に速くなって
……重量が20%、厚さが18%減っている。

あり得ないでしょ!

クルマで言えば、 4気筒を、V6にして
排気量もデカくなったのに、
2割軽くなったとか、そんな非常識な。

この凄さをみんな当たり前に受け止めすぎてないかと
ビビってしまう。

サンドイッチを20%軽く、18%薄く作って
栄養価は1.5倍とか、あり得ないでしょ!?

そのために、nano SIMにして、
LTEと3Gのチップを一体にして、
30ピンのコネクターを8ピンにして
何もかもどんどん小さくして……。

上下のガラス板に、ステンレスのフレームがアンテナを兼ねて
構造体となる……という構造から
ユニボディ的な、お弁当箱にガラス板でフタをする方式に?
でも、それで果たしてボディ剛性が保てるのか?
そもそもそんなボックス構造にしたら
電波を受信できなくなるよね……。

謎……。

そういえば、アップルって

すごい変化をした時は「変わってないよ」
っていう顔をしてユーザーに気付かせずに
その段差を乗り越えさせたりするよね……。

_mg_8881

エッジだけ、キラリんと光るこの軽く薄いボディに
どんな秘密が隠されているのか……。

10月10日発売のフリック!デジタル11月号では
そんな秘密にも少しは切り込みたいと思っています。

2012年9月24日 (月)

iPadを格安で手に入れる方法!?【ARドローンDiscover Japanフォト&ムービーコンテスト】

10月号でもお伝えした

『ARドローンDiscover Japanフォト&ムービーコンテスト』

ですが、今、よく見たら、商品がグレードアップしています。

Ar3

合計するとなんと、iPadが4枚。
Parrot Zikヘッドフォンが4個。
ARドローンのバッテリーが4個と
超豪華に賞品がグレードアップしています。

ARドローン2.0の価格が今3万円前後ってことは
これを買って、コンテストに応募して金賞を取って新しいiPadを
ゲットするというのが、iPadを手に入れる
一番お得な方法……って気がしますが、違うか(笑)

編集部でもムービーを作ってみたので
ぜひ、ご覧下さいw

ぜひ、こちら をご覧になって、ご応募を!

『ARドローンDiscover Japanフォト&ムービーコンテスト』フリック!編集部も作ってみました!

Img_6939

『ARドローンDiscover Japanフォト&ムービーコンテスト』

フリック!編集部も、サンプルを一発作ってみました!

フライトはRCエアワールド編集部の
エースヘリフライヤーである山本大介。
撮影と、編集部は私、村上タクタであります。


撮影動画を、iMovieに取り込んで
ちょいちょいと編集をしていますが
もちろん、応募に編集は必要はありません。

ぜひ、ARドローンで撮影した
写真や動画をご応募下さい!

応募のレギュレーションその他はこちら

『ARドローンDiscover Japanフォト&ムービーコンテスト』スタート!

iPhone 5の発売で賑わう今日この頃ですが
そのiPhone 5でも操縦できる空撮ヘリARドローンの
フォト&ムービーコンテストがスタートしました!

Ar2


ARドローンで空撮した写真やムービーを
共有しようというコンテストで
HDムービーが撮れるようになったARドローンの
性能を遺憾なく発揮したもの勝ちであります。

ARドローンをお持ちの方は
ぜひ、応募を!

11月15日締切なので、
今から買って応募しても、十分間に合います!

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー