デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

『iPhoneギア大図鑑』の中身をちょいと紹介

みなさま、昨日から発売しております
『iPhoneギア大図鑑』はお買い求めいただけましたでしょうか?

今日のブログでは、その中身をちょいとご紹介しましょう。

P6290023

ちなみに、こういう黄色い表紙です。
アプリ本ばっかりの書店の棚で
ちょいと異彩を放っているハズです。

なにしろ、中身はiPhoneケースの大行進……。

P6290024

どんだけ、撮影が大変だったか……(泣)

いろんな周辺機器も載っております。
この右ページは、現在、私の睡眠を管理していただいている
LARKアンアラームシステム
左ページはフォステックスのiPhone用アンプ。
まだまだ、あなたの知らない(と思われる)周辺機器がいっぱい載っているです。

P6290026
まぁ、なんちゅうか、ひったすら
iPhoneの周辺機器が載っております。

P6290027
かなりiPhoneを使い込んだ方にも
『こんなモンがあったのか! 知らんかった!』
と思ってもらえること請け合いであります。


iPhoneケースも数限りなく載っておりますが……
私がとりわけお気に入りなのは、
素材モノケースのページ。

P6290028

アルミや、リアルウッド、カーボンなど
素材モノのケースが、これまたズラリと……。

P6290029

リアルレザーとか
木とか。

P6290030

あと、カーボンとか漆とか……。

P6290031

常に手にしているiPhone。
ケースも、『これぞ!』というのを
ちゃんと選びたいモノ。

というわけで、『iPhoneギア大図鑑』を見て
しっかり選んで下さいね!

アマゾンではこちら
楽天ではこちら


2012年6月28日 (木)

「iPhoneギア大図鑑」本日発売!



全国の書店さんでお求め下さい!

一部家電量販店さんにも置いていただいているようです!

会社の近くの本屋さん、
いい場所に置いてくださってました! 感謝!

2012年6月27日 (水)

「iPhoneギア大図鑑」明日発売です!



前代未聞の大量のiPhone周辺機器の載ったムック『iPhoneギア大図鑑』
全国の本屋さんで、明日発売です!

iPhoneユーザーの方には必携の本になったと思います!
よろしくお願いします!

2012年6月25日 (月)

『iPhoneギア大図鑑』できたっ!

ここのところ、
思わずBlogやFacebookが無言になるほど
編集部一同集中しておりました本
『iPhoneギア大図鑑』が仕上がって参りました。

6月28日木曜日発売です!

Iphone

いや、作り始めてビックリしました!
今や、iPhoneの関連商品の量たるや
ものすごいものがあるのですね!

ぜんぶを収録した……とはとても言えませんが
間違いなく、今現在でもっとも
iPhone関連商品がたくさん載っている本だと思います。

iPhoneケースからもろもろの周辺機器まで
これなしでiPhoneは語れませぬ!

iPhoneユーザーの方、必携の一冊!
……だと思います。
ぜひ、書店で一度手にとってご覧になってみて下さいませ。

2012年6月22日 (金)

RX100が素晴らしかった

いやー、本が出るまでは書けなかったで
ストレスが溜まりましたが、
RX100、ほんっとに素晴らしかったです。

Img_6060

特に、僕はS95を持っているし、XZ-1
なんども触らせていただいたことがあったので
非常に気になるカメラでした。

記事の時にはゆっくり検証する余裕もなかったのですが
暗いところも強いし、面白いフィルターもあるし
実際に最強。

Dsc00017_5

このボケ味、コンデジの性能ではありません……。
フル画素の画像を見せて差し上げたい。

手軽にスナップできて
でも、画素数高くて、
その気になれば露出や、シャッタースピードを
いじれて……というニーズ
つまり、『リング付きコンデジ』っていう
カテゴリーの概念では、現時点ではもう『上がり』だと思います。
だって、すぐに他のメーカーさんが
このレベルで2020万画素のカメラを出してこれるとは思えない。
つまり、しばらくRX-100最強の時代が続くと思うのです。

というわけで、
そういうカメラが欲しい方
コレ、最強です。
買って間違いないと思います。

でもまぁ、ここまで来ちゃうと性能がすべてではないかもです。
バイクでいえば、CBR1000RRを買えば最強で
一番速くて、すべてにおいて間違いはないんだけど
それが面白いんかいっ! っていう
まぁ、そういうイチャモンをつけたるなる世界ではあります。

Dsc00028

↑イラスト調のピクチャーエフェクトが気に入りました。

ものすごいiPhoneの本、校了しました

たぶん、前代未聞だと思います。

これほど、たくさんのiPhoneケースや周辺機器が載っている本は。

この圧倒的な物量は
やっぱり、紙の本ならではだと思うなぁ。
品名だけで500以上。グラフィック違いや、色違いを入れると
多分2000〜3000のiPhoneギアが載ってると思います。
(また、時間ができたら数えてみよう……)

『iPhoneギア大図鑑』
6月28日発売、945円。
全国の本屋さんや、家電量販店さん
一部コンビニ(たぶん、これはそう多くはないので
 コンビニで探すよりは本屋さんに行った方が早いと思います)
で、発売です。

今回は、紙の本です。

こうやって、紙の本と、デジタルのフリック!を乱れ撃ちする作戦です。

iPhoneをお持ちの方は、ひとり1冊買っておいた方がいいと思います。

睡眠を記録するLARKが面白い

今作っている、ムック
『iPhoneギア大図鑑』のために
フォーカルポイントさんからお借りしている
『LARK アンアラームシステム』
が面白い。

Img_6102

腕に、コイツを付けて寝ると
動きを感知して、
どのぐらいで寝付いたか
夜中に何回ぐらい起きているかを
計測してくれるのだ。

Img_6103

唯一問題は、締切が近づいてくると
まともに布団で寝られなくなるので
試用データが取れないってことだ。

一応、4時間の睡眠でも死んだように深く眠っているようなのですが……。

2012年6月20日 (水)

Bento 4 for iPadが発表されましたね

Mac/iPhone/iPadで使えるデータベースアプリ
BentoのiPad版がリニューアルしましたね。

Be

かなり、大幅なモデルチェンジで
1から作り直したんじゃないかと思えるほどです。

iPad版単体できることが大幅に広がっています。

次号、フリック!8月号でレポートをお届けしますね!

2012年6月18日 (月)

FacebookPageのインサイト

たぶん、社内のウェブ事業部はいろいろやってると思うんだけど
ワタシは、雑誌の編集者なので
あんまりウェブのことは詳しくない(言い訳その1)。

で、アクセス解析なんかも
別にしていないんだけど、
FacebookPageには
インサートというアクセスのグラフを表示してくれる
仕組みがあるので、
そのぐらいは一生懸命見ている。

で、これが最近のグラフ。

Photo

flick!の復活が近づいたタイミングから
せっせと日常の細かい話を上げていたので
グラフの左端の時点でも
それ以前の、休刊の間の3倍ぐらいのアクセスはいただいている。

そして、『flick!復活』の話でどーんと上昇。
この時点では、ここが縦軸のピークだったから
本当にドーンという感じで上がっていて
「ああ、待って下さってた方がいらっしゃった……」
と、本当に嬉しかった。

それから、発売日にもう一度急上昇。

しかし、話題がないと当然のことながら
リーチは下がっていく……。

ウェブアクセスの数字が大切なサイトを運営されている方々が
過激な話、過激な話へと傾倒していくの、わからなくはないですね……(笑)

2012年6月17日 (日)

augm東京プチに一瞬だけお邪魔してました #augmtokyo

augmは Apple User Group Meetingの略。

締切でニッチもさっちもという状態なのですが
flick!の電子化のお話をさせていただくために
ちょこっとだけお邪魔しました。

Img_1363

いろんなお話、聞きたかったのですが
話すだけ話して撤収……。

「1分だけお時間を下さい」
と言った割に、10分ぐらいは話してしまったような気がします。

人前で話す機会はあまりないのですが
難しいものですね……。

Img_1367

ブースも盛況、お買い物もしたかったな……。

突然の闖入を受け入れて下さって
ありがとうございました。

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー