デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月16日 (月)

iPad3が電子雑誌を加速させる(気付かぬウチに)

「ぜんぜん変わってねーじゃねーかよ!」
と揶揄されがちなiPad3だが
どこぞで分解写真を見たら、中身は全然違った。

Img_1055

つまり、全然違うモノを
苦労して「変わってないよ!」というように
見せかけて売っているワケだ。

ほとんど変わってない商品を
『最新型!』と差別化して売るビジネスと大違い。

変わってないように思われるからこそ
『みんな持っている』と思われ
共通のアプリが平然と動き
ケースや周辺機器がどんどんリリースされる。

iPad3は本当にスゴいが、
コンテンツはそれに追いついていないという問題はある。
ハイレゾなコンテンツがないと、せっかくの高精細な
液晶がその性能を発揮できない。

素材を用意しようにも、
2048×1536以上のの画面を持つパソコンで作業している人が
どれだけいるだろう?
厳密にいうと、写真でもイラストでもそれ以上のパソコンで
素材を用意しないと、その性能を十全に楽しめるコンテンツにはならないワケで。
……iPadの開発者の人はどうしているんだろう……。

脇道にそれたけど、その性能を十分に発揮できるコンテンツがある。
いや、むしろ、そのためにiPadは画素数を向上させたのではないかと
思われるほどだ。

ZINIOの電子書籍をiPad3に表示させると
そのすさまじさがよく分かる。
(ただし、十分に目がいい人に限る)

A4見開きを表示しても、写真のキャプションまで
読むことができるのだ(目がよくて頑張れば)
Img_1057
もちろん、ずっとそれでは疲れるわけだが、
必要があればピンチアウトで拡大すればいい。

とにかく、全画面表示した状態で、
すべての文字が見えるようになったというポイントがでかい。

実際、僕はこれでかなりストレスが減ったし
目の疲れが減ったように思う。
旧iPadの時は、iPadの使用頻度はイマイチ上がらなかったのだが、
iPad3にしてから、急に頻繁に使うようになった。

Img_1060
(サムネル表示でも異様にキレイ……)

急に電子書籍を読む人が増えるとは思えない。

しかし、今からiPadを買う人は
それを当たり前だと思っているかもしれない。

じわじわっ……と増えていくのだ。

2012年4月11日 (水)

さて、何が出るかな?

Appleの新製品が出る時にストアでおなじみの
『We'll be back soon』
も新しくなりましたね。

Photo

ここをこれだけリニューアルしておいて
出てくる新製品が大幅なリニューアルされてないと
いうことはないでしょう(笑)

ハードディスクや、DVDドライブなど
物理的な回転物を搭載しない
薄型のMacBook Pro 15inchが
出るとウワサされていますが
さて、どうでしょうか?

2012年4月 9日 (月)

iPad3用のケースを買った

結局、『新しいiPad』と言い続けても
「正しい」表記ではあるものの、
めんどうだし、分かりにくいし、
このブログでは『iPad3』と呼称しようと思う今日この頃。

iPad3は香港に行く前に手に入れたけど
触るヒマもないまま香港行きになってしまい
もし、向こうでなくしたり壊したりしちゃいかんから置いていこう
と思ったのに、けっきょく『飛行機の中でさわりたい』
とか思って、カバンに入れてしまった。
どうせ、仕事はMacBookAirでするんだが。

というわけで、ケースなしでiPad3を香港に持って行ってしまったので
当然、向こうでケースを探すことになる。

で、買ったのはコレ。
Img_1064

iPad(初代では、いろいろなケースを試したけど
『これでバッチリ!』という気分にはならなかった。正直なところ。
最初にとにかくキズを着けないために買った物を含め
5〜6個持っていると思うが
iPad用ケースは、iPhoneのケースとは違って、高価なので
よく考えて、狙い澄まして買うべきだ。
(お金もないし)

iPad2のケースをいろいろ見てきたけど、
けっきょく、一番良さげに見えたのは
背面保護のハードケースと、風呂のフタが一体になったタイプ。

Img_1067

これが、前後とも保護できる状態でありながら
一番持っている状態で薄い気がする。

後ろ側に折りたたむと、
タイピングポジションにもなるし
Img_1063

逆に立てると、モニターポジションにもなる。
Img_1068

香港で買うのはちょっと賭だったんだけど
ちゃんと、開閉での自動ON/OFFにも対応している。
Img_1065
これでやっとEvernote Peekも楽しめるってものです。

ロジクールのBTキーボードと組み合わせれば
まるでノートパソコンのようにも使えるw
Img_1070
(といいつつ、結局そういう用途にはMacBookAirを持って行くけど)

というわけで、香港で買ったiPad3用ケース、
けっこう気に入っています。

iPad3用ケースを買う時の注意点としては
1.iPad2よりわずかに厚いので、ハードケースはハマらない場合が多い
2.マグネットスイッチの位置が微妙に2と違うらしいので、
 開閉での自動ON/OFFを楽しむには、ちゃんとiPad3に対応したものを選ぶこと。
の2店。

それと僕が、今回チェックしたポイントとしては

1.十分に、薄くて軽いこと
2.風呂のフタ機能は欲しいが、drikinさん状態にはならないこと
3.タイピングポジション、モニターポジションでも使えること

といったところであります。

ちなみに、買ったのは
ODOYOというブランドのもの。
(日本では見たことないなぁと思ってましたが、
 輸入元さんはあるみたいですね。ただし
 まだ、このiPadケースが輸入されたという情報はありません
 ……と数日前に検索して書いていたのですが
 今、見たら、どどーんとサイトができています
 すごいタイミングですが、ステマではありません……念のため(笑))。
(G.O.D.とか、asteriaとか、偶然香港で取材していたところが
 どどんと出ててビックリ(笑)偶然とは恐ろしい)。
(サイト見てたんだけど、全体にここの商品は、僕好きですね……。趣味に合う)

Img_1066

黒やグレーは退屈なんで、オレンジにしようかと思ったんですが
オレンジの発色がイマイチだったので
発色のキレイなパープルに。
いしたにさんとキャラかぶりなのが気になりますがw
まぁ、そこはそれ。

2012年4月 6日 (金)

@kogure さんの書いている『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意』を買った

最近、 いしたにまさき( @masakiishitani )さんも言ってましたが、
Twitterが流行ろうとも、Facebookが便利だとうとも
『ブログがホームになる』っていうのは
よーく分かるんですよね。

いしたにさんや、コグレさんは
超有名ブロガーだからっていうのはあるかもしれませんが
僕ぐらいしかブログ書いてなくてもやっぱりそう。

Twitterや、Facebookが流れていっても
やっぱりホームはブログなんです。

延々と積み重ねていくからこそ
たとえば、『ローンボイド』(1万5000円ぐらいするちょっとマニアックな海水魚の名前です)と検索すると
自分のブログが出てくるっていうことに意味があるわけです。

ブログが単なるその日の日記でなくて
資産であり、実際のパワーだっていうことは
書き続けている人でないとなかなか分からないわけですが……。

そこに何か情報を書き足せば
ローンボイドを飼育している人には伝わりやすいわけです。
ローンボイドフェアリーラスと売ろうと思っている
海水魚ショップさんがいるのであれば
僕のブログに広告を出すことに意味があるだろうし。

まぁ、実際にはそんなことよりも、
ただ、ライフログを重ねていくだけなんですけどね。
アマチュア(?)ブロガーとしては。

Img_1071

ともあれ、この本はめちゃくちゃ勉強になります。

早くも重版がかかったという情報もあります。
ブログを書いている人、関わっている人は、
ぜひ、読んでおくべき本だと思います。
(他所の出版社から出てる本ではありますが)

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー