デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

電子書籍版も続々登場です!

先週発売された最新号『flick!』vol.8なのですが、
電子書籍版も続々とリリースされております。

●マガストア
http://www.magastore.jp/product/5920

●honto
https://hon-to.jp/asp/ShowSeriesDetail.do?seriesId=B-MBJ-20642-6-109176X

●BookLive
http://booklive.jp/product/index/title_id/10000081/vol_no/104

●Fujisan.co.jp
http://www.fujisan.co.jp/magazine/1281692039/b/842768/

●GALAPAGOS
 http://galapagosstore.com/web/magazine/backnumber/2100000201202220

こちらもよろしくお願いいたします

Flick08_2

2012年2月24日 (金)

ノマドというワークスタイルを支援する──NOMAD NEW'S BASE

デジタルが仕事に不可欠になった現代の
さまざまな人のワークスタイルを取材させていただいた【フリック!Vol.08】

当然のことながら『ノマド』という
ワークスタイルを見逃すワケにはいきません。

というわけで、巻頭特集の4番目に
ご登場いただいたのは、麻布十番にできた
NOMAD NEW'S BASEと、そこでお仕事をされていた岡島康憲さん
そして、NOMAD NEW'S BASEを主宰する小笠原治さん。
(前出の通り、本では治虫さんと誤植しております。
 本当に申し訳ありませんm(_ _)m)

Img_0102

その場所の雰囲気があまりに楽しかったので、
2回もブログを書いてしまっているので
その場の雰囲気については、こちらをご覧下さい。
2月3日 NOMAD NEW'S BASEに行って来た  #flickmag
2月4日 10代の時に、これと出会っていたら、どうなっていただろう?  #flickmag #mbed

『会社』という囲いのないここで
仕事をされている人たちは、それぞれが
『遊牧民』として自由に、『騎馬武者』として
猛々しく戦ってらっしゃるんでしょうね! カッコいい!

Img_5035

ちまた(の多分一部)では、『ノマド』がカッコイイっていう話のあとに
『ノマド』批判論も起こっていたりして
不思議な感じです。

実際、本来的な意味での『ノマド』を『会社』という枠の外で
実行しようとしたら、かなりの戦闘力というか
もともとのスキルや、人間関係などの資本が要る
と思います。
ノマドの旗を振ってらっしゃる方は、ある意味スキルの高い方が多いので
ねたみも含めて、そういうことの批判が起こってくるのでしょう。

それと、喫茶店で無遠慮にパソコンを出して
席を占拠して仕事をすることのマナーの悪さの問題は
(私も都合上、やることもありますが(汗))
また別の話でしょう。

(もちろん、NOMAD NEW'S BASEなら心ゆくまで仕事ができますよ!)

だからといって、高い仕事スキルとコミュニケーション能力を
持った人間だけが、真のノマドだ!
……なんて、狭量なことを言っていたら
ノマドという言葉自体がすたれてしまいそうです(笑)

モバイルコンピューティングという我々が信奉する文化が
会社という箱と人間関係から、
飛び出して仕事をする可能性を広げてくれる!
それだけで、いいじゃないですか(笑)

全体から見たら、おそらくいずれもとっても少数派なんですから。

Img_5019_2
NOMAD NEW'S BASEに置かれていた20th Anniversary Macintosh。

そういえば、20年前、これのベースになったPowerBook 2400cを
買ったのが、初めてのノート型Macでした。
懐かしいす。以来、ノート型Macしか買ったことがありません。

あ、そうそう。大事なことを。
取材させていただいた岡島康憲さんの開発されている
iPhoneアプリのウェブサイトはこれっぽいです。
Facebookページはこちら

雰囲気を見ると、今のところ、
まだ、サービスは始まってないのかな?
岡島さんのtweetによると
『Palmu は iPhone の中の Music のLibrary をshare する iPhoneApp』
なのだそうであります。

リリースが楽しみですね♪

Img_0103

 

お詫びと訂正【フリック!Vol.08】

発売中のフリック!Vol.08に
以下の間違いがありました。

お詫びして訂正いたします。

●CONTENTS
の表紙写真クレジットが「COVER PHOTO:K.MITSUI 三井公一(サスラウ)」さんとなっていますが、
ただしくは「J.ARATA アラタジュン」さんです。

●p.27
「NOMAD代表取締役」様のお名前が
「小笠原治虫」様となっておりますが
正しくは「小笠原治」様です。

●p.160
発行日が「2月30日」となっていますが
「2月29日」の間違いです。

関係各位、読者のみなさまには
大変ご迷惑をおかけいたしました。

申し訳ありませんでした。

2012年2月22日 (水)

フリック!Vol.08の目玉のひとつは倉園さん( @zonostyle )の仕事部屋

フリック!Vol.08の目玉のひとつは倉園さんの仕事部屋
だとワタシは思っているのですが、どうでしょう?

Img_0099

仕事術のご著書もある倉園さんが
どういうところでお仕事されているのかって
参考になると思います。

特に、注目はこのワークフロー。

Img_0100

倉園さんが、次のご著書で
テーマにされていることを
先行掲載させていただいています。

大量の世の中の情報と、浮かび上がるアイデアを
どのように、取り込んで整理整頓して
アウトプットに結びつけるか……というところで
大変参考になると思います。

Img_0101

デスクの上も気になりますよね。

写真をじっくり細かく見れば
いろいろな発見があるのではないかと思います。

倉園さん、取材に応じて下さって、ありがとうございました!

【フリック!Vol.08】
Flick08

弊社サイトではこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

電子書籍版は、ガラパゴスやマガストアなど早いのは今週中
ZINIOなど時間のかかるものに関しては来週前半になるのでは
ないかと思われます(はっきりしたら、またお伝えします)。


iPad3に関する予想(私見)

とりわけ、特別な情報源があるわけではないので
以下、単なる推測ですが。
特別な情報源がなくったって、大筋は分かる気がします。

初代のiPadが出た時、その液晶の美しさに感動しました。
そしてその翌月(日本的には)、iPhone4が発売され
Retina Displayを見た途端に
iPadの液晶が急にぼんやりした低解像度な液晶に
見えた
ことを覚えています。

その瞬間から、いつかiPadは高解像度な液晶を
使うようになるだろうと思っていました。

ただ、疑問なのは現在ウワサされているのが
2048×1536ピクセルだということ

ほんとに、そこまで高解像度にする必要があるのかなぁ。
自分が使っている様子をイメージすると分かるのですが
手に持った時の距離が、iPhoneとiPadでは違います。
それを考えるとiPhoneほど高解像度にする必要はないと思うのです。

iPadにあの巨大な27インチのThunderboltディスプレイ(2560×1440)に
匹敵するほどの、ピクセル数が必要なんでしょうか?
必要な画像は重くなるし、処理するのに時間もバッテリーも
必要になるし、そこまで高画素にする必要はないと思うんですよね……。

だって、フルハイビジョンだって1920×1080ですよ。
フルハイビジョンを再生して、なお有り余る性能って……。

ただ、ちょうど4倍のピクセル数というのは
iPhone 3GS→4の時と同様で
アイコンも画面構成要素もすべて2倍にして
従来型のアプリと互換性を保つというのは理にかなっているよなぁ……。

もし、そこまで高解像度になったら、写真系アプリも盛り上がるだろうし
電子書籍は紙に印刷されたようにクッキリハッキリだろうし
地図アプリとかも、かなり実用性が高く
なるだろうなぁ。

反面、処理速度への影響と、バッテリーライフは心配

いずれにせよ、初代は1月発表、4月3日発売(USのみ。USで売れたからと日本は5月28日発売)、
2は2月発表、11日発売(USのみ。日本は震災の影響もあって4月28日発売)
という流れからすると、13カ月サイクルということで
3月初旬の発表は順当に思える。
そして、少ししてから発売と。
今回は日本も3月中に入手できそうな気がするんだけど、どうだろうか?

ともあれ、ピクセル数が上がれば、ワタシは買いますよw

2012年2月21日 (火)

次にうかがったのはマイクロソフトさん!

Twitterのデジタルガレージさんの
次にうかがったのは、マイクロソフトさん!

いや、アップルユーザーのみなさんは
マイクロソフトさんを悪の帝国のようにおっしゃいますが
行ってみると、みんなすごくいい人で
会社の中の雰囲気もいいんですよね。

で、今回の取材のメインテーマである
『フリーアドレス』。

Img_0097

自分の椅子が会社にないって
どんな気分なんですかねぇ?

仕事上効率いいのは分からなくはないですけど
本当に不安じゃないのですかねぇ?

仲良しの人ばっかり集まっちゃったり
仲間はずれの人は座る席はなかったりしないのでしょうか?

そこんところをズバリ
マイクロソフトの人に聞いてきました。

答えに関しては、フリック!の誌面をどうぞ。

Img_0098

で、これがマイクロソフトの人が使っている
Lyncというアプリ。

社内の人といつでもメッセージがやりとりできて
なんとなく状態が分かって、世界中の社員と
コミュニケーションができるという凄まじいシステム。

どんなにすごいか……
このアプリについても
フリック!の誌面で解説しているので、
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

いやー、スタンドアローンで動作しているウィンドウズで
マイクロソフトという会社を判断してはいけません。

増してや、僕のデスクの上の会社支給のパソコンなんて
ウィンドウズX……(ピー)ですなんて、取材中はとても言えませんでした。
マイクロソフトさん、ごめんなさい。


というわけで、そんな記事の載っている
フリック!Vol.08、絶賛発売中であります。


【フリック!Vol.08】
Flick08

弊社サイトではこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

電子書籍版は、ガラパゴスやマガストアなど早いのは今週中
ZINIOなど時間のかかるものに関しては来週前半になるのでは
ないかと思われます(はっきりしたら、またお伝えします)。

2012年2月20日 (月)

フリック!08 巻頭のメガネ女子に注目!

というわけで本日、発売になりました
フリック!Vol.08、お買い求めいただけましたでしょうか?

そろそろ、ポロポロと取材こぼればなしでもしていこうかと思います。

まず、巻頭のトビラ。
Img_0092

これはもう、単純に私の理想の仕事環境です(笑)

iMacとMacBookAirを
Thunderboltケーブルで繋ぎたい。
ただ、それだけであります。

LaCieのハードディスクは、本当はThunderboltモデルを使いたかったのですが
どうも、人気なのか輸入元さんにも撮影用の機材が
なかったようで……ファイヤワイヤのモデルになっていますが
心の中で、これはThunderboltのHDDに置き換えてご覧下さい。

デスクは、青山のhhstyleさんでお借りした
Joyn Single Desk、チェアーはアーロンチェアのフル装備。
いや、こういう環境だったら、
お仕事、はかどるだろうなぁ……ということで(^_^)

そこから、クラウド環境を使っての
お仕事フローの話。

実際、ライターさんなどにお話をうかがうと
こういう環境になっていらっしゃる方が多いようなのですが
一般的には、会社の事情とか、機材の事情とかで
なかなかここまでクラウドな環境を満喫できる方は
少ないのかもしれません。

Img_0093

そのあたり、ご意見うかがいたいところではあります。


そして、8人のウチの一番手は
デジタルガレージの小林千尋さん。

いったい、最先端のIT企業にお勤めの方は
どういう環境でお仕事をされているのかということで
取材にうかがいました。

Img_0095_2

DGさんもフリーアドレスということで
取材させていただいた場所の他にも、いろいろワークスペースがあって
好きな環境でお仕事ができるそうです。

女性ということで、スキップしながら
(今、松葉杖なのでスキップできませんが、気持ち的には)
取材にうかがったのですが、お仕事環境はすっごいツワモノで
僕がみたこともないウェブサービスをいろいろ使いこなしてらっしゃいました。
Kicksendとか、Orchestraとか、僕も試してみようと思っています
(が、まだ試してないや、やらなきゃ)

Img_0096

会社だけで3台、家にあと7台のPCがあって
休日は、「思う存分PCさわってます」って
どんだけギークなんですか。

ちなみに、僕がメガネ女子と書いたせいで
会社でメガージョという、ニックネームが付いたとかつかないとか。

というのはさておき、
英語も堪能で、朝に夕に海外のスタートアップの方々と
メールをやりとりしたら、Skypeなどでコミュニケーションを
取ったりするのがお仕事だそうです。

うーん、こういう仕事のできる人には
憧れちゃいますよね……。

というわけで、フリック!を読んで
せめて、仕事環境とアプリだけでも参考にしていただければとw


【フリック!Vol.08】
Flick08

弊社サイトではこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

電子書籍版は、ガラパゴスやマガストアなど早いのは今週中
ZINIOなど時間のかかるものに関しては来週前半になるのでは
ないかと思われます(はっきりしたら、またお伝えします)。


フリック!Vol.08、売ってた!

本屋さんに行ってみて来ました。

Img_5182

売ってました!


やっぱり、出来上がった本が本屋さんに並んでいるのは
感慨ひとしおなものがあります。
もう、編集者として300冊以上手がけているハズなのに……。
みなさんに喜んでいただけると幸いです。


みなさん、ぜひ、お手にとっていただいて
面白そうだと思われれば、お買い求めいただけると幸いに存じます。

2012年2月19日 (日)

フリック!Vol.08明日(月)発売です!

フリック!Vol.08の発売日がいよいよ明日に迫ってきました。

巻頭特集は
『あなたのツール見せて下さい!!
 8日の仕事アプリ構築術』

フリック!流の
デジタルで自由なお仕事ツールを大公開。
クラウドアプリを駆使しての仕事環境の構築方法を解説。

それから、いろんなエキスパートの
お仕事ツール&アプリを取材。

取材にうかがった、8人は以下の通り

・シリコンバレーに日本一近い会社デジタルガレージのメガネ女子
・マイクロソフトでフリーアドレスの実態を取材
・仕事術の著書を持つ人の、ご自宅のデジタル仕事術
・オフィスを持たないノマドたちのオフィス
・iPadで楽曲を作る音楽プロデューサー
・iPadを華麗に使いこなす美容師
・カーテン販売にiPadを使いこなすインテリアコーディネーター
・iPadでクルマを販売するカーディーラー

これらの方々のお仕事スタイルを大公開!

お楽しみに!

Img_0085

Img_0086

Img_0088

Img_0089

Img_0090

Img_0091


2012年2月18日 (土)

フリック!Vol.08の特集は……

僕は、コンピューティングは
すべての人の生活を変えると、ずっと思っていました。

高校生の時に、PC-1261を買った時からポケットにコンピュータはあったし
大枚はたいてX1 turbo を買った時も、いつかそういうものが
僕らの生活を変えると思っていました。

四半世紀が経って、PC-1261はiPhone 4Sに進化して
机の上のコンピュータは、MacBookAirになったけど
それらが、脳内に直接情報を伝えるようになって
電脳空間でお互いに離せるようになるまで
進化はとまらないと思う。

というわけで、そんなイメージを共有できるみなさんのために
今回のフリック!の特集は、
『あなたのツール見せて下さい!
 8人の仕事アプリ構築術』

Micro

シリコンバレーの起業の風を日本に吹かせるデジタルガレージで働く才媛が
どんなアプリを使っているか?
マイクロソフト社内には固定の席も、固定電話もないってホント?
西麻布にあるノマドワーカーのパラダイス『NOMAD NEW'S BASE』って
どんなところ?
『iPhoneとiPad仕事術』という本を書いてらっしゃる方の
仕事術とは……

という感じで、8人の方々の仕事術、仕事アプリ、
ワークフローをご紹介します。

ぜひ、お楽しみに!

2月20日(月)発売です!

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー