デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

クルマ好きは、EVを愛せるか?

「リーフがすごい面白いよ」
という三井カメラマンの言葉に誘われて
日産のリーフに乗って、お出かけしてきました。

Img_4204

いや、本当にすごい。
これが、電池だけで動いていて
いろんなところに充電のインフラができているなんて。

未来はここにあるよ。ほんとに。

Img_4192

まぁ、これもひとつのガジェットというか
iPhoneの周辺機器?(笑)という強引な論法で
フリック!の次号にレポートを掲載しますのでお楽しみに。

Img_4185

スタンドなどで充電中、iPhoneやアンドロイドで充電の様子を見られるし
離れたところから、エアコンをオンにしたり
さまざまなデータを見たりもできるのです。

しかも、ナビには現在の充電状況で到達可能な距離と
到達できる充電設備が表示されたりします。
デジタル好きだったら、面白いと思うと思いますよ!

なんというか、フリック!の読者さんって
クルマ好きの層とカブっている気がするのね。

iPhoneとか使いこなして
物欲にまみれて生きている人って
クルマも好きそうじゃないですか(笑)

というわけで、比較対照兼カメラ車として
日産フェアレディZも借りて一緒に走らせてみました。

Img_0020

さて、内燃機関好きのオジサンたちは
電気自動車の夢を見ることができるのでしょうか?

2011年11月26日 (土)

四角さんの対談イベントに来ています #amyd

フリック!Vol.05に登場いただいた、四角大輔さんの対談イベントにお邪魔しています。

テーマは、「自由でクリエイティブな人生の作り方」です。

Img_4217

あんまりこういうイベントに来たことはないんですが
すっごいいっぱい人がいらっしゃってますねぇ。
すごいなぁ。

一緒に話してらっしゃるのは
安藤美冬さんという元集英社で、
今はSNSを使ったりして、セルフブランディングなどを提案するのが
得意なコミュニケーションデザイナー/コンテンツディレクターの方
……だそうです。

Img_4247

フリック!でもご紹介しましたが
四角さんのユニークなライフスタイルから
どうやって、好きなことにをしながら
自分の思う通りに生きるか……ということをお話されています。

Img_4243

今、サラリーマン時代に
いかに自分をゆがませずに
仕事をするかというお話をされています。

いやー、サラリーマンとして
コツコツ地味に仕事をしている私としては
勉強になる話ばかりであります(^_^)

2011年11月24日 (木)

今から取材に出かけます

今から、取材に出かけます!

iPhoneのでっかい周辺機器?
日産のリーフに乗って。

Img_0021

どこまで行けるのか
どのぐらい走るのか?

@flick_mag でtweetしますので
良かったら、見てやってく出さい。

明日の夕方に帰ってきます。


次号iPhonegraperのモデルさんは! この人っ!

ご本人のブログでご紹介いただいています!

ご存じの方はご存じだとは思いますが
水谷望愛さんです!

Noa

三井公一カメラマンが
iPhoneで水谷さんをどう撮ったのか……お楽しみに!

2011年11月18日 (金)

本日、三井カメラマンの iPhonegrapher ロケでした

本日、三井カメラマンの iPhonegrapher ロケでした。

といっても、モデルさんの写真を出すわけにはいかないので
撮影途中の三井さんの写真を……w

Img_4040

このステージで
モデルさんが登場して
三井カメラマンが撮ると
どんな絵になるのか……お楽しみに。

Img_4046

今回、私(タクタ)は小道具の運搬役として初めて同行したのですが
(山本編集部員の担当ページです)
いや、……モデルさん、超かわいかったです!

まるで、妖精のようにちっちゃくて、細くて、かわいくて。

誰がご登場なのか、言いたくてたまらないのですが……。

まぁ、本の発売まで1カ月あるので
もうちょっとナイショにしておきましょうか?
フリック!読者の方にもファンの方は
いらっしゃるのではないでしょうか……?

私? 私は、今日からファンになりました(^_^)

2011年11月17日 (木)

表紙にカクレキャラを探せ

明日はiPhonegrapherのロケです。
いつもは山本編集部員担当なのですが
ちょっと小道具の都合で、私も人足として借り出されます。

とかいいながら、モデルさんに会えるのは
ちょっと楽しみかもしれない(笑)
いつもは、三井カメラマンと山本編集部員に
任せきりなもので……。

ところで、そういえば、前号のフリック!の表紙に
カクレキャラを仕込んでいたのを忘れていました。

・PowerBook 2400c
・PFUのScan Snap S1300
・フリック!のVol.01
・iPad初代
・Simplism iPad用フリップレザーケースキャメル

が、写っています。
さて、どこでしょう?

たぶん本誌自体を見るより
この画像の方が明るく出てるかも?

Photo


Amazonでのお買い求めはこちら

2011年11月16日 (水)

今日はEvernoteさんに、遊びに行ってました

今日はEvernoteさんに遊びに行ってました。

東京某所の事務所はすっきりしていて
とても居心地がいい感じ。

Img_0027

ご対応いただいたのは
フリック!のVol.01にもご登場いただいた上野美香さん。
そう、今はEvernoteにいらっしゃるんです。

当時の記事で
『ライムラインにいつも『きれいな』tweetをする人がいる』
とご紹介させていただいているが
お会いしても、『他人に不快感を与えない』
そして、ご本人も『気持ちよく過ごす』ことに
すごく配慮されている感じの方で、
なんというか、素敵な女性です。

取材とか、そういうのではなくお邪魔していたのですが
話していたのは、『もっといろんな人に
快適に楽しくEvernoteを使ってもらうにはどうしたらいいかな』
という話。

Img_0025

私の身の回りやフリック!の読者さんだと
Evernoteの使用率って、非常に高いと思うんですが
世の中伝搬という意味では、まだまだ高くない。

docomoのスマートフォンには最初から
Evernoteのプレミアアカウントが付いているけど
それを、使って、パソコンと自由に同期できると
いうことを体感している人は
どのぐらいいるんだろう?

auでもSBでも、スマートフォンなら
すぐに無料プランで活用できる。

たとえば、学生さんならノートから資料から
全部Evernoteに入れて検索可能にするとか
お父さんお母さんなら、
子供の幼稚園や学校からのプリントを
全部エバーノートに入れちゃうとか。

それぞれの立ち位置で、
Evernoteのもっと
フツーな使い方ってあるハズだなぁという話をしてました。

Img_00301

Tシャツをいただきました。
プレゼントします。
@flick_magをフォローして

#Evernoteこんな使い方

とハッシュタグを付けてtweetして下さい。

@flick_mag のこのtweetをRTして
Evernoteこんな使い方しているよ、
こうすると便利だよ……というご提案を下さい。

アタッターの仕組みを使って
抽選して、当選者の方にはDMでお知らせして送付先をうかがいます。
(なので、抽選発表時まではフォローしておいて下さい)

締切は来週月曜日の夜24:00としておきます。

当選発表とか、発送は、仕事の都合によっては
その瞬間すぐにできるとか限らないので
気長にお待ちいただけると幸いです。
当選者は発表はしませんが、一応、抽選したことや
発送したことはこちらでお知らせするようにします。


フリック!Vol.06発売中!

Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら

ライディングパーティの時の写真

フリック!の発売があったりして
すっかり放置状態になっていましたが
岡山国際サーキットでのライディングパーティの写真を
撮影を担当してくれた大阪のフォトスペースRSさんが
送って下さいました。

いつもありがとうございます!

しかし、路面は一日を通してハーフウェット。
時折小雨がパラパラというハイパーバイクに乗るには
緊張を強いられるコンディション。

Img_3581

というわけで、まずは一番、猛烈だった
MVアグスタのF4RRから。

_d3a5300

しとしと雨の降る中での201馬力は
ロートルにはただただ猛烈すぎて……(笑)
しかも300万円近いお値段がズシリとのしかかります。

バックストレートで230km/hをやすやすと超えていくパワー
特に、後半になって200km/hを超えてからも
猛烈に加速していく状態は、多分クルマの人は体感したことがないと思う猛烈さ。
そこから、細いタイヤ1本でブレーキングしないとイケナイんですから……濡れた路面で(泣)

さて、逆に濡れた路面でさえも
非常に乗りやすく攻める気にさせてくれるのが
BMWのS1000RR。

_d3a5402

昔のBMWからは想像もできないような
超コンパクトな直4のレーサーレプリカ。
それでもスタビリティの高いハンドリングは
BMWらしいといえばらしい。

サスやエンジン特性は
電子制御デバイス満載で
おそらくはウェット路面に合わせたモノになっていたと
思いますが、チョイノリだったので
どういう設定になっていたのかよく把握してません。
(宮城さんには、ちゃんと把握して乗るべきと言われました
 ごもっとも。とほほ。)


かなりスパルタンで乗りにくかろうと思っていた
ドゥカティの1198SPは意外や乗りやすかった。

_d3a5021

パワーは猛烈だし、車体は高くて薄いし
独特な乗り方を要求されるけど
それでもやっぱり軽いのはいい。

DDA, DTC, DQSという電子デバイス満載仕様
……って、何か意味分かりませんが
ドゥカティ・データ・アナライザー、ドゥカティ・トラクション・コントロール
ドゥカティ・クイック・シフターの略だそうです。
バイクの世界も大変なことになってますねぇ。

ちなみに、この1198SPのカタログデータは
170馬力168kgと、もはやドゥカティは趣味性だよね
……とか言えない凄まじいスペックです。
(試乗したのは国内仕様155psかもしれません)


さて、一番心休まるバイクが
ヤマハのR1。

_d3a5544

なんだかんだいっても
こういう厳しいコンディションの場合は
国内仕様のバイクは安心ですよね。

これも国内仕様なので145psしかないし(汗)
本日乗った中では、一番乗りやすいバイクでした。


それから、アプリリアのRSV4。
_d3a5654

実は宮城さんが大のお気に入りで、
僕が乗るチャンスはあまりなかったのですが……
僕が知っている昔のアプリリアとは大きく違う。

すごくコンパクトな車体にパワフルなエンジン
扱い易いハンドリングと宮城さんが
お気に入りなのが分かる……気もするのですが
乗っている時間が、雨足が強いタイミングだったので
その入り口ぐらいまでしか分かってませんが。


ライディングパーティをはじめとして
ディープに趣味を楽しんでいる人との時間はやっぱり楽しいね。

Img_3586

ここに乗ってるバイクの(現役のライダースクラブのスタッフのみなさんの)詳細な
レポートは、現在発売中のライダースクラブに掲載されています。

10251713_4ea66fb7e4d55


お買い求めはこちら

2011年11月14日 (月)

『裏閻魔2』明日発売です! #uraenma2

以前ご紹介しました弊社初の文芸書『裏閻魔』の続編が
明日発売されます。

(私の裏閻魔についてのブログはこちらこちら

2になって、だいぶこなれていて、
面白い上に完成度が上がっていると思います。

Img_0039

とまぁ、私がエラそうに書評するのもアレだし
出版社側の人間がどういういうのもアレなのですが
いちSFファンタジーファンの戯れ言として
読んでいただければ……という前提で少々。

1冊目は幕末から始まる時代モノファンタジー。

不老不死を彫る『鬼込め』という入れ墨によって
不死者となった刺青師宝生閻魔の100年を超える物語。

以前も書きましたが、ボリュームはありますが
ライトノベル的タッチで読みやすい。
キャラクターもそれぞれ魅力的なので
引き込まれるように一気に読めます。

2もそのへんは基本的に同じ。
ただ、前作では作者さんの処女作というところで
ちょっとこなれていない部分とかがあったんですが
今作では、それもこなれて、さらに面白く一気に読めます。

ご興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。
明日(11月15日)発売です。

詳しくはこちら

Amazonでのご購入はこちら

2011年11月13日 (日)

テント買いました

全然デジタルものと関係ない、プライベートな話です。

テント買いました。
スノーピークの、アメニティドームっていうやつ。
スノーピークのファミリー向けのテントでは
一番リーズナブルなヤツです。
マットとシートが付いたセットで3万9800円。

Img_0026

広げると、こんな感じ。
Img_0116

実は、最近時々子供たちを連れてキャンプに来てたんですが
もともと、私にとってのキャンプは貧乏旅行というか
リーズナブルな旅行の手段だったので
あんまり、ガッチリ道具を揃えるのって
違う気がしていて……。

親父に連れられてキャンプしていたころも
いかに、アリものの道具を上手く使って
野宿するかという感じだったし。

で、昔バイクで使ってた2人用のテントで子供達を寝かして
我々親はクルマの後ろのシートを倒して寝てたんですが
意外と、キャンプを気に入ったらしくて
ひんぱんに、キャンプに行くのでテントを買うことにしました。
(ちなみに、この秋、3回目、合計6日(笑))

んで、取材の予定が
結局、お流れになったので、キャンプに行ってきました。

Img_0110

電波の届かない場所なので
さすがの私も、iPhoneを手にせず、
そういうことからアタマを離して、
たき火をしたり、本を読んだり
星を見たりしました。

やっぱり、リセットされるというか
リフレッシュされる感覚があっていいですよね。
毎日、iPhoneやネットに接続することに追われがちですが
そんなたくさんの情報の中から
本当にフォーカスしなきゃいけない部分を
見直すきっかけになるというか。

Img_0043

なんてことを帰ったらまずブログに書いているですから
まぁ、世話はないわけですが(笑)


メシも炭火で焼き鳥やいてみたり、

Photo_3

肉のかたまりやキノコをホイル焼きにしてみたり。

Img_0083

さてと、明日からまたお仕事がんばりましょうかね(笑)

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー