デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 今回のフリック!では、Facebook Pageが分かります | メイン | Windows Phoneが、気になる人にも。 #flickmag »

2011年10月24日 (月)

今さらながらのワイヤレスマウス体験

先に編集長・村上が挙げたブログでご紹介した
ロジクールさんの新型マウス『ロジクールワイヤレスマウスM525』

私は、編集部・安井。
これまで僕は有線マウスを使ってきました。
というのも、繋がっているのが目に見えてわかるほうが安心という理由。接続するだけで、そのまま使えるほうが楽だしねと。(突然、使えなくなってオロオロするのを極力避けたいのです)
正直、手に合ったマウスなら、そんなに大差はないだろうと思っていました。

そんな僕の初ワイヤレス体験。
接続はロジクールさんが採用するロジクールUnifyingレシーバーで一発。
レシーバーはUSBに挿し込むだけなので、作業的にはこれまで使ってきた有線マウスと同じ。

当然ですが、操作はスムーズでコードが絡まったり、伸びたコードが缶にぶつかって飲み物がこぼれる心配もなし。うぉ〜、楽チン!

……って、この経験って、みなさんが何年も前から味わっているものですよね。

いまさらながら、感激してしまう僕って……。

このマウスのポイントは、

・正確なスクロールホイール
・快適に手にフィットするデザイン
・長い電池寿命

とのこと。

使い始めたばかりなので、3年もの長寿命は体験できませんが、
違和感のなさを実現する「正確なスクロールホイール」「快適に手にフィットするデザイン」は、仕事の道具にとってとても大事なことではないかと思います。
いや〜いい感じです。

編集部・安井

Img_0315_5    

ロジクールさんのオンラインストアで3980円。ロジクールUnifyingレシーバーは接続設定不要。電池も付属し、すぐに使えるのは何より。

Img_0317_3

 

スイッチ類は下面に。オンオフも切り替え可能。



Img_0318

下面のスイッチでマウス上部のオシリ側がパカっとリリースされる。乾電池はV字に2つ搭載する。手前の穴はUnifyingレシーバーを収納するためのもの。カバンに入れて持ち運ぶ時でも忘れない。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー