デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

沼にハマってますか?

コトの起こりはレンズ沼という言葉だった。

Img_0030

そもそも、フリック!の周りにはレンズ沼にハマっている人が多い。

レンズの良さって微妙なのだ。

たとえば、1万円のデジカメでだって写真は撮れる。
そればかりか、携帯電話だって十分ハイクオリティな写真は撮れる。

普通、一眼レフを買うと
まず、28-85mmというような
標準ズームレンズをまず買うだろう。
せっかくの一眼レフだからと、100-200mmと
いうあたり望遠のズームをのレンズを買う人もいるかもしれない。

それなりに便利だ。
いろんな『必要な写真』を撮るには
適切な選択だ。

しかし、時に深い情念は適切な選択でないところからわき上がる。

典型的なのが、
単焦点の明るいレンズ。

たとえば50mmのf1.4。

先のズームレンズで十分にカバーできる画角だ。

しかし、単焦点はその画角専用に作られるだけだから
あいまいなところがない。
何かシロウトにとってもシャープな絵であることが感じられる。
そして明るい。明るいレンズであれば選択の余地は広がる。
どんどん開けていくこともできる。
ピントが来ているところ以外がホワーッとボケた写真を撮ることができる。
いわゆるボケ味ってヤツ。
このボケの具合が、レンズのできによって全然違う。

……なんてことを考えはじめると、
もはやレンズ沼に片足つっこんでいる。

冷静になれ、写っているものは同じモノだ。

と、思っても、写っている対象だけがクッキリ
そしてその前後が見事にボケた写真を見ていると
冷静さが失われていく。

そもそも、ズームレンズなんて邪道だ。
単焦点のストイシズム。
大きく寄って撮りたければ歩いて近づけばいいし
広く周囲を入れたければ、歩いて離れればいい。
……なんて思い始めたら、もう腰まで使っている。

望遠、超ワイド、魚眼、マクロ……
それぞれのレンズの善し悪しが分かるようになれば
曖昧模糊とした標準ズームだけでは
撮れない写真があることに気がつく。

……いや、その良さは
それを見る大半の人にはわかりゃしないのだ。
写っている人が同じなのに
『この背景のボケ味がね』
なんていっても分かってもらえるわけはない……。

そんな深淵なるレンズ沼に入るための
まず、初級編のレンズをご紹介。

Img_0031

そして、レンズ沼の先達。

ライカの深くて広い沼にハマった中根さん。
Img_0032

キヤノンの望遠レンズを使いこなして
モータースポーツを追う森山さん。
Img_0033

実は、森山さんは20年ほど前、私がバイク雑誌にいた頃からの付き合いだ。

まだ、バイク磨きの小僧だったワタシは
森山さんに写真の厳しさを教わった。
1カットにかけるシビアな思い。
当時、ポジで撮影したバイクの走りの写真。
カリっとピンの来た森山さんの写真は
私にとって何よりも価値があった。

時速100km以上で走っているバイクに載るライダーの
ヘルメットのアライのロゴにピンを来させて
もう前後数㎝ズレると、ボケがある
というそんな超シビアな写真を注文したことだってあった。

『レンズを持ってないからその写真は撮れない、っていうのは
 プロとして言っちゃイケナイんだよ。
 だったら、レンズ買えっていう話だよ』
と、森山さんは言っていた。
だから、必要なレンズはいつも常に持っていた。

だからメルセデスのEクラスワゴンの荷室には
いつも完璧にメンテナンスされたレンズが
ぎっちりと載っていた。

命がけのレースの中で生まれる
絶対に撮り逃せない瞬間のために
いつも森山さんは妥協のない
準備をみせてくれていたのだ。

沼は何もレンズの周りだけにあるのではない。

ヘッドフォンもこだわりはじめるとキリがない世界だ。
Img_0034


iPhone純正のヘッドフォンも悪くはない。

しかし、一度でいいから1万円超。
できれば2万円超のヘッドフォンを使ってみてほしい。

間違いなくこれまで聞いていたのと
まったく違う音の世界があることに気がつくハズだ。

そんなヘッドフォンの世界を案内してくれるのは
e☆イヤホン店長の西良太さん。

Img_0035

その他、スピーカーや、キーボード
マウスなど……どうもデジタルとアナログのすき間
そこに深い沼がありそうだ。

今回のフリック!では
そのへんをちょいと追求してみている。

Img_0036


2011年10月28日 (金)

ネタフルにご紹介いただきました。フリック!コグレさん記事に隠された秘密 #flickmag

フリック!Vol.06、ネタフルさんにご紹介いただきました。

Photo

フリック!Vol.06で、コグレさん( @kogure )には、
何ゆえMacBookAir、とりわけ13inchがいいのか
というお話を書いていただいています。

なのですが、
実は、この記事には隠れた注目ポイントが
あるんです。

コグレさんは『顔出しNG』人なので
必然、お写真はナナメ後ろからになるのですが……。

そのパソコンの画面には、
ネタフルと……「ネタフルロゴデザイン」という画像?

Photo_2

どんなロゴなのかは
誌面でご覧になってみて下さい。

けっこう、今のロゴは長いんですが……
変わるんでしょうか?

2011年10月27日 (木)

好評の『鞄の中身』に女性登場!  #flickmag

好評につき、連載になりそうな予感の
『ノマドな鞄とその中身を見せて下さい!』
に女性登場!

twitterでも、『女性がガジェットをどう持っているかを知りたい』
というご意見をいただいていたので、早速です。

ご登場いただいたのは
アクセス解析ツールを提供するユーザーローカルの閑歳孝子さん( @kansai_takako )。
プライベートで、通勤の合間に家計簿アプリ『Zaim』を作ったという
超ツワモノのギーク女子です。
Img_0038

鞄の中はすっきりしていて
その見極めの良さは見習いたい感じ!


それから、一部では『デジクマさん』
として知られる、デジカメ&デジタルツールマニアにして
ツイッターの日本での運営を担当するデジタルガレージのエライ人
南一哉さん( @digitalbear
Img_0039
紙幅の都合上解説しきれていませんが
細かいアイテムのひとつひとつの機能が追求され尽くしていて
ルーペで見ても楽しめるほど。
これだけの機能のものを詰め込んでいて
4kgを切る重量のアイテムとはさすが。

もうお一方は本誌でライターとして参画していただいている
荻窪圭さん( @ogikubokei )さん。
Mac&デジカメライターとして
そして自転車乗りとして工夫されたアイテムの数々は必見。
Img_0040

バッグの中のカメラの収まりと
自転車のハンドル周りのガジェットぷりがすごいです。

フリック!で、ぜひご覧下さいませ。


Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら

2011年10月26日 (水)

11inchと13inchの、ASUS ZENBOOKの発表会に行ってきた  #flickmag

ASUS(アスース)さんの新製品、
『ASUS ZENBOOK』の発表会にお邪魔してきました。

ASUSさんといえば、
マザーボードやグラフィックカードで知られ
Eee PCでネットブックというカテゴリーを作り
今や、世界で5番目の売上げを誇るパソコンメーカーなのだそうだ。

なんでも、超薄型のノートらしい……
ということで、会場にもとんがった雰囲気のビジュアルが展示されていました。

Img_0012

発表されたZENBOOKは11.6インチのUX21Eと、
13.3インチの液晶を備えるUX31Eの2機種。
インテルCore-i7の超低電圧版搭載で、
HDDは同載しておらず、64〜256GBのSSDを搭載して
最薄部3mm、最厚部でも17mmという
重さは、11インチが約1.1kg、13インチが約1.3kg
……という、つまりは、MacBookAirとほぼ同じスペックを
備えるガチンコのライバル機。

Img_0043
(左から、日本のインテルの副社長宗像義恵氏、
 ASUS会長のjonney Shih氏、
 ASUSジャパン・システムビジネスグループ・ビジネスデベロップメントマネージャーのEmilie Lu氏)

薄くてハイパフォーマンス、インテルさん言うところの
ウルトラブックというカテゴリーに入る模様。

Img_0046

値段も12万9800〜8万4800円とMacBookAirとほぼ同じとはいえ
CPUは全モデルがCore i7、1.8GHzで、ターボブースト時は2.9GHzになる2677M。
液晶は13インチが1600×900、11インチが1366×768。
電池駆動時間も、『X社売筋製品』の5時間以下に対して
7時間以上という触れ込みで
すべてにおいて1枚上手をアピールする。
性能は、ZENBOOKの方がMacBookAirより優れているようだ。

Img_0054

表面処理は全面的に磨きのかかったピカピカのカラー。
仕上げは上質だといっていいと思う。
カタチはとってもMacBook Airに似ている……。

Img_0057

コネクター類は独自路線が多いアップル製品とは
ちょっと違う。詳しくは、同社サイトをどうぞ。

ただ、Airとカタチは似てはいるが、
基本的にWindowsマシンだし、細かい加工も美しく
これはこれで素敵なマシンなのかなと思う。
製品の仕上げのレベルも高いし、決して劣化コピーではない。
キーの打鍵感もしっかりしているし、台湾メーカーさんのパワーを感じた。

Img_0047

10本のバラより、15本のバラの方が
そりゃあ、いいに決まっているじゃないですか(^_^)

Twitter名刺や趣味名刺作りませんか? #flickmag

フリック!Vol.06で、
『肩書きだけが人生じゃない!
 ツイッター名刺、趣味名刺を作ろう』
という企画をやっております。

最近、お会いした方に
ツイッターアカウントを伝えたいことがあります。
特に友達として知り合った人なら
肩書きの入った会社の名刺なんて
興ざめなこともあります。

せっかく会社の上下関係を離れての
趣味の集まりなんかでも同様。

Img_0015

ぶっちゃけね。

PTAの集まりとかで
名刺交換しているのがなんだか奇妙だったんですよね。

ほう、○○ちゃんのパパは○○銀行にお勤めで……
とか、なんだかバカバカしくないですか?

ならば、その場に応じた名刺があればいいだと
そういう風に思うわけです。
いろいろ作ってみましたが
けっこう楽しかったですよ!

ちなみに、サンプルとして作った名刺は
すべて、私の趣味で、ブログやツイッターアカウントなども実在です。
(グループ名っぽいものは架空ですが)
これだけいろいろ手を出してたら
そりゃ、時間足りなくなりますよね……。

今回借用したプリンターはエプソンさんのもの。
こんなプリンターが3万円せずに買えるのですから
すごい世の中です。


Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら

2011年10月25日 (火)

編集部は4階に引っ越しました

flick!編集部は4階に引っ越しました。
関係各位、3階の跡地に行って
『ありゃ、編集部がない!』
などと言わないようにご注意。

といいつつ、明日の朝エレベータの『3の字』を
押してしまう可能性が非常に高い気がする。
条件反射だからなぁ、そういうの。

今度の席は窓際で、明るくて気持ちいいですよ。
誰ですか、『早くも窓際族か』とか言っているのは。

『ノマドな我々は気軽に引っ越せるゼ』
などと言っていたのですが、
たくさんの電源をかかえての引っ越しはあんがい大変でした(笑)

Img_0052

とりあえず、4+2画面のデスク設定完了。
机の上が狭い……。

老眼なのかなぁ。
23inchディスプレイをもっと奧に置きたいんですよ(笑)

先日の飲み会のでの一幕。
Img_0011

私と山本の携帯、どれか分かりますか?w

リアルタイムWebの時代だから、Slingbiox PRO-HD を #flickmag #slingbox

そもそももうテレビは
録画して、好きな時に見るというのが
モダンなデジタルピープルのスタイルだと、
そう思っていたのですよ、数年前までは。

ところが、Twitterなどが普及したリアルタイムWebの世界では
録画なんてしていたって、瞬時にソーシャルにネタバレしてしまう。

……って、ことは、ふたたびテレビは
リアルタイムで見なきゃいけないわけですよ。

そこでお役立ちなのが、Slingbiox PRO-HDってわけです。

Img_3244

なにしろ、iPhoneやグロスマユーザーの多い(であろう)フリック!読者さんとしては
ワンセグで見るってわけにもいきませんしね。

しかも、HDDレコーダーに接続されているものなら
BSやCSなどはもちろん、録画しておいた映像も見られますし
必要なら、レコーダーを操作して録画予約までできるわけです。

これで、3万4980円とあれば、買わない理由はないわけです。
(あ、直営Storeで2万9800円のセール中……)

詳しくは、【フリック!Vol.06】をご覧下さい。

Img_0016

Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら


JINS PCの記事、載ってます! #flickmag #JINSPC

さて、この時に取材させていただいた
メガネブランドのJINS(ジンズ)さんのPC作業向けのメガネ
JINS PC(ジンズ・ピーシー)』の記事も載っております。

Img_0023

PC作業用メガネという観点もユニークですが
メガネをかけたことのない私にとっては
16色もあるカラーバリエーションっていうのも
楽しいなと思うわけです。

ホント言うと、16人の女の子のモデルさんに
それぞれ掛けていただくなんていう企画も思いついたのですが
flick!の現状の予算ではとても無理……。

ということで、とりあえず
16色送っていただいて写真を撮ったのですが
ついでに、自分が買うならどれがいいかなと
いろいろかけて試してみたかったというのも
裏の理由としてありました……。

……というわけで、オーソドックスなブラック。
_mg_9252


@masakiishitani さん気分で、パープル。
_mg_9253

ちょっとお茶目にイエロー。
_mg_9254

実はホワイトが不透明で面白い……。
_mg_9255

……なんて、アホなことに
会社のカメラマンを使っていたら、
しまいに怒られそうな気もします。

さて、どれを買おうかなぁ……。


JINS PCの記事が載っている【フリック!Vol.06】はこちら↓

Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら

『Miil』美味しそうなアプリ、始まりました

『豚組』の中村仁さん(フリック!Vol.01にご登場いただきました)が
率いる会社、『Frog Apps』から
最初のiPhoneアプリ、『miil』がリリースされました。

さっそく、ダウンロードして
使ってみたんですが……
相変わらず、ウマいなぁ……。

Img_3620_2

ユーザーがSNSに何を求めていて
どうすれば楽しくているかよく分かってらっしゃるし
それを洗練されたデザインにくるむ方法も
よく分かってらっしゃる……。

Img_3621_3


洗練されたデザインって、尖っているっていう意味ではないんですよ。
ポンと目に飛び込んでくるmiilのアイコンや
そもそも『Meal』とかけた、miilというネーミングや
使いやすいインターフェイスや……。

まぁ、ともあれ、使ってみて下さい。

Instagramの料理の写真の部分は
確実に、miilが取って代わると思いますし
外食の楽しさをサポートしてくれるとも思います。

Img_3652_3


こうやって、写真とお店をアップロードして
『イイね!』ならぬ『食べたい!』を付けたり
コメントをやりとりしたりできるわけです。
もちろん、Twitterとも連携しています。


まぁ、私の場合、ロケタッチや4sqの場合と同様
マクドナルドや牛丼という貧相な食生活が
暴かれてしまうというリスクも
多分にあるわけですが……。

なんか、Vol.06売れている気がする

現状、統計に基づいた数字ではなく
ごくごく私的な感覚なのですが
おかげさまで、Vol.06が売れているような気がします。

Img_3634

といっても、僕が定点観測している
数軒のお店での感覚値なのですが
本の減りのスピードとか見ていると
意外と、部分が全体を表しているのです。
ですので、書店さんの書棚を
うろうろと回って観察することは
雑誌屋にとって意外と大切。

それよりも、実は不思議なのはVol.06が発売されているにもかかわらず、
Vol.05を置いて下さっている本屋さんが、多いこと。
おそらく10軒も回ってないのに、3軒も併売のお店があった。

本誌は現状ムックですから、もちろん併売していただいていいのですが
そうはいっても号数表示がされているワケですから
返品するのが通常のパターンです。

考えても理由はただひとつしか思い当たりません。

おそらくは、書棚を管理して下さっている書店員の方が
気に入って下さって、ひそかに応援して下さっているのではないかと。
でなければ、限られた書棚スペースに2号置いて下さっている
その理由が分かりません。

書店員さん、ありがとうございます。


一方、Amazonの方は100位に肉薄した
前号ほどの勢いではないような気がします。
こちらもどうぞよろしくお願いします。

Photo_27

Amazonでのお買い求めはこちら

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー