デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« docomoさんの発表会は、Xiタブレット #docomo #flickmag | メイン | 東京のデンジャラスな場所のひとつ……フジヤカメラさん #flickmag »

2011年9月12日 (月)

PCでの疲れ目を予防するメガネ『JINS PC』を取材  #JINSPC #flickmag

メガネブランドのJINS(ジンズ)さんが
PC作業向けのメガネ『JINS PC(ジンズ・ピーシー)』を発表されるというので
取材に行ってきました。

Img_3690_2

PC作業で目を疲れさせる要因のひとつである
ブルーライトをカットすることで疲れ目を抑制する。

メガネといいつつ、まずは度なしからスタート。
3990円というリーズナブルな価格で
1タイプ、16色をリリース。

フレームは同社製のエアフレーム(ナイロン製樹脂)
テンプル部のゴムの中には曲げやすい金属の芯が入っており
メガネ未経験者にも、かけやすいという。
9月1日よりWeb予約をスタートしており、
9月30日発売。詳細はこちら

Img_3673

同社、田中仁社長によると、
イタリアのパルマ社が開発した
インターキャストという技術によって
ブルーライトを55%カット。

単にブルーライトをカットというと黄色いレンズになってしまうのだけど
比較的、色の偏りなしで、ブルーライトを55%カットしたというところが
画期的だそう。

Img_3703

南青山アイクリニックの井出武医学博士からは
もうちょっと細かい技術説明が。

LEDディスプレイは白色光に見えるようでも
赤、青、緑の光の三原色からなっているのはみなさんご存じの通り。
しかし、むかしのブラウン管と違って、
光の精度が高く、LEDではピンポイントの光が強く出ている。
とりわけ、青い光が、目をつかれさせる大きな原因になっているそう。

(このあたり、詳しくはまた、誌面で書きます)

その青い光を大幅にカットし、
なおかつ、極端に色が偏ってみえないようにしているのが
このメガネの特徴だそう。

ちなみに、あとで聞いたのだけど
この技術でカットしているのは380〜500nmの周波数。
400以下のUVは普通のメガネでもカットされているから
このメガネは500nm以下の周波数を大幅にカットしていることになる。

Img_3666

実際に体験してみて下さいと
取材者側にもJINS PCが配布されたし
JINSの方は同然みなさんJINS PCをかけてらっしゃるので
取材される側もする側もみんなおそろいのメガネという
不思議な取材会場(笑)

私もひとついただいてきたので
しばらく、装着して、レポートしますね。

私はもともと、非常に目がいいので
メガネ初体験です。

人生の中に、メガネをかけている自分というのが
いなかったので、実は今非常に楽しい気分です。

目の疲れからくる、肩こりや、頭痛もひどい時があるのですが
そういう症状も収まるといいなぁ。

コメント

ご無沙汰してます タクタさん 実はこのジンズさんのサングラス愛用してます おすすめは「GOLF」 パッと見にオークレイのスポーツグラス似なんですがちょっとワルっぽさがヨシ グリーンの上のコントラストがはっきりしてお気に入りです
これで曇天用にイエローがあればいいのですが


東芝arrow 実は狙ってます(笑)

コメントを投稿

2014年4月

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新情報

flickバックナンバー

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】





flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー

    エイ出版社の電子書籍