デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ドコモ新製品Android 3機種を触って思ったこと1 #flickmag | メイン | 速報・日本通信からZTEのタブレット発売 #flickmag »

2011年2月24日 (木)

ドコモ新製品Android 3機種を触って思ったこと2 #flickmag

さきほどの続きです。

薄いのはいいですよ。
薄さは正義です。

ただ、現場で見た感じでいうと
圧倒的にMEDIASの方が薄い。
薄いのに、なおかつXperia arcにはない
おサイフケータイ、赤外線、ワンセグの
国産Android、三種の神器が入っている。
要素だけ、とればMEDIAS圧勝なんだけど、どうなんでしょ。
やっぱりソニーエリクソンならではの美しいボディデザインとか
UIとかを魅力と判断する人もいるのかしら。

薄いメデイアスも薄くてピンクがあるXperia arcも
かなり女性を意識したみたい。

Androidってけっこうまだマニアックな気がするけど
ボタンがないのはシンプルだし
造型としては女性にとっても魅力的なんでしょうねぇ。
販売実績としても相当上がっているようでした。

さらに、サクサク度合いが増してきた。
相当スムーズに動きます。
Img_1001

2010年夏以前のがiPhone 3Gレベルだとすれば
秋冬モデルは3GS。そして、今回の2機種は3GSを越えてる。
ひょっとしたら、4に近づいたんじゃないかと
いうほどスムーズに動作する。
(とっても、現場は地下で3Gの電波がなかったから、
 無線LAN経由で、つながっていましたが)
かなりサクサクで快適です。

特にXperia arcは独自UIも実に滑らかに動いて気持ちイイ。
Img_1005

ここまで快適になってくると
秋冬モデルからも隔世の感がある。

Img_1010

しかし、謎なのは、山田社長みずから夏モデルでは
「エクスペリアはおサイフ、メディアスは防水」
に対応するという発言があったこと。

そんなこと言われたら
今買うの誰かて迷いますやん(笑)

さて、最後に、Optimus Pad、
正確にはOptimus Pad L-06C。

Img_1015

これはまぁ言って見ればサムスンのGalaxy TABに対して
LGのOptimus Padという位置づけですが
なんといっても、Androidの最新のタブレット用OSであるHoneycomb 3.0が搭載されている。
(ちなみに、MEDIASは2.2、Xperia arcは2.3)
スマートフォン用のOSが乗っていて巨大な電話であったGalaxy TABとは
そこが違うわけだ。

Img_1018

裏側はこんなシックな感じ。
カメラが2コあるのは立体動画が撮れるからなんだけど
この液晶自体は3Dじゃないというところが
不思議な感じ(3Dテレビに写して見るらしい)。

ちょっと一目をはばかりながら
iPadと並べて写真を撮ってみた。

Img_1020
8.9インチ(1280×768)という液晶を持つOptimus Padは
iPad(9.7インチ、1024×768)より高さは同じで幅が狭いという感じ。
スピーカーもステレオだし
Androidの最新タブレットOSであるハニカム3.0を満喫したい
という人にとっては見過ごせない機種だ。

ってなわけで、3機種が発売されて
ますます充実のドコモスマートフォン。
山田社長は「iPhoneの獲得をまだ諦めたわけではない」
とおっしゃっていたので、今後どうなるかは
まだまだ分からないが、
2周目のソニーエリクソンに
NECカシオの登場でますます混戦模様。

あとは、春のパナソニックの登場で役者が揃う。
まだまだ当分は迷いつつの決断を迫らされる日々が続きそうだ

また、今晩はMacBook Pro、来週にはiPad2も発表されるという
ウワサもあるし、本当にお金はいくらあっても足りないなぁ。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー