デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

『つぶやき』を『絆』に変える、kiznaパブリックベータお披露目! #flickmag #kizna_publicbeta

ツイッターをやっていて、
「この人だれだっけな?」
と思うことありませんか?

もしくは、ツイッターでの知り合いと
リアルで会う時に、
「何を話した人だっけ?」
と思うことはありませんか?

ツイッターは非常にシンプルで使いやすいツールですが
ある意味、非常にそっけない。
そこを補って、単なるつぶやきを、
人と人とを繋ぐ絆に変えてくれるのが
kiznaというウェブサービスです。

(注:サービス自体はまだ始まっていません)

Windowgrab
(広報の方からもらったキャプチャーですが、
 なぜかflick!がらみの @sasurau さんのtweetが(笑)
 特別サービス?)

フォロワーの人の顔が分からないとか
何を話したか分からないというのは
ツイッターを仕事に使う人にとっては致命的です。
特に飲食店でツイッターをやっている方は
お客様の名前と顔と、アカウントが一致しないと
非常に失礼になってしまうおそれがあります。

というか、飲食店でツイッターを活用する場合
そこがキモになります。

Img_1052_3

kiznaの中村仁さん( @hitoshi )が、『豚組』でツイッターを
飲食店に活かす際に、いちばん苦労されたのがその点で
そのために、このウェブサービスを始められたわけです。

詳細については
flick! Vol.03いしたにまさきさん@masakiishitani )の記事をご覧下さい。

記事では軽めに触れてあったのですが
説明を聞いてわかったのですが
WatchとUniversal Inboxという機能もすごく便利そうですね。
Watchは検索したものなど、自分が観察している対象です。

Universal Inboxには
このWatchとメンション(@)と、ダイレクトメッセージが入ります。
つまり、自分が注目しないといけないものが
Universal Inboxには全部入っているというわけです。
(記事中でkiznaボックスとも呼ばれているものです)

で、将来的には、このUniversal Inboxの中に
FaceBookや他のウェブサービスで
自分あてに送られているものや
注視しているものも
取り込まれるようになるということです。

Img_1071

時間のある時にはTLをゆっくり眺めてもいいし、
忙しい時にはUniversal Inboxだけみてればいいということです。

あと、重要なポイントが2点。

本誌では、2月28日となっているリリース日ですが
さらに遅れそうとのことです。
3月末が現時点での目標となっています。

やはり、ツイッターの膨大な情報量を
リアルタイムに処理するということが
テーマになっているようです。
開発の方、頑張って下さい〜♪

さらに、料金体系です。

料金はフリーミーアムで一般には無料ですが
アンリミテッドが300円/月、プロは1000円/月
forビジネスは1万円/月など、有償にして
機能追加することができます。
(値段は正式なものではなく、だいたいこんな感じの
 値段感だということだと思います)

機能と仕様の相関はこんな感じ。
Img_1072_2

仕事で使うから、少なくともUnlimitedにはしたいなぁ
できればProに……会社の経費として支出できるんなら
Proにしたいなぁ……(笑)

3月末リリースに向けて、
中の人は今、頑張ってらっしゃるようです

使ってみるのが楽しみです。

Kizna_logo_orange_blue

気分転換 #flickmag

締切に追われると、何か違うことがしたくなります。

というわけで、MacBook Proから
MacBook Airに移り、
さらにiPad+Apple Wireress Keyboard
に移動して原稿執筆中。

Photo

Dropboxさえあれば、
どこで原稿書いたっていいから幸せです。

ちなみに、こんな状態でtweetしています。 #kizna_publicbeta #flickmag

Img_1067
WiMAXと、MacBook Airのコンビネーションは
快適ですね。

写真はS95。

kiznaの発表会なう #kizna_publicbeta #flickmag

フリック!Vol.03でもご紹介しました
『kizna』のパブリックベータの発表会に来ています。

@flick_magでも生tweetしているのでご覧下さい。
Img_1055

kiznaの @hitoshi さんが
ご紹介されています。
Img_1052_2

新しいkizna楽しみですね。

Img_1066

リリースは本に書いたより遅れそうなお話を
さっきチラリと聞きました。

※3月末日目標に変わったそうです。
 本に書いてあるのと変わってしまいました。
 先走って書いてしまってすいません。

詳細はまたあとでまとめますね。

FireWire 800の座りが悪い #flickmag

どうもFireWireで繋いでいるHDDが
突然、オフラインになったりします。

MacBook Proの800のコネクターに400とに変換コネクターを
付けて使っているのですが、ここにディスプレイの変換コネクター(mini Display Port→DVI)が
当たっているというのが悪いようです。

Img_0687

変換コネクターをやめて
800→400の長いケーブルを買ってきました。
Img_0686

根本的には変換ケーブルじゃなくて
FireWire 800のHDDや、mini Display Portを使うモニターが
買えればいいんですがね。

とりあえず、これで良しとするか……。
Img_0689

誰ですか、Thunderbolt装備の
MacBook Proを買えと言うお告げだと言うのは
違いますからね。

2011年2月27日 (日)

MacBook Proに1TBのHDDって要らんの?

私のメインマシンは昨年買ったMacBook Proの15インチです。
(ハイレゾのノングレア、i7の2.66GHz、8GB、500GB)

この中にここ20年来の原稿、10年来の写真
その他人生のほとんどを詰め込んで
日々持ち歩いています。

よってHDDがしばしば足りなくなります。

今日も、なんだか調子悪いなと思ったら
HDDの残り容量が5%を切っています。
余計はファイルを捨ててやりくりしましたが
そろそろ限界です。

秋葉館のウェブサイトによると
MacBook Proに入るHDDは公式には9.5mm厚までのようで
ということは、現状750GBまでしかありません。

が、500GBがいっぱいになって750GBに変えても
すぐにまたいっぱいになるような気がします。
過去の経験からいっても
余裕綽々になるには倍の容量が必要です。

ググってみると
どうやら、ユーザーさんのコメントや
海外のショップサイトを見ると
12.5mmまで入りそうです。

となると、1TBのWD10TPVTや、
東芝のMK1059GSMが入るのではないかと思われます。

が、検索しても、それを保証してくれそうなサイトはありません。
かろうじて、tweetを発見して
その方にMention送って聞いてみましたが、やはり入るそうです。

が、twitter界隈の方は親切だとはいえ
見ず知らずの方に聞いた情報だけで
チャレンジしていいのか?(笑)

というわけで、やってみます。

2011年2月24日 (木)

4コア、サンダーボルトMacBook Pro来たっ! #flickmag

17inchと、15inchにクアッドコア、
AMD Radeon グラフィックプロセッサー
最大10GbpsのThunderboltテクノロジー
HDフェイスタイム
……だそうです。

Overview_hero20110224

くわしくは、こちら

Xperia arc SO-01Cのホーム画面動画 #flickmag

ホーム画面でピンチインすると
ウィジェットやアイコンが小さくなって表示される
MacでいうところのExposé状態になるのが
便利そうだと思って動画に撮ってみました。

あと、なぜか最初から入っていたツイッターのフォローしている人に
@kogure@fshin2000 @nobi など知っている人が多くて笑った。
その筋の人が初期設定されているのね(笑)

速報・日本通信からZTEのタブレット発売 #flickmag

2年縛りなどなしで3万9800円。
(10日間のデータ通信SIM付き)だそうです。

日本通信さんのLight Tab (ZTE)。3月4日発売。

Light_front_catalog

こ、これまた新たな選択肢ですね。
通信契約してもいいし、日本通信さんのU300で
安く済ませてもいいし、契約なしでWifi専用マシンとして使ってもいい。

Android 2.2で、7インチ、重さ390gだそうです。
モバイルWi-Fiルーターと組み合せて使うのもいいなぁ。

ドコモ新製品Android 3機種を触って思ったこと2 #flickmag

さきほどの続きです。

薄いのはいいですよ。
薄さは正義です。

ただ、現場で見た感じでいうと
圧倒的にMEDIASの方が薄い。
薄いのに、なおかつXperia arcにはない
おサイフケータイ、赤外線、ワンセグの
国産Android、三種の神器が入っている。
要素だけ、とればMEDIAS圧勝なんだけど、どうなんでしょ。
やっぱりソニーエリクソンならではの美しいボディデザインとか
UIとかを魅力と判断する人もいるのかしら。

薄いメデイアスも薄くてピンクがあるXperia arcも
かなり女性を意識したみたい。

Androidってけっこうまだマニアックな気がするけど
ボタンがないのはシンプルだし
造型としては女性にとっても魅力的なんでしょうねぇ。
販売実績としても相当上がっているようでした。

さらに、サクサク度合いが増してきた。
相当スムーズに動きます。
Img_1001

2010年夏以前のがiPhone 3Gレベルだとすれば
秋冬モデルは3GS。そして、今回の2機種は3GSを越えてる。
ひょっとしたら、4に近づいたんじゃないかと
いうほどスムーズに動作する。
(とっても、現場は地下で3Gの電波がなかったから、
 無線LAN経由で、つながっていましたが)
かなりサクサクで快適です。

特にXperia arcは独自UIも実に滑らかに動いて気持ちイイ。
Img_1005

ここまで快適になってくると
秋冬モデルからも隔世の感がある。

Img_1010

しかし、謎なのは、山田社長みずから夏モデルでは
「エクスペリアはおサイフ、メディアスは防水」
に対応するという発言があったこと。

そんなこと言われたら
今買うの誰かて迷いますやん(笑)

さて、最後に、Optimus Pad、
正確にはOptimus Pad L-06C。

Img_1015

これはまぁ言って見ればサムスンのGalaxy TABに対して
LGのOptimus Padという位置づけですが
なんといっても、Androidの最新のタブレット用OSであるHoneycomb 3.0が搭載されている。
(ちなみに、MEDIASは2.2、Xperia arcは2.3)
スマートフォン用のOSが乗っていて巨大な電話であったGalaxy TABとは
そこが違うわけだ。

Img_1018

裏側はこんなシックな感じ。
カメラが2コあるのは立体動画が撮れるからなんだけど
この液晶自体は3Dじゃないというところが
不思議な感じ(3Dテレビに写して見るらしい)。

ちょっと一目をはばかりながら
iPadと並べて写真を撮ってみた。

Img_1020
8.9インチ(1280×768)という液晶を持つOptimus Padは
iPad(9.7インチ、1024×768)より高さは同じで幅が狭いという感じ。
スピーカーもステレオだし
Androidの最新タブレットOSであるハニカム3.0を満喫したい
という人にとっては見過ごせない機種だ。

ってなわけで、3機種が発売されて
ますます充実のドコモスマートフォン。
山田社長は「iPhoneの獲得をまだ諦めたわけではない」
とおっしゃっていたので、今後どうなるかは
まだまだ分からないが、
2周目のソニーエリクソンに
NECカシオの登場でますます混戦模様。

あとは、春のパナソニックの登場で役者が揃う。
まだまだ当分は迷いつつの決断を迫らされる日々が続きそうだ

また、今晩はMacBook Pro、来週にはiPad2も発表されるという
ウワサもあるし、本当にお金はいくらあっても足りないなぁ。

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー