デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« iOS4.2がリリースされました | メイン | 『フリック!Vol.02』今週末発売です! »

2010年11月24日 (水)

【iOS 4.2】iPadだと、フォルダの意味が違う #flickmag

iPhoneでは2カ月半前から供給されていたiOS 4。

アプリのフォルダ分けの機能も、
iPhoneと同じような感じ……と思っていたら
実際には使った感じは全然違う。

iPhoneの場合は、ポケットからサッと出して
ワンタッチで使う必要が高い。
だから、なんでもかんでもフォルダに入れてしまうわけにはいかない。
(私の場合。意外と、フォルダ分けは人それぞれです)

iPadの場合は、
もうちょっと腰を据えて使う場合が多いので
(あくまでiPhoneとの比較論ですが)
多くのアプリをフォルダに分類したって困らないんですね。

むしろ、その方が整理がつきやすい。

で、僕のiPadのメニューはたった2画面になってしまいました。
(対して、あまり使わないアプリはフォルダに入れつつも
 フリック!でアイコンを探す方が便利なiPhoneは今も8画面使ってます)
Photo_3

下のドックにはよく使う
Twitterクライアントと、私の人生を管理しているOmniFocus
そして、おなじみSafariとメールとEvernote。
それから、フォルダを一個入れて、そこによく使うお仕事アプリを入れました。
ここまでは、どこの画面からもアクセスできるワケです。

それから、上半分にはそれ意外によく使うアプリ
で、上から4番目にフォルダを4個並べて
区切り線代わりに使いつつ
写真アプリや、よく使うツール類を。
そして一番下に、そこにしまいたくなかった
ツール類を。

で、2画面目にはそれ以外のフォルダと
まだ、フォルダに埋もれさせてたくない
最近ダウンロードしたアプリを並べてみました。

2
下の方にはまだ余裕があります。

メインでないツイッタークライアントや
雑誌、書籍、ニュースアプリ類
ゲームなどは非常に分類しやすいので
それぞれにフォルダを作って収納。

このあたりは、使うにしても腰を据えて使うので
少々奥にしまい込んでも全然問題ないですよね。

というわけで、たった2画面に収納。
iPhoneで使うのと、フォルダの意味が全然違って
俄然便利になったなぁ
……という話でした。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー