デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

ATOK Pad for Macを、Mac版ATOKの試用版と一緒に入れる方法 #flickmag

実はここだけの話、私は『egbridge→かわせみ』を18年来使ってきているので
ATOK Pad for Macを使うためには、まずATOKを入れなければなりません(^_^)

ATOKのトップページには、
ATOK Pad for Macは試用版のATOKでも
インストールできるという話なので、
30日使えるATOKの試用版をインストールしてみました。

で、トップぺージに戻って
試用版をダウンロードしようとすると、

また、30日使えるATOKの試用版をインストールするページに飛ばされてしまいます。

はてはて?
ATOKpad for Macは
どこからダウンロードすればいいんだ?

答えは、今、30日使えるATOKの試用版をインストールすると
同時に、ATOK Pad for Macもダウンロードされています。

Atok1_2

いや、気付かない私がアホだったのですが
これをダブルクリックすると
ATOK Pad for Macのインストールが始まります。

Atok_pad


こんなことに引っかかるのは私だけかもありませんが
一応、ここにメモをあげておきます。

ATOK Pad for Macを使ってみた #flickmag

先日の、ATOK Pad for iPhoneで
取材させていただいて以来
ATOKさんの活動が気になっているので
今日発表された、
ATOK Pad for Macもさっそくインストールしてみた。
Atok1

簡単に言えば、
iPhoneで動作しているのと同じメモアプリ。
このメモアプリが、ゆくゆくは
Mac版も、ウィンドウズ版も、iPhone版も、アンドロイド版も、iPad版も
ネット上で共有していく感じになるんでしょうか?
Macやウィンドウズ用の辞書も共有できるシステムがありますし
ATOKは着々とクラウド化が進んでいく感じになるんですね。
Atok3

早く動いて便利なんですが
ちょっと不思議なアプリですね。
⌘+タブで読んでも出てこないし、
Macのアプリで共通の上の信号機のようなボタンもない
アプリケーションじゃないのかなぁ?
また、機会があったら聞いておきますね。

20101130_165103_2
メモをそのまま、Yahooで検索したり
Tweetしたり、Evernoteに投げたりする機能もあります。

ATOK Pad for Mac [ベータ]来たッ! #flickmag

って、もしかして
ツイッターのタイムラインでは盛り上がったあとなのかしらん?
午前中、会議出てたからなぁ。

padっていう言葉がついているから
iPad用かと思ってしまいますが、
ATOKpad for iPhoneのようなメモアプリの
マック版ということですね。

のですが、……実はワタクシ、18年ぐらい
egbridge→かわせみユーザーなので
ATOK自体を使ってなかったんですよね……。

ATOKが入ってないとコレは使えないということなのですが
試用版でも使えるということなので、
試用版をインストールして、一度使ってみようかと思っています。

Mac、iPhone、iPad、Android、ウィンドウズ……と
辞書が共有できるというのは便利そうですよね。

2010年11月29日 (月)

『フリック!Vol.02』今週末発売です!

680円! 12月4日土曜日発売です!
全身全霊を込めて作りました!

故に、燃え尽きています。今(笑)

02

お楽しみに!

2010年11月24日 (水)

【iOS 4.2】iPadだと、フォルダの意味が違う #flickmag

iPhoneでは2カ月半前から供給されていたiOS 4。

アプリのフォルダ分けの機能も、
iPhoneと同じような感じ……と思っていたら
実際には使った感じは全然違う。

iPhoneの場合は、ポケットからサッと出して
ワンタッチで使う必要が高い。
だから、なんでもかんでもフォルダに入れてしまうわけにはいかない。
(私の場合。意外と、フォルダ分けは人それぞれです)

iPadの場合は、
もうちょっと腰を据えて使う場合が多いので
(あくまでiPhoneとの比較論ですが)
多くのアプリをフォルダに分類したって困らないんですね。

むしろ、その方が整理がつきやすい。

で、僕のiPadのメニューはたった2画面になってしまいました。
(対して、あまり使わないアプリはフォルダに入れつつも
 フリック!でアイコンを探す方が便利なiPhoneは今も8画面使ってます)
Photo_3

下のドックにはよく使う
Twitterクライアントと、私の人生を管理しているOmniFocus
そして、おなじみSafariとメールとEvernote。
それから、フォルダを一個入れて、そこによく使うお仕事アプリを入れました。
ここまでは、どこの画面からもアクセスできるワケです。

それから、上半分にはそれ意外によく使うアプリ
で、上から4番目にフォルダを4個並べて
区切り線代わりに使いつつ
写真アプリや、よく使うツール類を。
そして一番下に、そこにしまいたくなかった
ツール類を。

で、2画面目にはそれ以外のフォルダと
まだ、フォルダに埋もれさせてたくない
最近ダウンロードしたアプリを並べてみました。

2
下の方にはまだ余裕があります。

メインでないツイッタークライアントや
雑誌、書籍、ニュースアプリ類
ゲームなどは非常に分類しやすいので
それぞれにフォルダを作って収納。

このあたりは、使うにしても腰を据えて使うので
少々奥にしまい込んでも全然問題ないですよね。

というわけで、たった2画面に収納。
iPhoneで使うのと、フォルダの意味が全然違って
俄然便利になったなぁ
……という話でした。

2010年11月23日 (火)

iOS4.2がリリースされました

さて、昨夜発表された通り
今朝、3時にiPadにとって初めてのiOS4である4.2が発表された。
(iPhone用には先に4.1が発表されている)

なんといってもお待ちかねの
マルチタスクと、フォルダ機能、
そして日本語のユーザー辞書登録機能が使えるようになる。
それ以外にもアップデートは多岐に渡るが、
この3つがとりわけ、大きく便利になるポイントのように思う。

さて、iTunesを起動して、iPadを接続するとご覧のようなアラートが
現れるハズだ。
Photo_2
ここで、ダウンロードしてアップデートをクリックすると
アップデート作業が始まる。
(なお、iPhoneもiPod Touchも(すべてのバージョンではないが)4.2にアップデートできる。
 とはいえ、これらは夏前から4.1にアップデートしているので
 iPadほど新鮮な機能は多くないはず)

Ipad1

午前3時にはアクセスが集中していたのか
かなり時間がかかったが、朝になればそれほど苦労することは
ないのではないかと思う。

なかなか作業が始まらない場合には
まずダウンロードだけした方がスムーズという意見もあった。
まぁ、それはダウンロード開始時の極端に混雑している時間帯だけだと思うが。

Ipad2

4.2にアップデートできると
フォルダ機能が使えるし、マルチタスクも動作する。
(大半の人は、iPhoneでその機能を体験済みだと思う
 操作方法も同じだ)

フォルダがあるのと、iPhoneでもあった
ゲームセンターというアイコンが追加されているのが分かると思う。

日本語の辞書登録もできるし、

Ipad4

また、50音の入力キーが追加されていたりする。
Ipad5
ローマ字入力が苦手はお歳を召した方に喜ばれるかもしれない。

当分は宝探しのように新機能を探し求めるのが
楽しそうだ。新機能は山ほどある。

iOS 4.2……事件は会議室で起きてない!

メールボックスで起きてましたよー。

22日の22時半に
アップルさんからのメディア向けリリースが来てました。

全然知らずに打ち合わせしてました。
フリック!の価格改訂の件などで
今日は火が出るほど忙しかったので
メールに気が付いていませんでした(汗)

もう、いろんなところで話題になってますから
詳しくはそちらをご覧下さい状態ですが
ほんとうにもう待ちに待ったって感じですね。

あと、2時間ほどで、ごちゃごちゃになった
iPadのアプリをフォルダに整理できるし、
マルチタスクで、メールを書いているところから作業を止めずに
辞書にヒョコッって飛んだりできるわけです。

先日、MacBook Airにクラクラさせられたかと思うと
また今度は、「iPadがより仕事に使えるようになった論」
が飛び交うわけです。忙しいなぁ(笑)

というわけで、待つのはあと少しです!

2010年11月22日 (月)

ナショナルジオグラフィックの写真に感動

@fladdict さんのtweetがいく人かを介して伝わってきて
拝見したウェブサイト。

ナショナルジオグラフィック写真コンテスト2010

いや、本当にすごい。

デジタルカメラのおかげで僕らも手軽に写真を撮るようになったけど
力ある写真家の撮った写真は本当に心を打つ。

深いなぁ、写真。

そして、まだまだ世界は美しい。

2010年11月21日 (日)

今、思えば不思議な話

20年ほど前、僕は大学を卒業して
某クレオっていうコンピュータのソフトウェア会社の
大阪支社に就職した。

今思えば、机の上に、コンピュータはなかった。
帰宅する時には、机の上に何も置かないように
ぜんぶ机の中にしまって帰れと言われたものだ。

プログラムはコーディング用紙という紙に書いて
あとで、コンピュータ室に行って
端末から、入力した。
コンパイル(人が書いたプログラムから、実行可能なマシン語に変換する処理)のために
端末から、汎用機(どこかの会社にあって、専用線でつながっていたハズ)に送ると
処理は4〜50分かかることもあったので、その間に食事に行ったりした。

たぶん、今だったらポケットの中にあるiPhoneでも
1秒もかからずに処理してしまうような計算だったのでは
ないだろうかと思う。

でも、その汎用機と端末の関係って
今でいうクラウドとは違うの?(笑)
なんで、ソフトウェアの会社なのに、机の上にコンピュータがなかったの?

と、ふといろいろと不思議になる、
日曜日の静かな会社の午後でした。


……
ちなみにその会社は、バイク雑誌の会社に就職するために
1年と4カ月で辞めてしまったので、
結局私はあんまりコンピュータでについては詳しくありません。

2010年11月18日 (木)

世にガジェットの種は尽きまじ #flickmag

さて、flick!Vol.02、絶賛編集中です。

毎日、ガジェットに囲まれて生活してます。幸せかも。
もちろん、それが仕事になっているわけで
それは同時に苦しみかもしれませんが。

Photo

さて、次号に向けて
いろんなアンドロイド機に触る機会がありますが
いいですね! アンドロイド。

自他ともに認めるアップル製品好きのワタクシですが
デッカイアンドロイドや、ちっちゃいアンドロイドを見ていると
そこに、iPhoneやiPadにはない自由な楽しみを見つけたりします。

それぞれにバラバラなのは
アンドロイドの弱みでもあるし、
強みでもあります。

日本で、もっとアンドロイドが一般的になる日は遠くないと思いますし、
逆にスマートフォンや一般の携帯という区分けがなくなって
普通に既存の携帯みたいに動作しながら
中にはアンドロイドが動いている
みたいなことにもなると思います。

バージョンなんて気にしなくったって
アンドロイドを使える人が
これからどんどん増えて行くと思いますよ。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー