デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 何が出るのでしょうか? | メイン | 新しいMacBook Airを買うべきたったひとつの理由 »

2010年10月21日 (木)

3分で読める『Back to the Mac』イベントまとめ

他に優秀な記事を書いている
方がいらっしゃるので、簡単に。

iPhone、iPadの成功を背景に
アップル社の足下であるMacに関する発表を(ひさしぶりに行う)
という主旨だった。

大きくわけて3部に分かれていて
ひとつはiLifeの発表。
もうひとつは、来年夏にリリースされるというMac OS X 10.7 Lionのスニークプレビュー。
そして、最後に新型のMacBook Airの発表。

いずれも、Mac OS Xから派生した
iPhone→iPadの流れが再びMacに戻ってくるという
テーマを軸に語られた。

iLifeは、iPadのアプリのように
全画面で展開される場面が多くなった。

Mac OS X 10.7 Lionはマルチタッチの
活躍する場面が増え
Mac OS X用のアップストアが登場し
Launch Padというアプリランチャー画面が登場。
全体に、iPadぽいインターフェイスが増えた。

そして、ハードウェア的にもiPadテクノロジーの還流ということで
13.3inchと11.6inchのMacBook Airが発表された。

主旨は一貫しているし、
ソフトウェア的にもハードウェア的にも
ドカンと話が進んだので、twitterのタイムライン上にも総じて
喜んでいる人が多かった印象。

iLifeの発表が意外や長かった。
iPhotoはすごく素敵になった感じ。
Ilife
話は、iPhotoとiMovieとGarageBandの
3つのアプリについて語られた。

10.7 Lionには
iOSから還流したテクノロジーが
いろいろと活用されるようだ。
Photo_6
エクスポゼなども大幅進化。

大きいのはMac版のApp Storeが登場したことだろう。
これは90日で登場するという話だから、
Lionまで待つ必要はなさそう。

しかし、全般にiOS方向へ進化している。
それぞれ、ややこしく絡まった過渡期とみるか
美しい融合と見るかは、意見の分かれるところ。

で、お待ちかねのMacBook Air。

ハードウェア的にも
MacBook にiPadからの還流があると。

Photo_7

まず、13.3inchは
1.32kgとほぼ旧型と変わらないけど
全体にクサビ型に薄く軽く新設計。
画面がハイレゾになった、メモリーが4GBまで搭載可能になった他
バッテリーもSSDも、ケースをなくして
バラして内蔵することでコンパクトさを実現。

そして11.6inch発表。
2
なんと、1.06kgという
Mac史上最軽量を実現。

画面解像度1366×768
CPUはちょっと遅めの1.4GHz(1.6GHzもあり)
メモリーは2GB(4GBまで増設可)
SSDは64GB(128GBというのもあり)
という構成で、なんと8万8800円という
一部のiPadより安い値段を実現。

3

こんなコンフィギュレーションです。

しかも、本日発売。
4

とりあえず、ワタシは
冷静な判断力を取り戻す前に
ワンクリックで11inchを買っておきました(笑)


コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー