デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« ATOK Pad for iPhoneの発表会レポート改 #ATOKPad #flickmag | メイン | リボルバーとダブルトリガー、開発スタッフの高速入力動画 #ATOKPad #flickmag »

2010年9月22日 (水)

【訂正あり】実はATOK for iPhoneで、Bluetoothキーボードが使える話 #ATOKPad #flickmag

ATOK Pad for iPhoneで、BTキーボードが使えない的な
話になっているんですが
開発の方の言い方が微妙だったのですが
ちゃんと、日本語入力をすることはできますよ。
ご覧の通り。

Dscf2047_2

ただ、大本のiPhoneの設定の方で
キーボードの選択をUSキーボードだけにしないといけません。
(設定>一般>キーボード>各国のキーボードの日本語ローマ字や日本語テンキーを外す)

Dscf2048

試しにやってみましたが、爆速です。

まぁ、外付けBTキーボードだから速いのは当たり前ですが
ATOKの選択肢の的確さもあって
ホントに日本語入力が可能です。

この組み合せは、おそらくiPhone日本語入力の最高速だと思います。

【訂正】
わざわざ、日本語をOFFにしなくても
『英数/かな』か『cmd+スペース』で、日本語から
English(US)キーボードに切り変えるだけでOKでした。

Img_0678

手間がかかるようなことを書いてすいません。
ご指摘いただいた @tsucchii さんありがとうございます。

しかし、ここまで便利だと公式になんでアナウンスされないのか
不思議なぐらいですね。
ジャストシステムさんはちゃんとした会社だから
「日本語ローマ字キーボードで動かない限り実装したとは言えん!」
ということなのでしょうか。

ともあれ、誤解を招く表現になってしまって
読んで下さった方、
関係各方面の方ごめんなさい。

コメント

USキーボードって事は、やはりかな入力は無理ですよねぇ・・・

アップルワイヤレスキーボードの日本語キーボードでも使用できますので。アナウンスしてあげてください

うちのアップルワイヤレスキーボード(US配列)では、うんともすんとも言いません。キーボード側の相性もあるんですかねぇ?

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー