PEAKS PR

  • PR

フィールドライフ コンテンツ






fieldlife関連リンク





エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


ランドネコラボ商品

Facebook

  • エイ出版社Facebook

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月の記事

2010年2月10日 (水)

種子島旅行記⑤はさみ屋さん~旅立ち編

Img_1085

種子島も最終日。朝焼けはイマイチで、太陽もぶあつい雲からようやく出てきて、

7:30にごあいさつ。ねぼすけですな・・・(笑)

そんなに天候も良くない日なので、景色よりも文化にふれちゃおう! ということで、

伝統的に種子島のはさみを作っている牧瀬さんの工房におじゃましてきました。

Img_1101

Img_1117

Img_1141

Img_1160

この日は、残念ながら鍛冶をしないということで、生け花用のはさみを作って

おられました。薄暗く、でもどこか懐かしい工房内。炎のゴオゴオという音、はさみを

研磨する機械が回転する重低音、そして兄弟だというおふたりの職人が時折交わす

低く、小さな声。「とっても愛想の悪い人だよ」と聞いていたのですが、写真を撮っていると

「今日はいつもみたいに鍛冶をやってないんだよ」と申し訳なさそうに、ぽつり。

黙々と作業に専念する職人さんふたりは、とてもステキな雰囲気を醸していました・・・。

     *          *          *

その後もやっぱり天気が落ち着かず、なかなか景色も冴えなかったのですが、

いよいよ空港に向かう2時間前、雨が上がり、空に架け橋がかかったのでした。

Img_1240

あまりに突然のことでしたが、やはり七色の架け橋のすばらしさ、軽トラを

運転しながらも脇き見運転を強いられてしまいました・・・。

「幸せだな~」と何度つぶやいたことでしょうか。

この幸せのオーラは東京に帰ってからしばらく続き、そしていまなおブログを

書くたびに思い出してニヤけてしまいます。

みなさんも、すてきな島・種子島へぜひ行ってみてくださいね。

これで旅行記は終わりですが、最後に種子島の海をみなさんにプレゼントします。

つたない日記にお付き合いいただいてありがとうございました。編集・板さんでした~。

2010年2月 8日 (月)

種子島旅行記④快晴とさとうきび編

Img_0774  Img_0747

いよいよ旅も終盤。

すてきな朝焼けをプレゼントしてくれた種子島は、青く青く晴れ上がりました。

上の写真は、種子島きっての美しいビーチ、「浦田海水浴場」。

3年前に訪れたときも、すてきな色で魅了されましたが、改めてホレなおしました(笑)

そんなすてきな海岸近くには、ハイビスカスが咲き乱れ、イソヒヨドリが遊んでいます。

1月なのに! そのカラフルな生き物たちから、真夏を感じてしまいます。

Img_0796  Img_0810

海をいっぱい楽しんだあと、友人の紹介で、種子島のサトウキビ小屋へ。

1月はちょうど、さとうきびの収穫期。冬の仕事として、さとうきびを搾って黒糖を作るのです。

大きく成長した葉をむしり、さとうきびを絞り、煮詰めて黒糖ができるんです!

Img_0921  Img_0867

Img_0891  Img_0945_2

煮詰めて煮詰めて、かきまぜて、広がしてヘラで切って・・・・・・

「黒糖って、こんなふうにできるんだ!」

もちろん、考えれば想像できること。でも、その現場を見ることは、意味がちがいます。

まさに、百聞は一見に如かず、ですね。

熱せられた超大型の鉄板からもうもうと上がる蒸気、甘い香り、作りながら交わされる

世間話の数々、そして熱くて甘くて舌でとろける黒糖アメ。

その一つひとつが調和することで黒糖ができるんですね。

     *          *          *

民宿「ひばり」のお母さんが作ってくれたおにぎりも、その日の夕焼けも、

すべてが本当に最高の一日でした。

Img_0958  Img_1033

2010年2月 4日 (木)

種子島旅行記③宇宙逃亡~感動の朝編

種子島旅行3日目。空は曇り、海はうねりを増していました。こりゃヤバイ・・・。

海の撮影をするも、レンズが潮をかぶってしまうほど(波じゃないですよ^^;)。

前日の天気予報で下り坂なのはわかっていたので、気を取り直して、

種子島南部の宇宙センターへ出発!

種子島南部の小学校は、宇宙留学をしているとのことですよ!? ホンマかいな・・・。

Img_0574

楽しみながら南へ、南へ。ついに到達した種子島宇宙センターで、

HⅡロケットをハイジャック&宇宙逃亡を図りますが、あえなく失敗。。。

Img_0583  Img_0588_2

人工衛星とロケットの大きさ。そのスケールには、驚きました。

とにかくデカイ! こんなものを人間が作るとは・・・。

ちなみに、HⅡロケットの「H」は水素のこと。燃料のことですね。

そして、その前の型は「N」型。これは、、、「ニッポン」だそうです。

窒素じゃないのか!! と突っ込みたくなりますね。

さてさて、宇宙センターからの帰りには、天気も回復してきました。

次の日は早起きして、朝焼けを撮りに行こう! と決めて、フトンヘ・・・。

     *          *          *

翌朝、5時。早すぎるかな~と思いながら起きると、どうやら天気は晴れ。

種子島でも有数の景勝地、“天女が倉”に着いたのが5時半。

軽トラの外に出たとたん、、、、、、「ひょえ~!!!!!!!」と叫んでしまいました。。。

そこに待っていたのは、無数の星空だったのです。

Img_0665

降るような星空、、、とにかく無我夢中で写真を撮りました。そして、そのあとは朝日。。。

Img_0721

とにかくすばらしい朝でした。早起きは、三文の得、ですね!!

2010年2月 1日 (月)

種子島旅行記②初日晴れ~徐々に荒天編

Img_0232_2

みなさんこんばんは。編集の板さんです。

いよいよはじまった種子島旅行記②です。初日は晴れ。

やや風が強いものの、西海岸の海は予想通り、深い青をしていました。

やっぱり3年前と同じ姿でオレを待っていてくれたんだ・・・と思わず

超自己中心な考え方に(笑) 天気が悪くなるという予報だったので、

日が差しているうちに写真を撮ろうとしていると、ヒルガオが目に入りました。

Img_0259

海辺が輝いて花を揺らすたび、感動で心までも揺れてしまいます。

「来てよかった!」何度も心から叫んでいました。

しかし! そんなロマンチストを尻目に、天候はやはり悪化。

馬が主人を待って立ったまま岩になったという「馬立(またて)の岩屋」に着くころ

には、かなりどんよりした雲行きになってきました。

  Img_0302  Img_0314

この岩屋、3年前には朝日を撮りにやってきたところで、かなりキレイなところ。

岩屋のなかでは、サンゴのかけらが薄い光と波を浴びて、シャラシャラと

楽器のように鳴っていました。

夜はひとり、なぜか屋久島の焼酎(種子島の焼酎呑めよ~!)「三岳」で乾杯。

そしてその夜、徐々に風が強くなり、天候はさらに悪化の一途をたどって

いくのでした・・・

Img_0368

ハセツネ30Kエントリー開始!

こんにちは。お知らせです!

いまをときめく野山を駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。

そのトップレース・ハセツネカップ(71.5km)の前哨戦として行なわれる

第2回「ハセツネ30K」のエントリーが2010年2月1日に始まります!

前回とコースを多少変更し、32kmコースと初心者でも楽しめる17kmコースを設置。

みなさん、ふるってご参加ください! 一新したハセツネ・オフィシャルサイトも

要チェック! 大会のアルバムも充実しましたよ!!

http://www.hasetsune.com/

Field Life最新号