PEAKS PR

  • PR

フィールドライフ コンテンツ






fieldlife関連リンク





エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


ランドネコラボ商品

Facebook

  • エイ出版社Facebook

« Trail Running magazine タカタッタ NO.4 9月10日発売します! | メイン | フィールアース受付について »

2009年9月 9日 (水)

鳥のお話。

みなさんこんにちは。

見た目がちょっと和風な編集部員、板さんです。へいらっしゃい!

こうして「板さん」として登場するのはお初ですが・・・・・・板さんのことを

知りたい方は、フィールドライフ24号のタカタッタ・プチをご覧くださいね!

さてさて、今日のネタはといいますと、ずばり鳥。

さかなクンはあまりにも有名ですが、♪鳥くんって知ってますか?

このたび、♪鳥くんといっしょに本を作りました! それがコチラ↓

Bw2

幼少から2,000種あまりの野鳥を見てきたという♪鳥くんが贈る、バードウォッチングの

素敵な世界観を凝縮した1冊です! こりゃ必読。

野鳥は観察すればするほどオモシロイもの。板さんもかつて、こんな鳥に出会いました。

Raichou

これ、知ってますか? そう、サンダーバードです。つまりライチョウ(雷鳥)。

写真は、立山の室堂(むろどう)で出会ったライチョウですが、これがカワイイのです♪

なにがって? そりゃ見た目です、見た目。つぶらな瞳、ちょっと鈍くさいところも魅力です。

お次はコチラ↓

Kawasemi

超有名人(?)のカワセミですね。ちなみに、バックに写っている植物は、パピルス。

人類史上、最初に紙の原料になったという、アレです。こちらはシンガポールで撮影。

やっぱり清流の宝石、と言われるだけあってキレイ!

最近は、アメリカザリガニが増えたことで、都内の河川にも普通にいるとか。

ちなみに、板さんはこの間、武蔵五日市でカワセミとタマムシに会いました。

生きものは宝石♪ですね! とにかく野鳥の魅力がいっぱい詰まった

ぜったいオススメの“珠玉の”1冊です。ぜひぜひ読んでね!!!!!

Field Life最新号