PEAKS PR

  • PR

フィールドライフ コンテンツ






fieldlife関連リンク





エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


ランドネコラボ商品

Facebook

  • エイ出版社Facebook

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月11日 (金)

フィールアース受付について

各誌やブログで「フィールアース」の開催情報をアップしたところ、沢山の方に

「参加します!!」のメールをいただいております。

この場をお借りして、お礼を申し上げます。

皆さんとお会いできるのが、楽しみです。

さて、「いつから申し込みが始まるの?」というお問合せを数件いただきました。

キャンプサイト&有料アクテビティの申し込みは、10/1(木)を予定しています。

18日に「フィールアース」のWEBサイトをオープンする予定です。

各種お申し込みは、このサイトからお願いします。

なお、キャンプサイトの料金ですが、中学生以下は無料とさせていただきます。

P1020058_6

2009年9月 9日 (水)

鳥のお話。

みなさんこんにちは。

見た目がちょっと和風な編集部員、板さんです。へいらっしゃい!

こうして「板さん」として登場するのはお初ですが・・・・・・板さんのことを

知りたい方は、フィールドライフ24号のタカタッタ・プチをご覧くださいね!

さてさて、今日のネタはといいますと、ずばり鳥。

さかなクンはあまりにも有名ですが、♪鳥くんって知ってますか?

このたび、♪鳥くんといっしょに本を作りました! それがコチラ↓

Bw2

幼少から2,000種あまりの野鳥を見てきたという♪鳥くんが贈る、バードウォッチングの

素敵な世界観を凝縮した1冊です! こりゃ必読。

野鳥は観察すればするほどオモシロイもの。板さんもかつて、こんな鳥に出会いました。

Raichou

これ、知ってますか? そう、サンダーバードです。つまりライチョウ(雷鳥)。

写真は、立山の室堂(むろどう)で出会ったライチョウですが、これがカワイイのです♪

なにがって? そりゃ見た目です、見た目。つぶらな瞳、ちょっと鈍くさいところも魅力です。

お次はコチラ↓

Kawasemi

超有名人(?)のカワセミですね。ちなみに、バックに写っている植物は、パピルス。

人類史上、最初に紙の原料になったという、アレです。こちらはシンガポールで撮影。

やっぱり清流の宝石、と言われるだけあってキレイ!

最近は、アメリカザリガニが増えたことで、都内の河川にも普通にいるとか。

ちなみに、板さんはこの間、武蔵五日市でカワセミとタマムシに会いました。

生きものは宝石♪ですね! とにかく野鳥の魅力がいっぱい詰まった

ぜったいオススメの“珠玉の”1冊です。ぜひぜひ読んでね!!!!!

2009年9月 8日 (火)

Trail Running magazine タカタッタ NO.4 9月10日発売します!

みなさん、こんにちは。

いよいよ秋、スポーツシーズン到来ですね。

みなさん、走ってますか!

山へ行ってますか!

編集部では、今号もさまざまなトレイルへ行ってきましたが、

とくに表紙撮影のため石川弘樹さんと行った中央アルプス

木曽駒ヶ岳がサイコーでしたよ!

千畳敷ホテルをベースに、宝剣岳、中岳、御来光と堪能しました。

ここは、中央アルプス観光のロープウェイを使うと一気に3,000m級の世界を味わえる

素敵な観光地でもあるので、正直トレランはおすすめできませんが、

一度は訪ねてほしいフィールドです。

さてさて、本題です。

アウトドア・フィールドを駆け巡るシンプルなスポーツ、

トレイルランニングの専門誌『Trail Running magazine タカタッタ 』NO.4

予定通り9月10日(木)発売します!

今号の特集は、

「トップランナーに学ぶ勝利への戦術」です。

この秋、目白押しのトレイルランニング・レースへ向け、

トレーニングを積んできたみなさん、

トップランナーの戦術・装備・ウエアリングなどなど、

最終仕上げとして、ぜひ参考にしてください。

今回ノウハウを紹介してもらっているトップランナーは、

鏑木 毅、山本健一、横山峰弘、奥宮俊介、山田琢也、ダン・デーリン、ブライアン・ホール、

櫻井教美、間瀬ちがや、鈴木博子の10選手。

また、好評連載中の技術講座では、

おなじみの鏑木 毅、佐藤光子、柳下 大、村越 真の4講師が

レースに役立つ内容を解説しています。

特集と合わせて、ぜひ役立ててください。

また、特集内のギア・コーナーでは、

心拍計、インソール、ソックス、テーピング・テープ、トレランポール、スポーツタイツ、

サポート・ウエアなどといったレースの戦績がワンランクアップする

テクニカル・アイテムを詳解しています。

また、「ウルトラトレイル・ド・モンブラン」の速報、

国内トレイルランニングのパイオニア石川弘樹選手の特別企画、

国内メジャーレース情報、アメリカ最新トレラン情報

「日本山岳耐久レース」(通称ハセツネ)に参戦したランナーの

オリジナリティあふれるアイディア・装備の詳解

第3回「サイパン・トレイルラン Marianas Coffee Trail Run」

読者ランナー1名ご招待に関する記事などなど、

盛りだくさんの内容ですので、ぜひ見てくださいね!!!

ではでは、みなさん、

またどこかのトレイルでお会いしましょう。

2009年9月 3日 (木)

フィールアース・アウトドアミート情報

フィールアース・アウトドアミート情報

前回の「フィールアース やります!!」ブログから、だいぶ間が空いてしまいました、すいません。 これから、ブログでの情報更新が頻繁になると思われるので!?よろしくお願いします。 さて、以下に最新情報を記します。

タイトル  フィールアース・アウトドアミート 2009 in 本栖湖

開 催 日  2009年11月7日(土) 9:30~21:00 (受付開始9:00)

                                   8日(日) 9:30~16:00 (受付開始9:00)

                               *11月6日(金)は、関係者設営日になりますが、

                                  13時以降は一般参加者のキャンプインが可能です。 
       
会  場 山梨県南都留郡・富士五湖・本栖湖キャンプ場 

テーマ  紅葉真っ只中にキャンプ。

                   夜は焚き火を囲み 「地球を感じ、地球で遊び、地球に感謝する」  
      
内  容 エイ出版社のアウトドア雑誌:「フィールドライフ」を中心に、

                     「ランドネ」、「PEAKS」、「カヌーライフ」、

                   「トレイルランニングマガジン・タカタッタ」プロデュースによる

                    アウトドアの総合イベント。         

アクティビティ 

   ●キャンプ泊・・・定員:150張

                                料金:1張7,000円(2名まで)3人目~3,000円/人(5名まで)

                       *おみやげ付。

                       *車両1台+テント1張を原則とさせていただきます。

                       * 区画分けをしませんので譲り合ってご利用下さい

   ●無料イベント 

    ①レディースキャンプアカデミー
    ②キャンプリスクマネジメントセミナー
    ③焚き火
    ④アコースティックライブ
    ⑤トークイベント・ホーボージュンのさすらいのススメ
    ⑥各アウトドアメーカーの展示&即売会&ワークショップ
     and more・・・

  ●有料イベント 
   

   ①間瀬ちがや&鈴木博子のトレイルランニング教室

    *7日(土)10:30~15:30 定員:40名 参加費:¥5,000

      日本を代表する女性トレイルランナーを講師に迎え、

      紅葉を楽しみながら、走り・学びます。

   ②小雀陣二のアウトドアディナー会食

    *7(土)16:30~18:30 定員:10名 参加費:¥4,000
   ③小雀陣二のアウトドアランチ会食

    *8(日)11:30~13:30 定員:15名 参加費:¥2,000

     一度は味わってみたい「小雀陣二」のアウトドア料理。

     オープンキッチンのように目の前で作られる料理をご堪能下さい。

   ④シェルパ斉藤のワンバーナークッキング&トレッキング

   *8(日)10:30~14:30 定員:25名 参加費:¥3,500

    紅葉真っ只中の竜ヶ岳をシェルパ氏とトレッキング。

    もちろん途中では、ワンバーナークッキングを 体験します。

  ⑤村越真のナビゲーションクリニック(読図講習会)

   *8(日)10:00~12:00 定員:30名 参加費:¥3,500

    日本オリエンテーリング界の弟一人者による読図講習会。

   クイズや実技も交えて、読図・コンパスの利用を学び、

        安全なアウトドア活動に役立てます。

  ⑥ミニロゲイニング
   

  *8(日)13:00~14:00 定員:100名 参加費:¥1,000

     楽しみながらオリエンテーリングの実践体験します。

  ⑦ホーボージュンのリアルバックパッカー養成講座

   *8(日)13:00~15:00 定員:10名 参加費:¥3,500

  注1:以上のアクテビティは、現段階の予定です。
     今後日程や内容の変更の可能性があります。
  注2:無料イベントは、どなたでもご自由に参加できます。
  注3:キャンプ泊以外方も有料イベントに参加できます。

各種受付   2009年10月1日(木)予定 

           *キャンプ場内バンガローのご利用希望の方は、

             直接キャンプ場にお申し込み下さい。

主  催   フィールアース・アウトドアミート2009in本栖湖実行委員会 (エイ出版社内)

問 合 せ   TEL:03-3708-1748  E-mail:event@ei-publishing.co.jp

from Readers

読者の声をお届けするページです。

comming soon

Field Life最新号