ハワイスタイル最新号

トラベルad

エイ出版社からのご案内



リンク

« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

ブルー・ウォーター・シュリンプ

Photo

 リニューアルオープンした『アラモアナセンター』のフードコート(マカイ・マーケット・フードコート)。フードコートの内装も新しくなり、これまで以上に明るく、各店舗の外観も新しくなった。  そんなフードコートにある『ブルー・ウォーター・シュリンプ』のお気に入りを2品ご紹介。『ブルー・ウォーター・シュリンプ』といえばの定番メニューは『ガーリックシュリンプ$9.95』…これは外せない。味付けをマイルド、ミディアム、スパイシーと選べるのも嬉しい。そしてもう1品は『フレッシュ・アヒ・ベリー$10.95』だ。アグロの中トロの部位を塩と胡椒でソテーした、マグロそのものの味をいただけるのが嬉しい。レモンを絞っていただくのもいい。メニューを見て迷ったらこの2品からチョイスすのが◎。  『ブルー・ウォーター・シュリンプ』で注目したいのが盛り付けのプレゼンテーションだ。ニンジンとムラサキキャベツで色合いを整えた新鮮サラダ、鮮やかな黄色がアクセントとなるとうもろこしとパイナップル、食べ応えのあるズッキーニ、赤いパプリカと黄色いパイナップルのロミロミサーモン風サラダ…実に繊細でハワイらしい盛り付けだ。  アラモアナセンターの『ブルー・ウォーター・シュリンプ』をぜひ召し上がっていただきたい。

ブルー・ウォーター・シュリンプ

アラモアナセンター・マカイ・マーケット・フードコート

電話:808-946-4759

https://www.facebook.com/BlueWaterShrimp

営業:9:30~21:00、日曜9:30~19:00 休み:なし

2014年11月17日 (月)

スパム・バーガー

Photo

 ハワイのローカルフードの一つの『スパムむすび』。ハワイのスパム消費量は全米№1といわれているが、このスパムが主人公となった商品のバリエーションは思いの外少ない。炒飯やオムライス、サイミンのトッピングや朝食プレートのおかずなど具材や脇役的な料理はある。  そんなスパムの存在をメインに押し出した商品が『ジャック・イン・ザ・ボックス』から発売された。その名は『スパム・クロワッサン$3.69』だ。クロワッサン生地のバンズに玉子焼きとスパムをサンドした朝食メニューだ。「スパムでございます~!」というこのバーガーを是非召し上がっていただきたい。  『ジャック・イン・ザ・ボックス』は、1951年創業のアメリカの大手ハンバーガーチェーンで、本社はカリフォルニア州のサンディエゴ、2000を超える店舗を構えている。

ジャック・イン・ザ・ボックス(アラモアナセンター店)

http://www.jackinthebox.com/

営業:5:00~23:00、日曜~22:00

電話:808-941-1150 休み:なし

2014年11月 2日 (日)

クラブミート・ルックファンスープ

Photo

 ワイキキから車で20分ほどのディリングハムに日本人夫妻が経営するベトナム料理のレストランがある。オーナーの大場秀正さんと奥様の明子さんが二人三脚で育てた、知る人ぞ知る人気店だ。  大場さんは、以前ワイキキでステーキ&ロブスターの店を経営していたが、縁あって現在のベトナム料理店を10年前に譲り受けた。日本でも料理店を経営していた経験から、味の向上と安定、店の美化などおもてなしの気持ちを徹底し、それまで以上に常連客を増やし、今ではロコから熱い支持を受けるまでになった。  数々のうまいベトナム料理の中で一番のお気に入りは、トマトスープのフォー『クラブミート・ルックファン・スープ$10.50』だ。優しい酸味とコクのあるスープ、コシのある麺、蟹肉、海老、豚肉、揚げ豆腐と具だくさん、付け合せの生野菜も新鮮でうまい、一度食べたら癖になる逸品だ。常連客の中には、この料理を目当てに足しげく通う人も多いようだ。  場所は、ノースキング通りとディリングハム通りとリリハ通りの交差点の近くで、2番と13番のバスを利用することもできるので、ぜひ訪れて味わっていただきたい。

 ビストロ・グリーン・パパイヤ

555 N.King St.#108 Honolulu 電話:808-841-6988

営業:10:30~20:30 休み:日曜

はたせいじゅん


  • 1957年東京生まれ。高校時代に放送業界入り。「スクランブルSMAP」「所さんの20世紀解体新書」「筋肉番付」「タモリの音楽は世界だ」等を手掛け、度重なるハワイ旅行の末にハワイ移住を決意。ハワイの最新情報を日本に配信している。近著に「ハワイ暮らし成功物語2」がある

PR


Facebook

  • エイ出版社Facebook