ハワイスタイル最新号

  • ハワイスタイル 最新号はこちら

トラベルad

エイ出版社からのご案内

« ハワイ生まれのハンバーガー | メイン | タコポケ »

2014年9月28日 (日)

冷しサイミン

Photo

 ハワイのローカルフードの一つに『サイミン』がある。その起源は定かではないが、プランテーション時代に、日本人移民が中国人移民の手を借りて作った料理だといわれている。『サイミン』という語源も分かっていない。ハワイ生まれのピジン言語といわれているが、中国語で細麺と書いて『サイミン』と発音されることなど諸説さまざまだ。  ハワイ風ラーメンと親しまれている『サイミン』と『ラーメン』の大きな違いは、スープのダシにある。サイミンのスープのダシは海老を用いている。臭みの少ない干し海老だ。醤油を多く使わず鰹や昆布などのダシを合わせた和風味のスープが主流となっている。 麺はラーメンに似ていて、かん水を用いた中太から太めの麺で、太めの中華麺といった感じだ。  トッピングは、小口切りの青ネギ、赤いなると巻き、中国風の叉焼またスパムで、ラーメンのようにメンマやもやしが入ることは少ない。  そんな『サイミン』で『冷しサイミン』なるものと遭遇した。場所は、カパフル通りの『鶴麺』だ。  店内に書かれた小さなポスターの文字に目をやると、かつおだし、もやし、ねぎ、ゆで卵、ナルト、スパム、メンマ、タマネギ、レギュラー$9.50、ラージ$10.50とあった。『海老ダシ』ではなく『鰹ダシ』。スパムこそあるが、『もやし』と『メンマ』。文字の並びを見る限り冷しラーメンだ。  スープを飲むと海老の味が口に広がらす、海老の香りが鼻を抜けず、冷たいラーメンスープ。麺を啜ると、歯触り、舌触り、喉越しはサイミン。実に面白い。  今年2月22日土曜日にオープンした、大阪に本店を構える『鶴麺』の一品。ぜひ一度味わっていただきたい。

鶴麺

1006 Kapahulu Ave.Honolulu

https://www.facebook.com/TsurumenHawaii

はたせいじゅん


  • 1957年東京生まれ。高校時代に放送業界入り。「スクランブルSMAP」「所さんの20世紀解体新書」「筋肉番付」「タモリの音楽は世界だ」等を手掛け、度重なるハワイ旅行の末にハワイ移住を決意。ハワイの最新情報を日本に配信している。近著に「ハワイ暮らし成功物語2」がある

PR


Facebook

  • エイ出版社Facebook