ハワイスタイル最新号

  • ハワイスタイル 最新号はこちら

トラベルad

エイ出版社からのご案内



リンク

« 元祖アヒポケ | メイン | アロハテーブルのマラサダ »

2014年7月28日 (月)

ほぼ100%ハワイ産のビビンバ

Goofy

 移民の島ハワイでは、世界各国のおいしい料理をいただける。アメリカ、フランス、中華、日本、ベトナム、インド…などなど。そんな世界の料理の中で、今回は韓国料理に注目。韓国料理というと“焼肉”を連想する方も多いと思う。そんな焼肉の締めとしていただくのが“ビビンバ”だ。ビビンバは“韓国の混ぜご飯”で、その発祥は、大晦日に残った食材を新年まで持ち越さないという韓国の風習から、残った食材をご飯とまぜて食べたのが、ビビンバの起源といわれている。  ビビンバは、ハワイの韓国系のプレートランチ店や焼肉店で気軽にいただけるが、先日“アッ”と驚く“ビビンバ”に出会った。それは盛り付けられたナムルが、すべてハワイ産の食材で作られたビビンバだ。(タイトルにほぼ100%と書いたのは、ごはんだけはハワイ産ではない玄米を使用しているから)ハワイ産のもやしナムル、人参ナムル、マッシュルームナムル、そぼろの肉は、週に5頭しか出荷されないオアフ産のシンサトポークを使用、そして一般的には、小松菜かほうれん草を使う緑色のナムルには、なんとケールを使用している。健康食品として話題のケールを湯がいて使用している。これは“技あり一本”といった感じ。   そんなビビンバの正式名称は『ローカル・ベジタブル・ビビンバ($14)』、いただけるのは、ワイキキのヒルトン・ハワイアン・ビレッジ近くの『グーフィ・カフェ&ダイン』、ランチ限定のうまいビビンバをぜひ。  ところで“ビビンバ”と表記したり、“ビビンパ”と表記をしたり、店それぞれ。正解はどっち?!。どちらも正解だ。理由は発音に関係している。正式には、鼻に抜ける息を止めた発音で“バ”でも“パ”とも聞き取れる音だからだそうだ。

 グーフィ・カフェ&ダイン

1831 Ala Moana Blvd., Ste.201 Honolulu

電話:808-943-0077

http://www.goofy-honolulu.com

営業:7:00~23:00 休み:なし

はたせいじゅん


  • 1957年東京生まれ。高校時代に放送業界入り。「スクランブルSMAP」「所さんの20世紀解体新書」「筋肉番付」「タモリの音楽は世界だ」等を手掛け、度重なるハワイ旅行の末にハワイ移住を決意。ハワイの最新情報を日本に配信している。近著に「ハワイ暮らし成功物語2」がある

PR


Facebook

  • エイ出版社Facebook