コーラルフィッシュ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

2010年6月17日 (木)

走行写真を受け取りました

先日お手伝いに行った
弊社のサーキット走行会『ライディングパーティ』

今回も写真撮影を担当していた
廣瀬カメラマンから写真をもらってきました。
3_3

……だいぶ、走り方、復活してきたような気がせえへん?(笑)

4年前にサーキット走行会に復活した時
ほんとに上手く身体が動かなくて
どうしようかと思ったものですが。

なにしろ、翌日、全身筋肉痛で起き上がれなかったほどです。

とはいえ、なにしろバイク雑誌から離れて12年。
レザースーツの中で膨れ上がったお腹も含め
無理ができるような状態ではありません(笑)
ので、タイヤが少し溶けて滑り始めたところで
ピットインするぐらいの分別はあります(笑)

まぁ、40代のオジサンですからね。

2_4

走るのは気持ちいい。
けど、昼食を食べると燃料タンクにお腹がつかえるし
身体は固いし、古傷は痛む。

ゆれるオジサン心なのであります。

3_4

まぁ、ともかくお手伝をさせてもらっている身なので
転ばないように注意しましょう。
お手伝が、ご迷惑になっては何にもなりませんから(笑)

2010年6月16日 (水)

車復活しました

とりあえず、先週末
クルマが復活しました。

クルマ屋さんにお借りしていた代車も返却して
やっとこ、いつものクルマに。
Photo_2
水周りのホースいろいろ、ウォーターポンプ周り
タイミングベルト関係、ラジエターファン
オイル、すべてのプラグとプラグコード
すべてのブレーキディスクと。ブレーキパッド
という大掛かりな修理になってしまったので、
お金かかった……(泣)

しかし、乗ると、エンジンの微震動も減っているし
スムーズな感じ。クルマ全体のしっとり感が増したような気がします。
ブレーキはまだパッドとディスクの当たりが出てないから
思ったより止まらなくてちょっと怖い(笑)

なおかつ、ミッションには手を付けていないので
ここが壊れたら、本当に諦めないといけないかもしれません。

走行17万kmのクルマは
それなりにヨレヨレですから……。

なんとか、20万kmまで一緒にがんばりたいなぁと思っています。

2010年6月12日 (土)

本日はサーキット走行会なり

本日は、ライディングパーティという
弊社のバイク雑誌のサーキット走行会イベント。
袖ケ浦に最近新しくできたサーキット。

1

暑い一日だったけど
今日も
80人ぐらいの読者さんと一緒に
一日中サーキットを走れて、
たいへん楽しかったですよ。

2_4

往年の名ライダー宮城光さんとも
一緒に走れて幸せでした。

3_3

僕らが、大学時代に
全日本の500ccクラスというトップカテゴリーに
NSR500で出場されていた、スゴイ人なのですよ!

2010年5月27日 (木)

クルマが壊れた

クルマが壊れた。

冷却水が減るので
クルマ屋さんに持っていったら
「村上さん、これもうプラスチック部品とかが
 全体にグズグズですよ、ほら」
といって、クルマ屋さんが、グッと力を入れると
冷却水のリザーバーから来るホースのTジョイントが
ポッキリと折れて、冷却水と湯気がダーッと。

その場で動けなく
なってしまいました(泣)

Photo

いろんなところがグズグズで
安心して乗れるように完全に修理するとなると、
3ケタ万円に突入するという話で……。

そりゃ、6年オチ、5万kmの中古車を買って
そこから5年、12万km乗ったんだから
まぁしかたないですよね……。

ということで、全体を初公開。
こういうクルマでした。
2

北は仙台、南は姫路? いや、四国にも行ったっけ?
新潟や仙台や神戸に日帰りという強行軍も平気で耐えてくれました。
5年前だから、ちょうどコーラルフィッシュと同じ長さの付き合いだったのねん。

ワゴンだから、
あのずっと使っている90×60×45cmの
「ここが海になるんですよ」水槽と、キャビネットも
これに積んでもって帰りましたよ。

4駆なんで、雪でも雨でもへっちゃらでしたよ(泣)
Photo_2

とひとしきり別れを惜しんでいたら
なんだか、とりあえずの部品だけ直してもらって
まだ、しばらく走れることになりそう。

買い替えるお金もないしね〜(泣)
次のクルマを探して中古車屋さんをうろうろしようにも
クルマがないと行けないし。

もうちょっとだけがんばってね〜。

2010年4月 3日 (土)

コーラルフィッシュVol.25完成!

コーラルフィッシュVol.25、朝までに完成しました。
今回はDVDもあったし、いやー大変でした。
関係者のみなさんありがとうございました。
山本くんも、オザワさんもお疲れさまでした。

というわけで、今日は弊社の行事
ライディングパーティというサーキットの走行会。
Photo_5

今回はできたばっかりの
袖ケ浦フォレストレースウェイという新しいコース。
Photo_6

先導として呼ばれているんだけど
僕なんかいなくても十分豪華過ぎる面々です。
Photo_8
(わかる人には、えーっというメンツです)

集まって楽しむっていいですね。
Photo_9

S1000RRというバイク
本日発売だそうです。
すごかったですよ!
(あんまり恐ろしいので、レインモードで乗っていました
 ノーマルのまま筑波のSB(だけっけ?)に出て59秒が出たらしいです)
Photo_10

2009年7月22日 (水)

ライディングパーティ走行写真

カメラマンの廣瀬さんが、
仕事(エントラントの方の走行写真を撮る)の合間に
僕の写真も撮ってくれていました。

ニューヘルメット
ツナギとの色のマッチングも良くて
かなり気に入ってます。
1
バイクはCBR1000RR ABS

BMWのHP2 SPORT
2

カメラで撮ってくれているのに気がついて
がんばって走っているフリをしているところ(笑)
3

しかし、やっぱりバイクは寝てないし
フォームもなんだかカッコ悪いなぁ……(泣)
もっとひんぱんに走らないとダメですね。
まだ筋肉痛だし(^_^;)
4_2

ニューヘルメットはホールド感がすごくて
以前のRX-7RRより軽い感じがした。
数字上はもうあんまり変わらないんでしょうけど。

風で振られる感じは意識してみたけど
それほど感じなかった。
フラップ調整してみるほど余裕なかったんですが(笑)

あ、それと涼しさは増してました。
かなり空気の抜けはよくなっているみたいですね。

2009年7月21日 (火)

ライディングパーティまとめ

なんで、コーラルフィッシュのブログに
バイク趣味の話が出てくるのか意味わからん
とおっしゃる方は大勢いらっしゃると思うのだけど……。

すでにこのブログがライフログと化していたり
いろんな趣味には共通だったり、参考になったり
するような気がするという思いだったり、
そもそも書かずにはいられない性格だからだったり
まぁ、いろいろあるわけです。

というわけでニューヘルメットの出番です。
アライさん、ありがとうございますm(_ _)m
1

走行終了後の感じですが
被るとこんな感じ。
2
自分を客観的に見る機会はあまりないのですが
意外とツナギ、地味なのね……。

実は今日、朝の9時から夕方の17時まで
ほとんど休みなく走っていたので、
実はあんまり写真がないのですね。
いや、暑くてほとんど耐久レースみたいでした。
(日々バイクに乗っていない人間としては)

というわけで、
こんなバイクがありました的写真を……。
3
KTMさんのブースにGIVES YOU WINGSな感じで。

こちらは、ビモータのDB7
4
奥はdb5の、弊社ライダースクラブ竹田津編集長仕様。
(たしか、同仕様のものを400万円で、うちの会社で売ったはずです)
以前、db5には乗せていただきましたが
僕のようにタマにバイクに乗る人間にとっては
なかなか乗りこなすのが難しい(おそらくそこが面白い)
バイクでした。

これもインパクトのあるBMW HP2 SPORT。
5
BMWの最新フラットツインをDOHC化して
スポーツバイクとしてのパッケージにまとめたもので
なんと400万円……。
乗せてもらいましたが、本当に趣味っぽいバイクです。
欲しいバイクがまたひとつ増えたかも。
(もっとも、限定販売でもう買えないハズです)
とはいえ、参加者の方がお持ちになったのも含め
会場には7〜8台あったかも……(^_^;)

最後の記念写真。
毎回、言いますがこれだけの趣味人が
集まって何かをするパワーってすごい。
なにしろ、多分平均で200万円以上するバイクが
200台以上集まって、全開で走るんです。
転ぶリスクも十分あるのに……。

単純にかけ算すれば4億円のパワーですよ。
水槽の世界でも、こんなイベントができれば
不況なんて吹っ飛ばせるのに……。
なんかできればいいのに。

というわけで、2本ほど動画を。
(音がでます)


こんな感じのイベントです。


あと、ブロガーとしては
どうしても見逃せなかった1カット。
かなりのスクープ映像なんですが、
ここに貼っても、誰も分からないから
問題にはならないか?
7
日本初公開の、すんごいものなんだけどなぁ……。

2009年7月20日 (月)

閉会



お片づけなう

2009年7月13日 (月)

新しヘルメット♪——2

うれしいので、
もう何カットか(^_^)

最新のレース用のヘルメットRX-7RR5なので
最高に軽くて最高に強度がある
最高品質のヘルメットであります。
もう、これも5世代目なのね〜。
moto GPのトップレーサーがかぶっているものと
基本的には同じものですし
F1ドライバーがかぶっているのも
大きくは変わらない素材&クオリティのはずです。
(窓のくりぬきが、F1ドライバーのは上下が狭い
 クルマ専用のもので、仕様としては違いますが)

突っ込んだ話をすると、
FRP部分が全体に均質で、高強度であることが
大切なんですよね。弱い部分があると
ピンポイントでそこから壊れるので。
あとは、中の発泡スチロールの部分が
あたまとの距離が均質にあること。

アライさんの場合は、発泡密度を変えて
正面は強い衝撃に耐えるように
後面は吸収性がいいように作られているハズです。

以前、アライさんの工場やテスト現場を取材させていただいた
僕としては、バイクに乗るなら、
たえそれがスクーターで100m走るだけでも
アライのヘルメットを被って走る。
そのぐらい、アライさんのヘルメットを信頼してます。

てなわけで、そのアライヘルメットの
最新のフラッグシップRX-7RR5の
頭頂部のエアデュフューザーです。
New2_2
僕が、昔知っていたものより
だいぶ凝った構造になっています。

最後部にはフラップが付いてます。
ウチのボスによると
「ストレートエンド、320km/hで身体を起こした時に
 以前だと、左右にグラグラしてたのが
 安定するようになった」
ということですが、
さすがに、そのスピードは僕には関係ありません(^_^)
New3

ちなみに、コーラルフィッシュとRIDERS CLUB(僕がもといたバイク雑誌)
のダブルネーム(笑)
New4

色違いのバリエーションも用意いただきました。
New5
プレーンな赤白です。

前に使っていたブルーと3個並べて。
ブルーのは退役ですね。
お疲れさまでした。
New6

旧型と被り較べると
新型の方が被るのは大変って思うぐらい
入り口のホールド感が高まっています。
いったん被るとよりしっかりホールドされている感じがしますが
被ってしまうとキツくはありません。


どの色がお好みですか?New7

2009年7月11日 (土)

新しいヘルメット♪——1

以前、アライヘルメットさんに行ってきたという
エントリーを書きました。
Arai

バイク雑誌時代には
アライヘルメットさんにヘルメットをご提供いただいていました。
Photo
雑誌のテストライダーは誌面に出るので
宣伝効果ということになるのですが
オリジナルカラーで塗ってもらっていたのです。

750sf
ヘルメットはバイク乗りの顔ということで
自分のオリジナルの色で作りたくて
学生時代には、市販のヘルメットに
自分で白いストライプを入れて
かぶっていました。

バイク雑誌で仕事をするようになって
アライヘルメットさんでヘルメットを塗ってもらえるように
なった時の、うれしかったこと!

で、時は移り、今やバイク雑誌を作ってはいないのですが
時折り、弊社のイベントでサーキットを走る先導走行の仕事をしています。

考えてみれば、バイク雑誌チームでなくなってから早10年。
ヘルメットも10年前のものということになります。

そりゃ、いくらなんでもチョット危険なんではないか?
……ということで、アライヘルメットさんに
新しいヘルメットを塗っていただけるように
お願いに行ってたんですね……。

というわけで、でき上がってきました
ニューヘルメット!!

うれしい♪

New1

これまで、色にはいくつかバリエーションがあったのですが
こんどは、キャンディーレッドです。

Supported by


  • コーラルフィッシュ オススメ 海水魚とリクガメのお店ARUのブログ 詳しくはコチラ

    コーラルフィッシュ オススメ 商品「カーリー駆除剤」詳しくはコチラ


CORAL NEWS

  • コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS! DVD詳細を見る

    コーラルライブラリ「クサビライシのコマ撮り動画」を見る

水槽日記 on the webとは?

  • エイ出版社の海水魚飼育専門誌『コーラルフィッシュ』(偶数月 20日発売)編集長のblog。 誌面の自宅水槽に関する連載『水槽日記』のblog版のつもりでしたが、もっと幅広く、日常の話から、取材の裏話、デジタルガジェット、バイクやクルマの話など。いろんな趣味を横断的に共有しています。僕自身は魚の飼育についてはシロウトなので、飼育方法に関する質問には責任をもって答える能力はありません。ご了承を(笑)。TwitterでもさらにHOTな話題を情報発信しています。アカウントは@ei_coralfish。ぜひフォローして下さい。

このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




コーラルフィッシュ編集部

  • 村上タクタ

    村上琢太。'92年入社以来、趣味誌編集ひと筋。'03年末から海水魚を飼い始め、いきなり深みにハマり、現在もサンゴ水槽を中心に自宅自室でも2系統計600ℓほどの水槽を回す……が、未だ初心者の域を出ず。'04年春からコーラルフィッシュの前身となるシリーズを創刊。海水魚を多くの人が楽しめる環境を整える情報を提供するのが使命だとおもっている。今、ロックビューティ、スミレ、ベラの仲間とミドリイシ、小さな魚食魚などを偏愛。他の趣味についても、好みの偏る傾向あり。

PR