コーラルフィッシュ最新号案内

エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020


« 最後の水槽日記 1 | メイン | タクタ水槽のサンゴの引き取り、19日に »

2018年4月24日 (火)

最後の水槽日記2

最後の水槽日記1の続きです。

そんなわけで、この水槽を回し始めてから14年。ほぼ状態に変化がないようになってから7年、水槽は順調に回っていました。

めちゃくちゃきれいな水槽というわけではありませんが、シャコガイやミドリイシが飼い続けられるコンディションではありました。
Img_8541

たまにトラブルもありました。リアクターのメディアが足りなくなったり、CO2が足りなくなって、慌てて買いに行った事もありますし、スキマーのポンプや、メインポンプが壊れて、慌ててて買った事もあります。配管がカルシウムなどで詰ってきて、メインの配管をやり直したりもしました。

夏は、水槽用クーラーのパフォーマンスが心配なので、最近は部屋のクーラーも併用して、部屋も20度ぐらいに下げて維持していました。

が、子供たちも大きくなって、部屋も手狭になりましたし、進学のためにお金も必要になって、もうこれ以上、水槽を続けるのは難しくなってきました。僕が水槽などのために部屋をひとつ占有しているので、娘と息子に別々の部屋を与えることができないまま、ここまで来てしまいました。さすがにいろいろ限界です。

そんな折りにトラブルが起りました。

1月の下旬。大雪が降った日です。

Img_0023

苦労して家に帰って異変に気がつきました。

水槽の水温がめちゃくちゃ下がってます。そして、サンプの水温がめちゃくちゃ上がってます。

計ってみると水槽16度、サンプ40度。

ウチの水槽は、センサーは水槽用クーラー内にあるので、循環が止まってしまうとヒーターはサンプを暖め続けてしまいます。

いろんなところをチェックしましたが、どうやら水槽用クーラー内で配管が詰っているようです。

最寄りのショップARUの青木君に相談していろいろ考えました。

最初は、とにかくもう大崩壊だから、水槽はやめるから水槽ごと引き取ってもらおうと思いました。が、互いのスケジュールが合わず、このまま腐敗させてしまうわけにもいかないので、応急処置をすることにしました。配管を買ってきて、メインポンプから水槽を直結にしました。つまりクーラーを外している状態にしたのです。そして、ARUから、ヒーターとセンサーを借りてきて、とりあえず動く状態にしました。

水温が低水温、高水温になっていたので、水槽側の生体は低水温で厳しい感じになっていますし、サンプ側の水のバクテリアはとりあえず壊滅でしょう。とはいえ、換水をすぐに出来る状態にはないので、そのめちゃくちゃな水温の水をとりあえず回し(真冬なので放置するとどんどん水温が下がります)、その間に水を溜めて、大量換水します。

Img_0170

数日して、ダメになった生体と、生き残りそうな生体が分かれてきました。

僕が一番、水槽をやめられない理由だった、500円玉サイズから育てたシャコガイはダメになってしまいました。身が収縮して、崩れはじめました。このまま、水槽の中で腐敗すると、大変なことになるので、これは涙を飲んで水槽から出しました。

Img_0173
カクレクマノミも見当たらなくなりました。低水温に耐えられなくなったようです。エダイボコモンや、トゲサンゴもダメになりました。

対して、アフリカンピグミーエンゼル、ミドリイシ、グリセリアコモン、ノウサンゴ、ウィスカーズコーラル、シコロサンゴ、タコアシサンゴブランチ、スターポリプなどは生き残りそうでした。

スリバチサンゴやコモンサンゴは微妙な状態……。

Img_0169


最初は『もうダメだ! この機会に水槽をやめよう……』と思っていましたが、換水をして水槽を回していると、いろいろと持ち直してきます。

昔、あんなに飼うのが難しかったミドリイシが、こんな状態になってもへこたれずに頑張ってくれているのには驚きました。一度、バクテリアが安定して回り始めた水槽は、こんなにも安定性が高いのかと驚きました。

2カ月もしたら、水槽全体としては元のコンディションを取り戻し、サンゴたちは自己修復を始めています。

これが今の状況です。

Img_9082

正直、復活しているサンゴを見ていると、このまま飼育を続けたい気持ちはあります。

しかし、クーラーは詰ったままですし、12年使ったクーラーですから、修理にもお金はかかるでしょう。正直、買い替えないといけないと思います。また、子供たちのために、場所を明け渡さなければならないという状況も変わりません。資金の問題もあります。

というわけで、やはり暑くなる前、クーラーが必要になる前に水槽を閉じようと思います。

そこで、ここにいる魚とサンゴを引き取っていただける方を募集します。

といっても、梱包材があるわけもないし、パッキングができるわけでもないので、基本的にはバケツでも持って、横浜市都筑区の私の自宅に取りに来て下さる方にとさせていただきたいと思います。

まぁ、普通、こんなに飼い古した生体を欲しい方がいらっしゃるとはあまり思えないのですが、コーラルフィッシュの記念品だと思って、引き取って下さる方、いらっしゃらないでしょうか?

アフリカンピグミーエンゼルとミドリイシ、ウィスカーズコーラルは、できればずっと飼い続けられる環境の方に譲りたいです。
Img_4972
グリセリアコモン、ノウサンゴ、シコロサンゴ、タコアシサンゴブランチ、スターポリプなどは、「チャレンジしたい!」という方でもかまいません。コモンサンゴやスリバチサンゴは、だいぶダメージを受けていて、復活途中ですが、現状、マダラな状態です。

Img_0280

Img_9916
よろしくご検討のほどお願いします。

ご希望の方は、コメント欄にか、メール、Twitterなどでご連絡いただければと思います。よろしくお願いします。

複数の方からご連絡をいただいた場合、なるべくこちらの手間の少ない方、近しい方を優先させていただく方向で、検討させていただきたいと思います。勝手を言ってすいませんが……。



(村上タクタ)


コメント

コーラルフィッシュは、創刊号からずっと
購読していました。 
休刊は残念でしたねえ。 
結局、海水魚を飼うことはありませんでした。 
飼いたいという気持ちは今もありますけど、
淡水魚で手一杯というか (´ω`;) 
タクタさんが水槽を閉じられるということで
ひと言伝えたくてコメントいたしました。 
長い間お疲れさまでした♪

>猫丸☆さん

ありがとうございます!
そんな風に言っていただくと大変嬉しいです。

私にとっても、コーラルフィッシュは自分で立ち上げた本であり、海水魚とサンゴの飼育を理解していただくために大変有用な情報をとりまとめた本としてお役にたったと思っており、たいへん大切な本です。

楽しんでいただけたというお話、とてもうれしいです。

ツイッターの方にもコメント残させていただきましたが、もしご迷惑でなければ引き継がせていただけると幸いです。
距離的にもさほど遠い距離ではないので、伺うことは全然問題なく可能です。m(_ _)m
ご検討ください。

コーラルフィッシュ、初刊から読んでいました。
311の地震ではうちの水槽は完全崩壊でしたが、それでも復活させてやっていました。
コーラルフィッシュの記事に刺激され、各地のショップを巡りました。
そして何よりも、タクタさんご自身が水槽を回しているという、編集者にして責任のある行為に感銘を受けていました。

うちは程なく次男が生まれ、水槽を回す余裕ができなくなったので辞めることになりましたが、つい最近再開しました。

コーラルタウンの小沼店長とも2年ぶりに再開し、やはりやめられないねという話になりました。

というわけで、水槽は大きくありませんが、もし引き取り手が足りないようであれば私も候補に入れていただけませんでしょうか。

つくば市からですし、圏央道とかも繋がったので取りにお伺いすることができます。

ご一考いただければ幸いです。

こんにちわ。
Twitterの方でお見かけしてからブログの方を一読させていただきました。海水魚飼育は長くやっていて、最近サンゴ飼育にも挑戦し始めたところです。もし良ければ村上さんのサンゴを引き取らせて頂けたらと思います。自分は横浜市青葉区に住んでいるので気軽に伺えると思います。ご検討お願いします。

わー! みなさん、ありがとうございます!

あと、数日みなさんに読んでいただいて、その後どうするか決めたいと思います。本当にありがとうございます!

はじめまして
海水歴3年ほどのまだまだ初心者です
コーラルフィッシュも数冊ですが所有しており、飼育の参考にさせてもらってます。
この度水槽を辞められるとのことで、とても残念ですが仕方ないことですよね...
サンゴの方ですが、家も割と近所なので引き取りの候補にいれて頂ければなと思います
あまり水槽も大きくないのでソフトかLPSを少しになってしまいますが、雑誌の一ファンとして記念に受け継げたら光栄です。
よろしくお願いします。

いつもブログを読ませていただきました。本も初期のムックから読ませていただきました。しかし、書き込みさせていただくのは今回が初めてでした。

水槽をたたんでしまわれるということ、本当に残念です。都内ではありませんが関東在住ですので、元読者として引き続き育てていけたらと思います、よろしくお願いいたします。

なるほどいろいろ葛藤されたのですね。
以前投稿させて頂いた頃、mactopiaを担当しており海水魚、mac、バイクと共通点が多くドコか仕事でご一緒させてもらうのが夢と投稿させて頂いておりました。※私はそれぞれ浅ーい感じですがw
その後もtabroidなど実は近いところで仕事することもありFBも共通の友達が何人かいてドコかでその内お会いし、海水魚話をできたらなーと思いながら結局お会いすることなく転職してしまいました。
今年私も子供が産まれ引っ越しをし、水槽を手放すか葛藤をしてなんとか続けることを決めて久々に生体を追加したりしたタイミングでのことでしたので相変わらず勝手に親近感を感じてしまいましたw
魚とソフトコーラル中心の水槽ですからあまりお役に立てないかもしれませんがそのあたりの生体でお困りでしたらお声がけください。
…でもやはりタクタさんファンとしては小型水槽でもやってて欲しいと思ったりします。すみませんw

>JTCさん
>Junさん
>エイトさん
>ぬまえびさん
>あつまささん
>majinさん

ご連絡ありがとうございます。
こんなにいろんな方に引き取っていただけるとは思ってなくて、連絡方法をちゃんと考えてませんでした。

5月の19日か20日の、みなさんのご都合のいい日に一斉に集まっていただいて、持って行っていただこうかと思います。

でないと、早いもの勝ちになって、あとは残骸になってしまいますし(汗)

こことTwitterと両方でご返事いただいているので、統一してメールでやりとりさせていただきたいので、takuta@ei-publishing.co.jp まで、『サンゴ引き取り希望』というタイトルで、19日と20日のご都合を下さい。追って、私の住所と日程、集合時間などをご連絡します。

来週月曜(14日)に、どちらの日にするか最終決定したいと思います。

残念ながら、19日も20日も難しそうです、また出張もあり、難しくなりました。申し訳ないです。私は参加できませんでしたが、このような機会を頂いたこと感謝申し上げます。

>あつまささん

あらあら残念。

スタポとか、コモンサンゴ、シコロサンゴなら、大量にあるので、割って取っておいてもいいですよ。良かったら、メール下さい。

コメントを投稿

Supported by


  • コーラルフィッシュ オススメ 海水魚とリクガメのお店ARUのブログ 詳しくはコチラ

    コーラルフィッシュ オススメ 商品「カーリー駆除剤」詳しくはコチラ


CORAL NEWS

  • コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS! DVD詳細を見る

    コーラルライブラリ「クサビライシのコマ撮り動画」を見る

水槽日記 on the webとは?

  • エイ出版社の海水魚飼育専門誌『コーラルフィッシュ』(偶数月 20日発売)編集長のblog。 誌面の自宅水槽に関する連載『水槽日記』のblog版のつもりでしたが、もっと幅広く、日常の話から、取材の裏話、デジタルガジェット、バイクやクルマの話など。いろんな趣味を横断的に共有しています。僕自身は魚の飼育についてはシロウトなので、飼育方法に関する質問には責任をもって答える能力はありません。ご了承を(笑)。TwitterでもさらにHOTな話題を情報発信しています。アカウントは@ei_coralfish。ぜひフォローして下さい。

このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




コーラルフィッシュ編集部

  • 村上タクタ

    村上琢太。'92年入社以来、趣味誌編集ひと筋。'03年末から海水魚を飼い始め、いきなり深みにハマり、現在もサンゴ水槽を中心に自宅自室でも2系統計600ℓほどの水槽を回す……が、未だ初心者の域を出ず。'04年春からコーラルフィッシュの前身となるシリーズを創刊。海水魚を多くの人が楽しめる環境を整える情報を提供するのが使命だとおもっている。今、ロックビューティ、スミレ、ベラの仲間とミドリイシ、小さな魚食魚などを偏愛。他の趣味についても、好みの偏る傾向あり。

PR