コーラルフィッシュ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« ウミウシピンチ!? 何やってるの? | メイン | アクアリストがオリンパスTG-4を使うべき、たったひとつの明確な理由 #TG-4 »

2016年5月21日 (土)

11年を越えて回っている、自宅水槽を公開

『コーラルフィッシュ』はお休みしていますが、いつか復活する時のために自宅の水槽は回しています。ご記憶でしょうか? 『水槽日記』として、ずっと連載してきた、我が家の水槽を。搬入した時に子供たちを入れて写真を撮っていた水槽です。あの時が2004年の年末ですから、11年以上が経っているわけです。

あの時1歳と4歳で、水槽に入るほど小さかった子供たちは、それぞれ高校生、中学生になっているわけですから、そりゃ年月も過ぎようというわけです。

自宅の水槽は、たまに水換えして回し続けてますが、これだけの年月となると極力コストもかけられないので、魚を1匹だけにして、サンゴメインで無給餌で運用しています。エサさえやらなければ、水換えは3カ月に1回ぐらいで大丈夫なものです。

Dsc04112
ミドリイシ、コモンサンゴ、トゲサンゴ、ノウサンゴ、シコロサンゴ、ウィスカーズコーラル、キッカサンゴ……などは、いずれもコーラルフィッシュが休刊になって以来、この水槽で5年以上生き続けているサンゴばかり。

Dsc04114_2

このコモンサンゴなどは広がり過ぎて、ガラス面を覆いつつある。

また、シャコガイは500円玉サイズだったのに、ハンドボールサイズにまで成長している。

Dsc04115_5

もうちょっと、手間をかけてきれいにしてやれるといいのだが、ここまで「なんとか維持している」というのが実態。実際、破滅的なトラブルを起こさずに、よくここまで維持できたものです。

給餌はせず、水換えの頻度は低いとはいえ、水槽のコンディションは観察し続けている。もっともサンゴが調子を崩しはじめてから気が付くので、ミドリイシなどは何度もダメになりそうになっての復活を繰り返しているが。

リアクターのメディアが減り過ぎたり、CO2を切らしたり……。水流ポンプは幾度となく交換しているし、メインポンプ、スキマーのポンプ、カルシウムリアクターのポンプも、それぞれ1度ずつ壊れて、交換している。

唯一の救いは、水槽用クーラーが壊れていないことで、これが壊れて温度維持できなくなっていたら、破滅的な崩壊が訪れていたかもしれない。ゼンスイのZC-1000は優秀だ。

とはいえ、破滅が怖いので、最近は夏が来たら部屋のクーラー付けっぱなしで、窓を閉め切る作戦に出ている。私はそれほど家にいないし、私の部屋には他の人間は入らないので、完全に閉め切り運用。もはや鑑賞とは程遠い世界だが、ともかくこの小宇宙は維持されてきた。

唯一の住人である、アフリカンピグミーエンゼル。

Dsc04121_2

無給餌なので、人に慣れておらず(笑)、私が水槽に近付くと隠れてしまう(笑)が、この魚も5年以上この水槽で飼育している。

世間の方の美しい水槽に比べると、まぁ、小汚いわけだが、それでも継続は力なり。いく多のトラブルを乗り越えて、続けられていることをうれしく思う。この水槽があるから、ここから水を持っていったり、生体を一時保存したりして、新しい本のための撮影用水槽が運用できるのだ。

コメント

非常にお久しぶりです。覚えてらっしゃるでしょうか?ピョン吉吉です。
京都駅前のお寺でザリガニ釣りの話で盛り上がったヤツですよ。

そう!この水槽のその後が見たかった〜。
まさかあのアフリカンピグミーがご存命だったとは。。

それより水槽に入ったあのお子様が高校生ってどうよ。。
一番成長したかな(爆)

また楽しいお話を聞かせてくださいね。

コメントを投稿

Supported by


  • コーラルフィッシュ オススメ 海水魚とリクガメのお店ARUのブログ 詳しくはコチラ

    コーラルフィッシュ オススメ 商品「カーリー駆除剤」詳しくはコチラ


CORAL NEWS

  • コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS!DVD詳細を見る

    コーラルNEWS! DVD詳細を見る

    コーラルライブラリ「クサビライシのコマ撮り動画」を見る

水槽日記 on the webとは?

  • エイ出版社の海水魚飼育専門誌『コーラルフィッシュ』(偶数月 20日発売)編集長のblog。 誌面の自宅水槽に関する連載『水槽日記』のblog版のつもりでしたが、もっと幅広く、日常の話から、取材の裏話、デジタルガジェット、バイクやクルマの話など。いろんな趣味を横断的に共有しています。僕自身は魚の飼育についてはシロウトなので、飼育方法に関する質問には責任をもって答える能力はありません。ご了承を(笑)。TwitterでもさらにHOTな話題を情報発信しています。アカウントは@ei_coralfish。ぜひフォローして下さい。

このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




コーラルフィッシュ編集部

  • 村上タクタ

    村上琢太。'92年入社以来、趣味誌編集ひと筋。'03年末から海水魚を飼い始め、いきなり深みにハマり、現在もサンゴ水槽を中心に自宅自室でも2系統計600ℓほどの水槽を回す……が、未だ初心者の域を出ず。'04年春からコーラルフィッシュの前身となるシリーズを創刊。海水魚を多くの人が楽しめる環境を整える情報を提供するのが使命だとおもっている。今、ロックビューティ、スミレ、ベラの仲間とミドリイシ、小さな魚食魚などを偏愛。他の趣味についても、好みの偏る傾向あり。

PR