person

2013年1月24日 (木)

ベルリンにて

Cimg2656

右側に立つのはご存知ナイジェル・ケーボン氏。

底抜けな明るさを持ったオチャメなイギリス人です。

そして、ナイジェル氏の横に立つロマンスグレーの日本人は……。

我々のボス。弊社代表取締役社長の角謙二でございます。

皆様、お見知りおきを。

社長の悩みは「身体に合う服がない」こと。

体型はモンゴロイドの標準を大幅に逸脱しております。

とにかく腕が長い。

海外でしか服が買えないのです。

で、ベルリンにて。

14oz.というセレクトショップの地下にある、ナイジェルケーボンのショップインショップで

ナイジェル氏にみずから接客していただき、ピッタリのジャケットを購入。

どうです? 袖ぴったりです。

ここの服、サイズレンジが凄く広いんです。ジャケットも46,48,50,52,54,56……って揃ってるんですから。もっと上もあるのかな?

パターンを引くのも大変でしょうけど、在庫を持つショップも大変ですよね。

2012年2月28日 (火)

Eyewear designer

10年ほど前に知り合って、年に数回、酒を飲む友人・カネコ氏。

彼はメガネのデザイナー。以前は大手メーカーで人気ブランドを担当していたが

現在は独立して、アパレルブランドのメガネを数多く手掛けるフリーのデザイナーだ。

Img_0305そろそろ自分のブランドでも立ち上げるのではないか? と思って酒に誘った。およそ一年ぶりの席。話はセルロイドで盛り上がる。セルロイドの良さは頑丈さと艶。磨けば磨くほど艶が出る。しかし、現在はセルロイドを磨く腕の良い職人があまり残っていないのだとか。頑丈さについては卓球の球は100%セルロイドだと伝えておけば、その強さを説明するには十分だろう。艶についてはまだまだ勉強したいことが多い。「レザーに似ている」という氏の言葉の意味をもう少し詳しく知りたい。

セルロイドのメガネ、私も愛用しているが、閉じるときの音が素晴らしい。

そして、次号で紹介するために借りてきた一本がこちら。

Img_0298 詳細は次号で。

CLUTCH最新号

CLUTCH関連本

CLUTCHweb公式サイト

  •     時代を超え、国境を超える世界基準のモノと人。[クラッチ・マガジン]

CONRAD LEACH公式サイト

  • CONRAD LEACH公式サイト

CLUTCH Facebook


Lightning&2nd関連情報

  • ライトニングオリジナルグッズ

PR




エイ出版社刊行物のアートディレクションを行うデザイン会社 ピークスの新卒採用




エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画