« 2015年5月 | メイン | 2015年10月 »

2015年8月

2015年8月23日 (日)

WEST AMERICA TOUR IN 2015 SUMMER

サンフランシスコ→スポーケン→コーダレーン→ラスベガス→ロサンジェルスと

アメリカ西海岸をあっちこっち回っている今回の出張。

P8172626

個人的な目玉イベントのひとつはロサンジェルス~ラスベガス間の超ロングドライブです。

P8172647_2

P8212667



2014年2月にラスベガスを訪れた時も爆走しましたが、今回は帰り道のルートを変えてデスバレー(DEATH VALLEYと書く)経由でGO!
ただただ続く1本道と広大な砂漠の風景、何度見ても感激です。

P8212739

P8212726

P8212771


しかし暑い。未経験の気温。ペットボトルの水はあっという間にお湯に。

P8212664_2

蜃気楼も撮れました! 前方の地面に発生しています。

嗚呼そこにあるように見えて、あるはずのないオアシスよ……。

P8212712_4

渾身のギャルポーズも繰り出しつつ。

しかも今回はレア?動物にも遭遇しました。以下ネバダ州&カリフォルニア州で出会った動物図鑑

P8212685

P8212699

P8212770

西海岸ツアーも気づけばいよいよ終盤戦、というかもう明日1日しかない……。

2015年8月 3日 (月)

ロンドン後記その2

スナップに続いて、ロンドン番外編を。

今月号の取材のため、チーム・クラッチはロンドンを歩き回りました。

いくつになってもわんぱくな私たちは、全日程、食事も思う存分楽しみました。

ロンドンに食のイメージはあまりないかもしれませんが、

そんなことはなく、オシャレなインテリアのカフェやレストランが多数。

きゃっきゃできます。

たまに、日本食が恋しくなれば、松島"ATSU"編集長も大満足の旨い和食が食べられます。

というわけで、ロンドン珍道中の食レポです。

THE BREAKFAST CLUB

P1011605

P1011616

11 Southwark Street, London SE1 1RQ

http://www.thebreakfastclubcafes.com

↑ウェブサイトも面白い!  ロンドンブリッジ店の他、8店舗展開。出張の時ぐらいは、朝ごはんしっかり食べます。

WRIGHT BROTHERS

P1011705

P1011708

8a Lamb Street, Old Spitalfields Market, London E1 6EA http://www.thewrightbrothers.co.uk/

レストラン独自の漁業場で採れたカキだそうです。うまー

SKETCH

P1012010

P1012009

P1012013

P1012020

9 conduit streetlondon W1S 2XG

https://sketch.london

10年以上話題をかっさらっているというロンドン中心部のレストラン。 いくつかコンセプトに分かれて部屋がデザインされています。メニューも手が込んでる! お手洗いが近未来風。

TONKOTSU EAST

P1012056

P1012064

P1012054

Arch 334 1a Dunston Street London E8 4EB

http://tonkotsu.co.uk

すみません、私たち、ラーメン食べないと生きていけないので……。

ロンドナーたち御用達のラーメン店で、味は日本に劣らないおいしさ!

サイドメニューの一押しは唐揚げ。3皿は食べれる。

BARNACLES BEACH CAFE

P1011939

P1011933

Pendine,, Pendine SA33 4PA, Wales

ロンドンを飛び出し、ウェールズはペンダインサンズで開催されたホットロッドカーレースの時に。 レースの撮影に夢中になり、閉店ぎりぎり滑り込み。爽やかさ1000%

東京すき焼き亭

P1011958

P1011944

85 Sloane Avenue | South Kensington, London SW3 3DX http://www.tokyosukiyakitei.com/

すみません、私たち肉食べないと生きていけないので……。

ハイストリートらしく、店内がモダン。サービスも抜群。もちろん肉もうまい。

そんな感じのロンドンの食事でした~!

CLUTCH vol.42はイギリス特集

発売中のクラッチマガジン最新号では

現地取材に日本国内取材に、

ヴィンテージにショップにヒトに車にバイクに、

コアなイギリスを詰め込みました。

Fotor_143841806786629 

滞在中はとにかく写真をそこかしこで撮ったので、番外編をお送りします。

まずはロンドンに到着して早々向かった、クラッチ×メンズファイル合本第4弾記念のローンチパーティ。@BOLT http://www.boltlondon.com/

本誌で紹介しきれなかったクラッチガイズをどうぞ。

Img_9783

Img_9796

Img_9829

Img_9840

Img_9846

Img_9860

Img_9883

Img_9885

Img_9890

Img_9748 この自転車は、英国のバイシクルブランドPashleyのもので、

本誌P78~でも紹介しています。

Img_9902

Img_9869 最後は西海岸スタイルで登場したNick編集長。

最近はキャップにはまっているようです。

Img_9670

Img_9814 今の季節、夜の9時くらいまでは明るいロンドン。

ビール片手にわいわい、パーティは大盛況でした。

本誌のほうもよろしくどうぞ!

CLUTCH最新号

CLUTCH関連本

CLUTCHweb公式サイト

  •     時代を超え、国境を超える世界基準のモノと人。[クラッチ・マガジン]

CONRAD LEACH公式サイト

  • CONRAD LEACH公式サイト

CLUTCH Facebook


Lightning&2nd関連情報

  • ライトニングオリジナルグッズ

PR




エイ出版社刊行物のアートディレクションを行うデザイン会社 ピークスの新卒採用




エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020