春祭り前夜祭の申し込みに関して

みなさんこんにちは。

現在発売中のBikeJIN4月号26ページにて

BikeJIN春祭りの前夜祭の告知をしていますが、

参加申し込みのリンク先に間違いがありました。

正しくはこちらになります。

http://bit.ly/1LYZh7q

上記リンクより、前夜祭の申し込みをお願いします!!

 

 

最新の投稿
recent entry

2015年3月27日 (金)

ケーシー・ストーナーが2015年の鈴鹿8耐に参戦

株式会社ホンダ・レーシング(HRC)は、2007年と2011年の2度にわたるMotoGPチャンピオン獲得経験を持つケーシー・ストーナー選手が、「2015 FIM 世界耐久選手権シリーズ第2戦“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会」(決勝7月26日<日>以下、鈴鹿8耐)に参戦することを発表した。

ストーナー選手は、ホンダマシンで2013年と2014年の鈴鹿8耐を連覇している「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT HARC-PRO)」から参戦。ライダー3名体制となり、チームメートは、スーパーバイク世界選手権に参戦しているマイケル・ファン・デル・マーク選手と、全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦し、HRCテストライダーも務める高橋巧選手となる。

鈴鹿8耐は、1チーム2~3名のライダーで8時間を走行する耐久レースで、ホンダCBR1000RRは、現在5連覇中。2015年は、6連覇を目指して臨むこととなる。

ストーナー選手は、今年初めにHRCとのテストライダー契約を更新し、1月にマレーシアのセパン・サーキットで行われたテストでは、鈴鹿8耐仕様のCBR1000RRで走行。エンジニアに貴重なフィードバックをもたらした。

なお、鈴鹿8耐に向けた合同テストは、第1回が7月7日(火)・8日(水)、第2回が7月14日(火)・15日(水)に行われ、ストーナー選手も参加する予定となっている。


●ケーシー・ストーナー選手のコメント
「今年初めにセパンでのテストに参加して以来、ホンダと鈴鹿8耐の参戦について話し合ってきました。ずっと出てみたいと思っていたレースですが、MotoGP時代はスケジュールの問題で不可能でしたから、今回の参戦が本当に楽しみです。8耐仕様のマシンは、MotoGPのものとは大きく異なりますが、私にとっては新たなチャレンジとなる良い機会です。また、チームメートとなるマイケル・ファン・デル・マーク選手は今季さらなる成長が期待され、高橋巧選手も8耐マシンでの参戦経験が豊富にあります。2人に多くのことを聞き、7月の本番に向けて準備しなければなりません。今はまず、レースに向けてしっかりとトレーニングをしたいと思います」

●株式会社ホンダ・レーシング取締役副社長・中本修平のコメント
「ケーシーがホンダのマシンで鈴鹿8耐に参戦してくれることを、とてもうれしく思います。彼のレースをまた見ることができるのはとても素晴らしいことですし、ケーシー自身も、きっと楽しんでくれるでしょう。今回、ファン・デル・マーク選手、高橋選手とともに、鈴鹿8耐を制するための強いチームを作ってくれました。3人がどんな活躍をするのか、ファンの皆様にとっても興味深いレースになると思っています」

●本田重樹 MuSASHi RT HARC-PRO監督のコメント
「今年、MuSASHi Racing Team HARC-PROは、鈴鹿8耐3連覇を目指します。2連覇を成し遂げたマイケル・ファン・デル・マーク選手、高橋巧選手というペアに加え、今年は力強い味方として、豊かな才能によって多くの成功を収めてきたケーシー・ストーナー選手を迎えることができました。ストーナー選手が持っているすべてのキャリア、ポテンシャル、そしてベテランスタッフで構成される我がチームの持つ8耐に関するすべてのノウハウを結集し、我々の夢が現実のものとなることを期待しています」

●高橋巧選手のコメント
「今年の8耐は、史上初となる同一チームで3連覇を狙うということで、私にとっても特別な意味を持っています。さらに、この8耐をストーナー選手と共に戦えると思うだけで、今から興奮しています。一方で、他のチームとも凌ぎを削ることとなり、簡単に勝てるとは思っていません。8時間という長丁場を少しでも速く、そしてミスなく走ることができるよう、少ないテストの機会を活用していきたいと思っています。8耐に応援に来ていただくファンの方々に、プロスポーツの凄さや緊迫感を肌で感じてもらえるよう、今年もベストを尽くします」

●マイケル・ファン・デル・マーク選手のコメント
「鈴鹿8耐は、モータースポーツファンにはもちろん、日本の皆さんにも特別なレースであり、出場を望んでも、それが叶うライダーは多くありません。また、ホンダにとって重要なレースであり、こうして再びCBR1000RRで参戦できることは光栄ですし、とても楽しみです。スーパーバイク世界選手権(WSB)に参戦しているため、スケジュールはかなり厳しくなりますが、鈴鹿で走るのはとても楽しいですし、そのために時間を割くのは苦になりません。マシンはWSBと異なりますが、乗りやすいので大きな問題ではありません。過去2大会では、最高のチームですばらしい経験ができたので、3連覇を成し遂げられれば本当にうれしいです」

2015年3月26日 (木)

東京モーターサイクルショーでサイン会あります!

こんにちは、中村です。

週末は東京モーターサイクルショーですね。今年もエイ出版社でブース出店します。で、毎年恒例ですが、弊社ブースでマヒトさんと多聞恵美さんのサイン会を行います。

3月28日(土)、29日(日)両日ともに

多聞恵美さん:13:00~13:30(予定)

マヒトさん:14:00~14:30(予定)

という形となります。

147h1

ぜひ、ブースに遊びに来てくださいね!

 

 

 

スズキ、二輪車ユーザーのコミュニケーションをサポートする「ツーリングメッセンジャー」を開発

Moto_news15032601_580スズキは、3月27日から29日まで東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターサイクルショー」に、二輪車ユーザー向けに開発中のiPhone(※1)用無料(※2)アプリケーション「ツーリングメッセンジャー」を参考出品すると発表した。

「ツーリングメッセンジャー」は、ツーリング参加者の「位置と状態」の表示や、他のライダーにも勧めたい場所などの情報発信に役立つアプリケーションである。ライダー同士のコミュニケーションを手軽に楽しくサポートすることで、二輪車ユーザーに新しい楽しさや便利さを提供する。


■「ツーリングメッセンジャー」の特長(※3)
●1.仲間の「位置と状態」が一目で分かる
・iPhone(※1)に搭載されている地図ソフトと連携した地図画面上でツーリングルートを設定し、事前登録した仲間をツーリングイベントに招待すると、参加者はツーリング中にお互いの現在地が表示され、「休憩中」や「道に迷った」などの自分の状態を示すアイコンメッセージ(「つぶやき」)を発信できる。

●2.全国のユーザーが残した「足あと」を閲覧可能
・ツーリング中に発見した絶景ポイントなど、他のライダーに勧めたい場所にアイコンメッセージ(「足あと」)を残すことで、全国のユーザーとの情報共有ができる。

●3.二輪車ユーザーの立場で考えた操作性
・ツーリングに特化したシンプルな画面は、ボタンを大きく表示するなど簡単な操作で「つぶやき」や「足あと」の発信を可能とすることで、グローブをしたままでも(※4)操作しやすい設計とした。


スズキは、東京モーターサイクルショーのスズキブース内に特設コーナーを設け、「ツーリングメッセンジャー」のデモンストレーションを行う。展示会場にて来場者から寄せられた意見を踏まえて開発を進め、今年の夏頃のサービス提供開始を予定している。


(※1)iPhoneはApple Inc.の商標です。
(※2)携帯電話の通信料金はお客様のご負担となります。
(※3)開発中の仕様につき、提供開始するまでに予告なく仕様変更となる場合があります。
(※4)通常のグローブではタッチパネルが反応しない可能性があります。スマートフォン操作対応グローブをご利用ください。

2015年3月23日 (月)

ハーレーダビッドソン、試乗・展示・商談イベント「RIDE ON TOUR in 大阪」を4月18・19日に開催

ハーレーダビッドソンは、免許をお持ちの方はもちろん、免許が無い方でも気軽にH-Dを体感いただける試乗・展示・商談イベント「RIDE ON TOUR in 大阪」を「大阪南港ATC」にて4月18・19日に開催する。

会場には最新2015年モデルをはじめ、新車、中古車、カスタム車等、約100台が集結し、ハーレーダビッドソンの世界を存分に体感することができる。

大型自動二輪MT免許所有の方には、 昨年10月4日に発売になった最新2015年モデルを会場周辺の一般公道で試乗できるのはもちろん、2月27日に新発売された次世代ライダーを刺激する話題のニューモデル「STREET 750」にも試乗することができる。

また、免許を所有していない方でも楽しめる体験プログラムとして、Harley-Davidson純正レザージャケットに身を包みH-Dとの記念写真が撮影できる「なりきりフォトコーナー」、大型自動二輪免許が無くてもエンジン始動からアクセルワーク、ギアチェンジまでの運転操作を実車で疑似走行体験ができる「ジャンプスタート」、フリーハンドで描くピンストライプアートを体験できる「ピンストライプコーナー」(有料)等々、各種体験プログラムを通じて、誰でもH-Dの世界感を身近に体験できる。


■RIDE ON TOUR in 大阪
●開催日時
2015/04/18(土)~04/19(日) 10:00~17:00

●開催場所
大阪南港ATC(〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10)
※ペットの入場は不可となります(盲導犬などの介助犬を除く)

●イベント内容
○試乗会
公道を走行いたします
※「STREET 750」にも試乗いただけます
※日本国内発行の大型自動二輪MT免許をお持ちの方のみ
※胸部プロテクター装着必須(貸し出し品あり)
※ヘルメットやグローブをお持ちの上、試乗に適した服装でお越しください(短パンやサンダル、ハイヒールなどの軽装ではご試乗できません)
※安全のため、身長130cm未満のお子様は二人乗り不可
※試乗会スタッフの判断や試乗時間、天候などにより、ご試乗いただけない場合もございます
※試乗会受付終了 15:30
※試乗会終了 16:00

○トライク場内運転体験
「トライグライド ウルトラ」に試乗できます
※当イベントにおいての試乗条件は普通四輪MT免許と普通もしくは大型二輪MT免許の両方お持ちの方で、事前講習を受けていただくことです
※敷地内での試乗
※人数と時間、試乗回数の制限あり

○ペーパーライダー講習
ハーレーダビッドソンに乗る不安をお持ちの方が対象です
※二人乗り不可、人数、時間、試乗回数の制限あり
※大型自動二輪MT免許保有者対象

○JUMPSTART
中学生以上を対象に、免許を持っていなくても、ハーレーダビッドソンに跨ってエンジン始動からギアチェンジまで行い、ハーレーダビッドソン独特の鼓動感を体感できる疑似走行体験マシーンが「ジャンプスタート」です。(誓約書への記入が必要になります)

○新車・中古車・カスタム車展示販売
新車や認定中古車を多数展示
2/27(金)発売のニューモデル「STREET 750」を展示致します

○H.O.G. PIN STOP
1日先着200名
※ハーレーオーナーズグループ・メンバー様のみ
※最新の会員カードを忘れずにご持参ください

○なりきりフォト
H-D純正ウェアに身を包みH-Dとの記念撮影が可能

○ストライダー試乗
キッズバイク「ストライダー」に試乗できます
※2歳~5歳対象

○ピンストライプ
プロのピンストライパーKID氏があなたのヘルメットやスマートフォン、小物にフリーハンドで描きます。
※有料(デザインにより価格が異なります)
※人数制限あり

○ファイナンス&保険
ご購入時のローンからH-D専用保険まで、幅広く相談可能な専門スタッフがそれぞれ常駐。お気軽にお立ち寄りください。

ヤマハ、近未来の東京を舞台にモーターサイクルの魅力を描くアニメ「Master of Torqueシーズン2」を公開

ヤマハは、2014年春から夏にかけて公開したオリジナル短編エンターテインメント作品「Master of Torque(マスターオブトルク)」の続編(Season 2)を2015年3月27日(金)よりグローバルコンテンツとして公開すると発表した。

近未来の東京を舞台に、オートバイに乗る若者たちとその人間模様を描く架空の物語で、公開は前作と同じく、インターネット(スペシャルサイト・YouTube公式チャンネル)で行う。また、3月20日より開催された「大阪モーターサイクルショー2015」で告知を行ったほか、3月27日より開催される「東京モーターサイクルショー2015」の会場でも告知を行う。

本作品は、昨年、世界的に好評を得た前作に引き続き、MTシリーズの製品特性、モーターサイクルを操ることの楽しさをアニメーションによって描くものとなっている。現代日本文化の発信元として世界的に認知されている東京が物語の舞台で、青山・表参道・渋谷といった国道246号線沿いの街並みと、モーターサイクルに魅せられた人間たちの物語を紡ぎ出す。

映像制作では、近年、海外の若年層から高い評価を受けている日本アニメのストーリー・表現手法と経験豊富なアニメ声優を起用。乗り物に興味を持たなくなってきている若者に、彼らと親和性が高いアニメという媒体を通じて、モーターサイクルの素晴らしさを訴えるエンターテインメント作品となっている。


●スペシャルサイト(日本語):http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/mt/

●スペシャルサイト(英語):http://global.yamaha-motor.com/showroom/mt/

●YouTube公式チャンネル:http://www.youtube.com/user/YamahaMotorcompany/


バイクお勧め案内

  •  DUCATI Magazine DAY 2015 7月12日(日)開催!  「BikeJIN春祭り」2015年4月26日開催! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • BikeJINキャンプセット2015 ></A>

<A HREF=ワンデイツーリングバッグ黒×赤 Ver.R/C コンツアーROAM 3 BikeJINパッケージ アイウエアブランドOAKLEYのミリタリー部門「ESS」サングラス BikeJIN×MaxFritzロールアップハンチング クシタニ×ライダースクラブ「GPR6-1.1 RACING GLOVES Ver.RIDERS CLUB」 CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー CLUB HARLEY オリジナルTシャツ ショット・オンライン

BikeJIN編集部員

  • ナカムラ ナカムラ
    全国の絶景道や温泉取材が大好きな本誌編集長。1泊2日の出張ロケが多いこともあり、「男ならGo Snack」というバイク取材とは無関係のスナックレポートの連載も担当している。愛車はBMW・R1200R
    オノデラ オノデラ
    大型免許は編集部加入時に取得。VMAX1200を衝動買いするも、オフロードが走りたくなって約1年で売却。オフ初心者のくせにこれまた勢いでKTMのレーサーを買ってしまった愚か者。足はもっぱらスペイシー100
    イズ イズ
    バイクとの出会いは小学校の通学路にあったバイク屋さんのハーレー。学生時代にドカに一目惚れし、24歳で念願の大型免許を取得。スマートでカッコいいライダーになりたいと奮闘するマル顔代表の新人編集部員
    シゲタ シゲタ
    幼稚園のころに乗せてもらった母親のSR400。あのとき小さな身体で感じたエンジン音が忘れられず、自分も同じバイクを購入。ハチャメチャ娘を卒業して、タフなライダーになりたいと切に願う、旅&アウトドア好き3●歳

お詫びと訂正

2015年3月19日に発売致しました「最新バイクカタログ2015」におきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。 ○P14……
2014年12月27日に発売致しました「BikeJIN(バイクジン)Vol.144(2015年2月号)」におきまして誤りがありまし……
2014月8月16日に発行致しました「BMWモトラッドジャーナルVol.1」におきまして誤りがありました。 正しくは以下の通りです……

Facebook


広告