BikeJIN 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

最新の投稿
recent entry

2014年10月 1日 (水)

スズキ、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」にて2015年新モデルを発表

スズキは、9月30日から10月5日までドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」において、二輪車の2015年新モデル6機種を発表した。


■「GSX」シリーズの新型モデル「GSX-S1000/ABS」「GSX-S1000F/ABS」

Moto_news1410010301_580ネイキッドバイク「GSX-S1000/ABS」およびフルカウル仕様車「GSX-S1000F/ABS」は、MotoGPマシン「GSX-RR」、スーパースポーツバイク「GSX-R」の「GSX」シリーズに、新たに「GSX-S」として投入するストリートバイクである。新設計の軽量フレームの車体に「GSX-R1000」をベースに改良した直列4気筒エンジンを搭載し、力強い低中速トルクと 高回転域の出力特性を損なうことなく、一般公道に適した設定とした。3段階(※)から選択可能なトラクションコントロールや、ブレンボ製ラジアルマウントフロントブレーキキャリパー、レンサル製アルミハンドルを装備し、ABS仕様車も設定した。また、プッシュスタートシステムをスズキの大型二輪車で初めて採用した。

(※)1/2/3の3段階(解除可能)

「GSX-S1000/ABS」は2015年3月より、「GSX-S1000F/ABS」は4月より、スズキの豊川工場で生産を開始し、欧州、北米などで販売を開始する計画である。


■冒険をイメージさせるデザインのスポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom650XT ABS」

Moto_news1410010302_580街乗りから長距離ツーリングまで楽しめるツーリングモデルとして好評の「V-Strom650 ABS」に、冒険をイメージさせる新デザインのフロントカウルを採用し、ホイールにはワイヤースポークホイールを装着して低速域での衝撃吸収性を高めた。

10月より日本で販売を開始し、欧州、北米などで順次販売する計画である。


■低燃費スクーター「Address」

Moto_news1410010303_580「Address」は使い勝手の良い大容量の収納スペースや、優れた加速性能と低燃費が特長の110ccのスクーターである。エンジンの燃焼効率向上と、摩擦抵抗の低減により49km/L(※)の低燃費を実現しながら、優れた低中速域での発進加速を特長とする。20.6Lの大容量のシート下収納スペースは、フルフェイスヘルメットだけでなく、レインコートやグローブも同時に収納でき、レッグシールド内収納スペースには左側に600ml、右側に500mlのペットボトルを1本ずつ収納可能。また、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常の使い勝手を考慮した。

(※)WMTCモード測定値、スズキ調べ。

スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社で2015年1月より生産を開始し、欧州で販売を開始する計画である。


■ABSを追加したスーパースポーツバイク「GSX-R1000 ABS」

Moto_news1410010304_580スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000」に新たにABS仕様車を追加した。また、標準車とABS仕様車両方に、スズキの2015年からのMotoGP参戦を記念して、MotoGPマシン「GSX-RR」同様のカラーリングを設定。黒色のレバー、フットステップおよびペダルを装備した。


■新設計のハーフカウルを装着した「Bandit 1250S ABS」

Moto_news1410010305_580スズキ大型スポーツバイクのロングセラー「Bandit 1250S ABS」に新設計のハーフカウルを装着した。サイドカウルをラジエーター側面まで下方に延長することで、空気抵抗の低減を図った。

 

 

 

 

スズキ、二輪車レースの最高峰ロードレース世界選手権(MotoGP)に2015年より参戦を発表

Moto_news14100102_580
スズキは、9月30日から10月5日までドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」のプレスカンファレンスにおいて、二輪車レースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」のMotoGPクラスに2015年より参戦することを発表した。

スズキは、このたびMotoGP参戦車両の開発とチーム体制が整い、2015年シーズンからのMotoGP参戦を決定し、新開発の参戦車両「GSX-RR」と参戦ライダー、チーム体制を発表した。また、参戦に先立ち、今シーズン最終戦バレンシアGPにワイルドカードで出場する。
スズキは、2012年よりMotoGPへの参戦を一時休止していたが、同レース復帰に向けて車両開発を継続してきた。MotoGP参戦を通じ商品へのフィードバックを行うことで、より魅力的な商品の開発を進めるとともに、ブランドイメージの向上を図る。

■参戦車両「GSX-RR(ジー・エス・エックス・ダブルアール)」
「GSX-RR」は、MotoGPクラスでの高いパフォーマンスと、「GSX-R」をはじめとした市販車両への技術フィードバックを目的に2012年より開発を進めてきた。扱いやすく力強いエンジン特性、燃費性能、耐久性を高い次元で実現する新開発の並列4気筒エンジンを搭載した。車体は運動性能と空力性能の両面より、車幅を抑えたレイアウトとし、車体剛性、重量バランスの最適化を図った。市販車両「GSX-R」で長年培ってきた素直な操縦性が発揮できる、戦闘力の高いMotoGPマシンを目指した。

ハーレーダビッドソン、認定中古車プログラムを開始

ハーレーダビッドソンジャパン(以下HDJ)は、お客様にたいし、より高質なハーレーダビッドソンブランドの体験とより充実したサービスの提供を実現する為、新たにHDJが認定した基準を満たすハーレーダビッドソンの中古車両に対して、HDJ所定の特典及び修理保証を正規ディーラーによりご提供する制度として認定中古車プログラムを2014年10月1日より全国のハーレーダビッドソン正規販売網(一部を除く)で開始すると発表した。


■認定中古車プログラムの目的
本プログラムを通じて、ハーレーダビッドソンの提供する顧客体験サービスを多くの方に提供。その上で、中古車のお客様に対しても新車と同等のブランド体験を提供することで、ブランドとの生涯に亘る絆を構築することを目指す。


■認定中古車プログラムの定義
ハーレーダビッドソン認定中古車プログラムは、初年度登録からの経過年数7年以内、走行距離70,000km未満の中古車のうち、ハーレーダビッドソン ジャパンが定める厳格な点検と整備基準をクリアした車両に対して、HDJ所定の特典及び修理保証を正規ディーラーにより提供する制度。対象車両が認定基準を満たしていることの確認並びに必要な整備及び修理保証の提供はすべて本プログラムに参加しているHDJの正規ディーラーにより行う。

■プログラムよる受けられるポイント
●POINT.1/認定テクニシャンによる点検・整備
細部にわたり熟練したテクニシャンが徹底的にチェック。基準に満たない場合、適切な整備を実施した後に納車する。また、保証を付与できる状態の車両のみを厳選する。

●POINT.2/1年間の車両保証(走行距離無制限)
万一、車両に故障などの不具合が生じても、ご購入後1年間は保証対象であれば、走行距離に関係なく自己負担ゼロ(部品代/工賃)で修理が受けられる。※保証内容の詳細については、販売店にお尋ねください。

●POINT.3/1年間のロードサイドアシスタンス
全国各地、どこにいてもツーリング時の車両トラブルをサポート。※このサービスはH.O.G.メンバーシップに付帯するサービスとなります。

●POINT.4/H.O.G.メンバーシップ初年度無料
H.O.G.(ハーレーオーナーズグループ)とは、全世界で約100万人、日本では約35,000人のメンバー数を誇る世界最大のハーレーダビッドソンオフィシャルライダーズグループです。

【H.O.G.(ハーレーオーナーズグループ)メンバーシップ特典】
・新車購入者と同じサービスをご提供・ハーレーライフを充実させ、仲間の輪を広げる楽しみを提供
・最寄りの販売店まで距離無制限で搬送するロードサイドアシスタンスを提供・ハーレーオーナーの知りたい情報を満載した会報誌を送付


「ハーレーダビッドソン 認定中古車プログラム」
http://usedbikes.harley-davidson.co.jp/

2014年9月30日 (火)

BikeJIN10月1日発売号、明日登場です!

皆さん、こんばんは。中村です。

次号のBikeJIN(10月1日売り号)がついに編集部にやってきました。

1

9月は北海道・白老での祭り、秋祭りと祭りが2回も開催ということで大忙しでしたが、なんとか無事、本ができてホッとしています。

で、その内容を言いますと・・・・・・、今号は秋の特大増大号ということで、250ペ

2

ージという超ぶ厚く、ボリューム満点なのです。写真を見れば一目瞭然だと思いますが、けっこうな厚さだと思います。それでいて、本体価格はなんと据え置き。編集部が言うのもなんですが、超お買い得です。

特集内容は「秋の絶景」。これからの季節に行きたい紅葉ツーリングがテーマです。昨日、もう一度紅葉シーズンをチェックしていたら例年より1週間くらい早くなるかも・・・という予測が出ていたので、すぐに見ごろを迎えるかもしれません。

ほかにも、最新秋冬ウエアの特集や華ちゃんのポスターがあったりと、様々な企画がてんこ盛りです。

ぜひ、お買い求めくださいね!

 

 

 

 

 

2014年9月16日 (火)

秋祭りの入場方法とキャンプサイトについてのお知らせ

Photo_5 イベント続きでバッタバタの編集部ですが、昨日、ライディングパーティの終了後に、
ツインリンクもてぎのご担当者の方と、
27~28日の秋祭りの詳細な打合せを行いまた。

まず、前夜祭と祭り当日の
ツインリンクもてぎへの「入場方法」ですが、両日とも「北ゲート」からご入場いただき、ゲートを通過する際にバイクの方は
「BikeJIN祭りに参加です」と
おっしゃってください。

四輪の方は、秋祭りの告知記事が
掲載されているBikeJIN10月号、
あるいはその告知記事のコピーや写真を
係員に提示してください。

「無料」でツインリンクもてぎに入場できます。

また、前夜祭のキャンプサイトですが、
テント泊、四輪での車中泊ともに可能です。

27日土曜日のキャンプサイト受付時間は
14:00~16:00(時間厳守でお願いします)。
上のMAPの前夜祭会場内の
受付テントで手続きを行います。

17:00から前夜祭がスタートしますので、
お早目の受付をお願いします! 

なお、昨日時点でキャンプサイトの残りは
わずかでしたので、ご予約はお早目に!


バイクお勧め案内

  • 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • colemanキャンプセットシリーズ コンツアーROAM 2 BikeJINパッケージ アイウエアブランドOAKLEYのミリタリー部門「ESS」サングラス BikeJIN×MaxFritzロールアップハンチング クシタニ×ライダースクラブ「GPR6-1.1 RACING GLOVES Ver.RIDERS CLUB」 CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー CLUB HARLEY オリジナルTシャツ ショット・オンライン

BikeJIN編集部員

  • ナカムラ ナカムラ
    全国の絶景道や温泉取材が大好きな本誌編集長。1泊2日の出張ロケが多いこともあり、「男ならGo Snack」というバイク取材とは無関係のスナックレポートの連載も担当している。愛車はBMW・R1200R
    オノデラ オノデラ
    大型免許は編集部加入時に取得。VMAX1200を衝動買いするも、オフロードが走りたくなって約1年で売却。オフ初心者のくせにこれまた勢いでKTMのレーサーを買ってしまった愚か者。足はもっぱらスペイシー100
    イズ イズ
    バイクとの出会いは小学校の通学路にあったバイク屋さんのハーレー。学生時代にドカに一目惚れし、24歳で念願の大型免許を取得。スマートでカッコいいライダーになりたいと奮闘するマル顔代表の新人編集部員
    シゲタ シゲタ
    幼稚園のころに乗せてもらった母親のSR400。あのとき小さな身体で感じたエンジン音が忘れられず、自分も同じバイクを購入。ハチャメチャ娘を卒業して、タフなライダーになりたいと切に願う、旅&アウトドア好き3●歳

お詫びと訂正

2014月8月16日に発行致しました「BMWモトラッドジャーナルVol.1」におきまして誤りがありました。 正しくは以下の通りです……
2014年8月1日発行いたしました「BikeJIN」のハーレー・ダビッドソン広告におきまして、記載情報に変更がありました。 正しく……
2014月7月1日に発行致しました「BikeJIN 8月号」におきまして誤りがありました。 正しくは以下の通りです。 ●本誌 P2……

Facebook


広告