BikeJIN 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

最新の投稿
recent entry

2015年1月22日 (木)

ホンダ、「CBR1000RR SP Champion Special」を限定発売

Moto_news15012201_580

ホンダは、「CBR1000RR SP」に、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPクラスに出場している「Repsol Honda Team」の2014年シーズンのカラーを施した「CBR1000RR SP Champion Special」(※1)をタイプ設定し、受注期間限定(※2)で1月23日(金)に発売すると発表した。

このモデルは、2014年のMotoGPクラスにおいて、Repsol Honda Teamが「ライダー」「コンストラクター」「チーム」の3タイトル獲得を記念した特別仕様。 フューエルタンク上部には、3タイトル獲得の記念ステッカーを採用。さらに、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手のゼッケンナンバー「93」と、ダニ・ペドロサ選手のゼッケンナンバー「26」のステッカーに加え、テクニカルスポンサーのステッカーを、車両本体に同梱する。 また、ブレーキシステムには、ホンダがスーパースポーツモデル用に専用開発した電子制御式「コンバインドABS」を標準装備する。車体色は、バイブラントオレンジのみの設定となる。

CBR1000RR SPは、CBR1000RRをベースに、より緻密にチューニングを施したエンジンや、車体の軽量化をはじめ、オーリンズ製サスペンション、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーの採用などによって、スポーツライディングの楽しみをさらに追求したスーパースポーツモデル。

(※1)受注期間限定モデル
(※2)受注期間は、1月22日(木)から3月8日(日)まで


■CBR1000RR SP Champion Special/2,111,400円(消費税込)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

2015年1月19日 (月)

スズキ、新型110ccスクーター「アドレス110」を発売

Moto_news15011901_580

スズキは、街中での使い勝手の良さを追求した軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したエンジンを搭載した、新型110cc原付二種スクーター「アドレス110」を3月19日より発売すると発表した。

「アドレス110」は、2014年9月にドイツ・ケルンで開催された二輪車の国際見本市「インターモト」で「Address」として発表した、燃費性能と走行性能を両立した新型の110ccスクーター。小型スクーターのグローバルモデルとして、スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社で生産し、同国での販売をはじめ、日本、アセアン諸国、欧州、大洋州に向けて輸出される。

「アドレス110」は、クラストップレベル(※1)の軽量な装備重量97kgによる取り回しの良さや、51.2km/L(※2)の燃費性能と低中速域での優れた加速性能を特長とし、大容量のシート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常の使い勝手の良さを考慮している。
また、シャープで引き締まった躍動感のあるデザインを採用し、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観とした。


■「アドレス110」の主な特長
●エンジン・車体
・クラストップレベル(※1)の軽量な装備重量97kgによる駐輪時の取り回しの良さや、軽快な走行。
・燃焼効率向上と、摩擦抵抗の低減により51.2km/L(※2)の燃費性能を実現したパワフルなエンジン。
・安定した走行を実現する、14インチ大径ホイール。

●装備
・フルフェイスヘルメットだけでなく、レインコートやグローブも同時に収納できる20.6Lの大容量シート下トランクスペース。(※3)
・フロントインナーラックは、左側に600ml、右側に500mlのペットボトルを1本ずつ収納可能。(※4)
・シート開錠機能付ステアリングロックには、鍵穴をカバーすることができるシャッターキーを採用。 ・駐輪時に便利なサイドスタンドを標準装備。
・駐輪時に後輪のブレーキを掛けた状態を維持できるブレーキロックシステム。

●デザイン
・原付二種らしい機動力を表現する、シャープかつコンパクトに引き締まったデザイン。日常の使い勝手に配慮しながら、グローバルに通じる魅力的な外観とした。
・車体色は、白「ブリリアントホワイト」、シルバー「アイスシルバーメタリック」、黒「タイタンブラック」の3色を設定

(※1)国内原付二種スクータークラス。2015年1月現在、カタログ調べ。
(※2)WMTCモード測定値、スズキ調べ。実際の燃費は、気象・道路・車両・運転・整備などの状況で異なる。
(※3)形状、大きさによりシート下トランクスペースに収納できないヘルメットや小物もある。最大積載許容重量10kg。
(※4)形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもある。最大積載許容重量1.5kg。


■アドレス110/205,200円(消費税込)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

2015年1月16日 (金)

ホンダ、新型50ccスクーター「タクト」を発売

Moto_news15011601_580
ホンダは、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した水冷・4ストロークエンジンを搭載した新型50ccスクーター「タクト(写真左)」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック(写真右)」を、それぞれ1月23日(金)に発売すると発表した。

タクトの開発にあたっては、幅広い層のユーザーが手軽に扱え、力強く燃費性能に優れたエンジン搭載による高い機動性と経済性を備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指した。
スタイリングは、「安心感」をテーマに、シンプルかつ落ち着いたフォルムとし、張りのある大きな曲面を基調に、厚みのある立体的なデザインによって、親しみやすいイメージを持たせた。
エンジンは、50ccスクーター「Dunk(ダンク)」用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccの「eSP(イーエスピー)」(※1)を搭載。燃費性能は、50ccスクータークラスで最も優れた(※2)80km/L(※3)(30km/h定地走行テスト値)を実現している。
バリエーションは、タクトと、タクトをベースに15mm低いシート高による良好な足着き性を確保し、より求めやすい価格を実現したタクト・ベーシックの2タイプを設定することで、幅広い層の好みに応えられるものとしている。

(※1)enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
(※2)ホンダ調べ。2015年1月16日現在
(※3)国土交通省届出値


■タクトシリーズの主な特長
●スタイリング
幅広い層のユーザーが安心感を抱くことができるように、張りのある美しい曲面で構成し、取り回しやすいコンパクトなイメージと、安定感のあるフォルムを実現。フロントビューは、丸みを帯びたヘッドライトにウインカーをビルトインすることで、すっきりとした印象を与えている。また、可動式の深い形状のフロントフェンダーによって、落ち着きのあるスタイリングとしている。カラーバリエーションは、タクトに3種類、タクト・ベーシックに4種類を設定する。

○タクト
・キャンディーノーブルレッド(写真左)
・パールジャスミンホワイト
・ポセイドンブラックメタリック

○タクト・ベーシック
・デリケートブルーメタリック(写真右)
・マホガニーブラウンメタリック
・フォースシルバーメタリック
・ポセイドンブラックメタリック

●エンジン
Dunk用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccエンジンは、電子制御燃料噴射装置PGM-FI(※4)などの採用により、力強い出力特性を発揮。また、Dunkに比べ車両重量を2kg軽量化(タクト・ベーシックは3kgの軽量)したことで、30km/h定地走行テスト値で80.0km/L、WMTCモード値では56.4km/Lという優れた燃費性能を実現している。アイドリングストップシステム(※5)には、エンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを採用し、バッテリー電圧が低下している場合は、アイドリングストップ機能を停止して、バッテリー上がりの抑止に貢献する。なお、バッテリーが上がった場合でも、キックにより始動可能なシステムを採用するなど、使い勝手に配慮した設計としている。
(※4)PGM-FIは、ホンダの登録商標です
(※5)タクトに搭載。タクト・ベーシックには搭載していません

●車体・足回り
リラックスできるライディングポジションを実現するために、コンパクトなボディーサイズでありながら、フラットで広いスペースのフロアを採用。フロアのフラットな部分の前・後長は、最短部でも220mmを確保したことで、ゆとりのある足元スペースとしている。また、タクトのシート高は足着き性に配慮した720mmとしながら、シート下のラゲッジボックスは20L(※6)の容量。タクト・ベーシックは、さらに足着き性に重点を置き、705mmの低いシート高を採用し、ラゲッジボックスは19L(※6)容量としている。ブレーキは、前・後輪連動のコンビブレーキを採用することで、コントローラブルで使い勝手の良いシステムとしている。
(※6)ホンダ調べ

●主な装備
・シャッター付キーシリンダーと、シートオープナースイッチを装備した集中コンビスイッチ
・左側のフロントインナーラックには、500mlのペットボトルなどが入る容量を確保
・時計表示機能がある視認性に優れた大型のメーター
・買い物袋やバッグなどがかけられるリング状の大型フックを装備
・リアキャリアは、スタンド掛けの際に握りやすく使い勝手を考慮した設計


■タクトのネーミングについて
タクトは、1980年に初代モデルを発売して以来、原付スクータークラスにおいて、幅広い層に向けたスタンダードスクーターとして、さまざまな新技術を投入し、新たな需要創造に取り組んできた。今回、原付スクーター市場の再活性化を目指すにあたり、原点に立ち返りタクトのネーミングを復活させた。


●タクト/172,800円(消費税込)
●タクト・ベーシック/159,840円(消費税込)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

BikeJIN2月号に載ってるアレ

こんにちは~!

寒くなったり、少し和らいだり、気温の変化で風邪ひきそうなイズです。

が、そんな私も先日届いたアイテムで一気にテンションが上がりました。

BikeJIN最新号でご紹介した次世代靴ヒモ『HICKIES』です!!

___2

バイク通勤なので、日ごろからライディングシューズを履いているんですが、

やはり出る時、帰った時の着脱で、

『はあ……… よっこらしょ。』

となっていたんです。

(そんな人、多いですよね?)

で、『どんなのがあるかな~』とHICKIESのHPを見ていると、

トナリのRIDERS CLUB編集部の面々も興味を示し、

昨年末に注文!

そして先日届いたので早速つけてみました。

ベースはRS TAICHIが取り扱っているTCXのX-RAP LADYS WP

Xps003_xraplady_wp_anth_fuc

履き心地が軽くて楽なのに防水なんです。

しかもオシャレ。コレを履いてるとけっこう声を掛けられます。

これに、HICKIESのBLACK/YELLOWをセット!

すると~~~

じゃじゃーーーーーん!!

_o_2

なんかシュッとした印象に。

普段用のスニーカーも換えちゃおっかな。

そんなHICKIESはBikeJIN2月号に載ってます。

チェックしてみてくださいね~。

イズ

2015年1月13日 (火)

ヤマハ、新色を設定した「ジョグ CE50」シリーズ2015年モデルを発売

Moto_news15011307_580
ヤマハは、スタンダードな原付1種スクーターとして人気の「ジョグ CE50」シリーズのカラーリングを変更し、2015年モデルとして2015年2月14日より発売すると発表した。

2015年モデル「ジョグ CE50」は、明るさと華やかさを強調した新色の「ライトイエローイッシュグレーメタリック 9(ゴールド)」(写真左)など、全5色を設定。「ブラックメタリック X」と「シルバー3」は、ホイールをブラック塗装とし、各色ともシートはステッチ仕様とした。
「ジョグ CE50」をベースに、前輪ディスクブレーキとアルミホイールを採用するデラックス仕様の「ジョグCE50D」は、いずれも前輪にゴールドのブレーキキャリパー、シートにはステッチを採用した。
クラス唯一のリアスポイラーなどスポーティな装備を備える「ジョグ CE50ZR」は、新色に「パープリッシュレッドメタリック 2(ピンク)」(写真右)と、シックな「ラジカルホワイト」を設定。継続色の「マットブラック 2(マットブラック)」ともに、それぞれボディ色とホイールの調和を図り、ゴールドのブレーキキャリパーを新たに採用している。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行われる。


■ジョグ CE50/160,920円(消費税込)
■ジョグ CE50D/173,880円(消費税込)
■ジョグ CE50ZR/194,400円(消費税込)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません


バイクお勧め案内

  • 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • コンツアーROAM 2 BikeJINパッケージ アイウエアブランドOAKLEYのミリタリー部門「ESS」サングラス BikeJIN×MaxFritzロールアップハンチング クシタニ×ライダースクラブ「GPR6-1.1 RACING GLOVES Ver.RIDERS CLUB」 CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー CLUB HARLEY オリジナルTシャツ ショット・オンライン

BikeJIN編集部員

  • ナカムラ ナカムラ
    全国の絶景道や温泉取材が大好きな本誌編集長。1泊2日の出張ロケが多いこともあり、「男ならGo Snack」というバイク取材とは無関係のスナックレポートの連載も担当している。愛車はBMW・R1200R
    オノデラ オノデラ
    大型免許は編集部加入時に取得。VMAX1200を衝動買いするも、オフロードが走りたくなって約1年で売却。オフ初心者のくせにこれまた勢いでKTMのレーサーを買ってしまった愚か者。足はもっぱらスペイシー100
    イズ イズ
    バイクとの出会いは小学校の通学路にあったバイク屋さんのハーレー。学生時代にドカに一目惚れし、24歳で念願の大型免許を取得。スマートでカッコいいライダーになりたいと奮闘するマル顔代表の新人編集部員
    シゲタ シゲタ
    幼稚園のころに乗せてもらった母親のSR400。あのとき小さな身体で感じたエンジン音が忘れられず、自分も同じバイクを購入。ハチャメチャ娘を卒業して、タフなライダーになりたいと切に願う、旅&アウトドア好き3●歳

お詫びと訂正

2014年12月27日に発売致しました「BikeJIN(バイクジン)Vol.144(2015年2月号)」におきまして誤りがありまし……
2014月8月16日に発行致しました「BMWモトラッドジャーナルVol.1」におきまして誤りがありました。 正しくは以下の通りです……
2014年8月1日発行いたしました「BikeJIN」のハーレー・ダビッドソン広告におきまして、記載情報に変更がありました。 正しく……

Facebook


広告