さいたまクリテリウム 出場選手発表 4賞ジャージ勢揃い!過去最高に豪華な面子が来日!! | BiCYCLE CLUB|バイシクルクラブ[エイ出版社の自転車情報誌]

Event

News

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2016/09/29

さいたまクリテリウム 出場選手発表 4賞ジャージ勢揃い!過去最高に豪華な面子が来日!!

9月29日、埼玉県のラフレさいたまにて「2016 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム 出場選手発表記者会見」が行われた。会見にはさいたま市の市長である清水勇人氏をはじめ、A.S.O.のイベントマネージャーであるフィリップ・フルニエ・ド・ロリエール氏や、国内ロードチャンピオンである初山翔選手(ブリヂストン・アンカー)など多くの関係者が参加した。

Img_1319左から藤田征樹選手(パラサイクリング選手 日立建機)、フィリップ・フルニエ・ド・ロリエール氏、初山翔選手(ブリヂストン・アンカー)、細谷夢菜選手(ジュニア女子 浦和工業高校)、清水勇人氏、中川涼選手(ジュニア男子 浦和工業高校)

清水市長の挨拶の後、10月29日(土)開催のツール・ド・フランス さいたまクリテリウムのレースに出場する国内外の選手が発表された。すべての出場選手はさいたまクリテリウムのHPhttp://saitama-criterium.jp/にて詳しく紹介しているが、なんといっても注目はその豪華さ。とくに4賞ジャージすべてがそろったのは初であり、かつてないほど華々しいラインナップとなっている。

おもだった選手を紹介しよう。カッコ内はチーム名。

マイヨジョーヌを着るツール王者、クリス・フルーム(チームスカイ)

スプリンター賞獲得者にして世界チャンピオン、ペーター・サガン(ティンコフ)

山岳賞獲得のラファウ・マイカ(ティンコフ)

新人賞獲得のアダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)

3大ツールすべてでステージ優勝経験を持つサイモン・ゲランス(オリカ・バイクエクスチェンジ)

2016ツールでステージ優勝を挙げたロメン・バルデ(アージュードゥーゼール・ラ・モンディアル)

前回のさいたまクリテリウム優勝者、マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)

そして注目の新城幸也選手(ランプレ・メリダ)、別府史之選手(トレック・セガフレード)は「ツール・ド・フランス ジャパンチーム」としてさいたまクリテリウムに参加予定。前回大会でも終盤に見せ場を作り、会場を盛り上げた2人。今年はどんな活躍を見せてくれるのだろうか?

国内コンチネンタルチームの出場選手もレースで獲得したアジアポイントに基づき選定。前述の初山選手をはじめとした国内プロ選手たちが、ツール出場選手たちと肩を並べる。また前年と同様に開催される男女ジュニアレースや、パラサイクリングレースの出場選手も発表された。

Img_1330パラサイクリングレース参加の藤田選手はリオ五輪で獲得した銀メダルとともに登壇。さいたまクリテリウムでの活躍を誓った

国内チャンピオンにしてさいたまクリテリム4度目の出場となる初山選手と、A.S.O.のイベントマネージャーであるフィリップ・フルニエ・ド・ロリエール氏のコメントを紹介しよう。

Img_1325日本チャンピオンジャージを着て会見に臨む初山選手。さいたまクリテリウムへの意気込みを語った

―さいたまクリテリムは4度目の出場となりますが、なにか変化を感じたりしていますか?

初山選手「初回から多くの観客の皆さんが来てくれているのですが、回を増すごとにどんどん盛り上がってきているなあと感じています。」

―レースでの目標は?上位入賞や優勝も狙っていますか?

初山選手「日本チャンピオンとして、日の丸を背負っての出場となるので、全力を出してベストを尽くします。でも自分1人で出場するわけではないので、チーム4人の誰かが結果を残すような展開でもいいです。」

―日本のファンに向けて一言お願いします。

初山選手「ツールに出場する豪華な選手たちがそろい、非常に盛り上がる大会なので、まだ来たことがない人はぜひ見に来てほしい。通常のロードレースはどうしても地方での開催が多いのですが、さいたまというアクセスのいい場所で開催されるので誰でも来やすいはず。本場のレースを感じてほしいですね。」

Img_1326A.S.O.イベントマネージャー、フィリップ・フルニエ・ド・ロリエール氏

―(これまで単年契約だったさいたまクリテリウムが2018年まで継続開催することが決定したことを受けて)A.S.O.では、さいたまクリテリウムとはどういう関係になってきたのでしょうか?また継続開催の意味とは?

フルニエ氏「コースなど進化させていくうえで、毎年更新での契約はネックでした。次のレースを考えるときに「契約がまだ決まっていない」となってしまいますから。そういう意味で契約を3年とすると、継続して進化させていける、つまり繋がりが強くなるのです。これからはより強力なパートナーシップとなるでしょう。」

「現在でも毎日、レースやテレビプログラムに関して話し合いが行われています。今後もレースのグレードアップと、より深い「話し合いの掘り下げ」の両方を円滑に進めています。そのための3年契約なのです。」

―日本でのレース運営はどう感じていますか?

フルニエ氏「シンプルに言いますと、(日本とフランスでは)仕事の取り組み方がかなり違いますね。お互いに驚くことも多いです。しかし互いの「強み」を合わせていくことで大会を作り上げています。つまりいいとこ取りです(笑)。」

「もう一点付け加えておきたいのが、日本のオーガナイゼーション、レース運営のきめ細かさ。カチッとしたところが非常に興味深く、面白い。フランスには無いところです。A.S.O.としても勉強させてもらっています。」

―会見では、ツール・ド・フランス5度の覇者にして、その後プレゼンターを長年務めてきた元選手ベルナール・イノー氏の来日と同氏最後のツールイベントであることも発表されました。なにかシークレットでセレモニーなどを用意しているのでは?

フルニエ氏「んんっ?・・・ちょっと言えません(笑)。来月29日になればわかりますよ!」

かつてないほど豪華な面子での開催となる2016 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム。会見は、大会の興奮をぜひ生で味わってみたいと思わせるものとなった。今後も大会にかかわる情報は随時HPに更新されていくので、10月29日(土)に向けてみんなでさいたまクリテリウムを盛り上げていきたい。

『ジャパンカップミュージアム』10月1日(土)よりオープン<< 前の記事
『ジャパンカップミュージアム』10月1日(土)よりオープン
フタバ商店のビッグプーリーキット次の記事 >>
フタバ商店のビッグプーリーキット

バイシクルクラブと一緒に走ろう!チームBCメンバー募集

エイ出版社が発行する自転車の雑誌&書籍一覧

自転車保険 MS&AD + 三井住友海上

オトナの趣味サークル

大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」

エイ出版社の最新情報をお届け!メルマガ会員募集中