Jプロツアー第14戦 『第1回藩庁門タイムトライアルinやまぐち』 | BiCYCLE CLUB|バイシクルクラブ[エイ出版社の自転車情報誌]

News

2019年2月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2016/08/29

Jプロツアー第14戦 『第1回藩庁門タイムトライアルinやまぐち』

Jプロツアー第14戦
『第1回藩庁門タイムトライアルinやまぐち』

Ytt_4P1クラスタ優勝 ヴァラド・ジェゾン(NEILPRIDE-NANSHIN SUBARU CYCLING TEAM)

山口市で初開催となるタイムトライアル。この大会のため、今回限りとして特別に設定されたというコースは、山口県庁の敷地内道路を使用した1周1.6km。短距離ながら15のコーナーがある上、地下駐車場を通る区間あり、短距離ながら斜度のある登りありと、テクニカルで変化に富むコースだ。

Ytt_7コースに組み込まれた山口県庁の地下駐車場

75名が出走したP1クラスタ。序盤にスタートした水野恭兵(那須ブラーゼン)が2分23秒933のタイムを出して暫定トップに立つ。その後しばらくトップタイムが更新されない時間が続くが、スタート順が後半に差しかかると、今井勇太(Team UKYO)が水野のタイムを0.6秒上回ってトップタイムを更新。さらに高木三千成(那須ブラーゼン)が、2秒以上上回る2分21秒556を記録して暫定トップに立つ。大久保陣(宇都宮ブリッツェン)も2分21秒台を出すが、わずかに高木のタイムは上回れない。

Ytt_8国の重要文化財に指定されている山口県政資料館(旧山口県庁舎)前もコース

スタート順が終盤に差しかかると、 ヴァラド・ジェゾン(NEILPRIDE-NANSHIN SUBARU CYCLING TEAM)が、高木を上回る2分21秒522のタイムを出してトップに立つ。その後21秒台を出せる選手はおらず、最後にスタートした増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が2分22秒台にとどまり、ヴァラドのJプロツアー初優勝が決まった。

日付 2016年8月27日(土)
会場 山口県山口市 山口県庁敷地内特設コース
距離 1.6km

結果 P1クラスタ 距離1.6km

Ytt_6P1クラスタ表彰式 村岡嗣政・山口県知事、畑原基成・山口県議会議長、渡辺純忠・山口市長、斧隆夫・JBCF理事長と共に。

1位 ヴァラド・ジェゾン(NEILPRIDE-NANSHIN SUBARU CYCLING TEAM) 2分21秒522 40.70㎞/h
2位 高木三千成(那須ブラーゼン) 2分21秒556
3位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン) 2分21秒941
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 2分22秒122
5位 畑中勇介(Team UKYO) 2分22秒199
6位 今井勇太(Team UKYO) 2分23秒154

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

Jフェエミニンツアー(JFT)

Fクラスタは、ドス・サントス・サンドラ(Neilpryde-Nanshin Subaru Cycling Team)が、ただ1人2分38秒台を出して優勝した。

結果 Fクラスタ 距離1.6km

Ytt_5Fクラスタ 表彰式

1位 ドス・サントス・サンドラ(Neilpryde-Nanshin Subaru Cycling Team) 2分38秒976 36.23km/h
2位 中里友香(VICTOIREしまなみ) 2分43秒952
3位 小田恵利花(TEAM SPORTS KID) 2分53秒632

提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

Red Bull Holy Ride2016 << 前の記事
Red Bull Holy Ride2016
Jプロツアー第15戦 『第1回 JBCF維新やまぐちクリテリウム』次の記事 >>
Jプロツアー第15戦 『第1回 JBCF維新やまぐちクリテリウム』

バイシクルクラブと一緒に走ろう!チームBCメンバー募集

エイ出版社が発行する自転車の雑誌&書籍一覧

自転車保険 MS&AD + 三井住友海上

オトナの趣味サークル

大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」

エイ出版社の最新情報をお届け!メルマガ会員募集中