【レースリポート】DOWNHILL SERIES #5MIZUHO MTB PARK | BiCYCLE CLUB|バイシクルクラブ[エイ出版社の自転車情報誌]

News

2019年4月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2015/09/28

【レースリポート】DOWNHILL SERIES #5MIZUHO MTB PARK

DOWNHILL SERIES #5MIZUHO MTB PARK
清水一輝が一年ぶりのDOWNHILL SERIES 優勝!

第5戦となったMIZUHO MTB PARK大会は2年連続の快晴。初秋の青空と眩しいほどに芝生の緑が輝くシルバーウィーク初日に行われた。今会場はMTBコースとしては夏期の週末だけの営業ではありながらも、オープン4年にして年々ファンを増やし、今回は九州・中国・四国地方を中心に100名を越えるライダーが集まった。

Lce0rumcek1emlddjfykbczfsbf4fz4ag3w

レースコースは常設コースの中盤よりスタート。全長約1.9㎞、標高差328m。距離・標高差は昨年とほとんど変わりないものの、メイン会場から見える範囲にはクルマ越えジャンプやドロップオフなど、新セクションが用意された。コース担当者が大事にするのは「ギャラリーの目線を意識した、ライダーも観客もテンションの上がるセクション作り」。造り手の思いの籠もった、乗っても観ても楽しいコースであるというのも、多くのライダーから支持を集める理由のひとつである。

54人が参加した土曜日のタイムドセッションの最速タイムは清水一輝選手(Patrol mountain FJC)の3分17秒063。0.837秒差で井本はじめ選手(SRAM/LITEC)、2.775秒差で井手川直樹選手(AKI FACTORY/STRIDER)が続いた。また、昨年に引き続き、フィニッシュゲート直前のジャンプでは「フィニッシュジャンプコンテスト」が行われ、瑞穂ハイランドのスタッフがジャンプのスタイルと飛距離を採点し、女子の部では末政実緒選手(SRAM/LITEC)が、男子の部では清水一輝選手(Patrol mountain FJC)が優勝。特別賞として、ローカルライダーの田丸裕選手(SRAM/LITEC rising)が表彰された。

本戦当日。路面状況はスーパードライ。

スポーツ男子クラスでは、DHバイクで出場したXCジュニアの世界選手権代表である山田将輝選手(Limited846/LITEC)が優勝。DHのトップライダーたちと2日間みっちり試走に取り組み、本番での本気の走りを間近で観る、という経験は同じMTBライダーといってもそうそうある機会ではない。山田選手のように、XCライダーの「下り強化」としてもDOWNHILL SERIESを積極的に使って貰いたいと思う。

Hfzvf3ehocgwwoefzvyds99trhlfm0zv08aアンドラでの世界選手権XCOジュニア日本代表の山田将輝(limited846/LITEC)はダウンヒルにもトライし、下りのスキルを磨いている

激戦のエリートクラスは、常に優勝争いを繰り広げる下垣大樹選手(Lapierre/重力技研)、藤村飛丸選手(MUDDY CHOCOLATE/BlankyDog)に加え、広島県出身のローカルライダー田丸裕選手が参戦。「ここで勝たねばどこで勝つ!」と人一倍大きな声援が飛ぶ田丸選手は、結果2位。#4福井和泉でエリートクラス初優勝を飾った下垣選手が2連勝する結果となった。

Yebfojshmsc3subeh8on7fzcdnhpcnshenv混戦のエリートクラスを連勝で制した下垣大樹(Lapierre/重力技研)

PROクラスでは、隣県広島出身という事から、たくさんの応援も駆けつけた井手川選手の気合いは十分。「オレが勝つしかないね!」との宣言通り、タイムドセッションより約6秒も縮める3分12秒というタイムでフィニッシュ。レース後、「ビビりが入っちゃいました」と話した井本選手はそれを越えることができず、3分14秒。そして最終走者。清水選手が井手川選手を0.5秒上回るタイムで中間計測地点をパスすると、そこからは清水選手らしい勢いのある圧倒的な走りで3分9秒台を叩き出し、昨年のMIZUHO大会でも優勝した清水選手の2年連続優勝が決まった。

Jxpe847dnqydk1fdhximi0qe495rde1nsd5昨年に続き、瑞穂で連勝を決めた清水一輝(PATROL mountain FJC)

優勝した清水選手は、「スタート地点まで歓声が聞こえるくらいで興奮しました!」と話す。コースサイドにギャラリーが多いのも、MIZUHO大会の雰囲気を作り上げている大きな要素。

そして、勝因を「前夜祭でのムービー解説のおかげでコースをしっかり覚えられたこと」と話した清水選手。前夜祭でのコース解説は、参加者だけでなく、PROライダー自身にとっても良い時間になったようだ。

今年はフィニッシュ地点にモニターを並べ、スタート地点・中間地点をUstreamで配信するという新たな試みも行われた。なかなか観ることのない仲間や家族のスタート映像に観客・ライダーともに大反響だった。年々進化するMIZUHO MTB PARK。来年はどんな新しい試みを企んでくれるのか、今から楽しみでならない。

XC BIKEクラスでは秋山忍選手(チームWAVE)、ファーストタイマー男子クラスでは上野仁選手、エキスパート男子クラスでは地元広島の松木貴司選手(KLUB KATZ)がそれぞれ優勝。女子エリートクラスでは末政実緒選手が2位に30秒近い差を付けて優勝を決めた。

次戦は#6、9/27-28に富士見パノラマにて行われる。


ライトサイクルがバッタリンの取扱スタート<< 前の記事
ライトサイクルがバッタリンの取扱スタート
BMC racing team ジャパンカップアフターパーティ 一般参加者募集のご案内次の記事 >>
BMC racing team ジャパンカップアフターパーティ 一般参加者募集のご案内

バイシクルクラブと一緒に走ろう!チームBCメンバー募集

エイ出版社が発行する自転車の雑誌&書籍一覧

自転車保険 MS&AD + 三井住友海上

オトナの趣味サークル

大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」

エイ出版社の最新情報をお届け!メルマガ会員募集中