【大会リポート】 Jプロツアー第14戦 『第1回みやだ高原ヒルクライム』 | BiCYCLE CLUB|バイシクルクラブ[エイ出版社の自転車情報誌]

News

2019年3月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2015/08/31

【大会リポート】 Jプロツアー第14戦 『第1回みやだ高原ヒルクライム』

【大会リポート】
Jプロツアー第14戦 『第1回みやだ高原ヒルクライム』

Jbcf_miyada_104単独でゴールするオスカル・プジョル(Team UKYO)
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

日付 2015年8月29日(土)
会場 長野県宮田村
距離 10.7㎞ 標高差890m

【Jプロツアー】
『オスカル・プジョルがホセ・ビセンテ・トリビオを下してJプロツアー3勝目』

1か月の中断期間を経て再開したJプロツアー。第14戦はみやだ高原ヒルクライム。コース距離10.7㎞、高低差890m、平均勾配8.6%。終盤には10%を超える勾配もある。

スタート直後からTeam UKYO、マトリックスパワータグ、KINAN Cycling Team がペースを上げ、3㎞地点を通過するまでに7名の先頭集団が形成される。

Jbcf_miyada_101 スタート直後からTeam UKYO、マトリックスパワータグがペースをあげる
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

中間点に差し掛かる頃、ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)がペースアップ。これに反応できたのはオスカル・プジョル(Team UKYO)と、リカルド・ガルシア(KINAN Cycling Team)の2名。残り5㎞を過ぎたところでガルシアが脱落すると、ホセ・ビセンテとプジョルの一騎打ちに。残り3㎞を過ぎたところでプジョルがアタック。ここまでほぼ先頭固定で強力に引いてきたホセ・ビセンテだがこれにはついて行けず、プジョルが残り2㎞を独走してゴールした。

Jbcf_miyada_102 コース中間点でペースアップするホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

Jbcf_miyada_103 残り2㎞でアタックするオスカル・プジョル(Team UKYO)
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

結果
P1クラスタ
1位 オスカル・プジョル(Team UKYO) 32分32秒
2位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +37秒
3位 リカルド・ガルシア(KINAN Cycling Team)  +1分19秒
4位 サルバドール・グアルディオラ(Team UKYO) +1分30秒
5位 ジェイ・クロフォード(KINAN Cycling Team) +1分34秒
6位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +1分52秒

Jプロツアーリーダー 畑中勇介(Team UKYO)
U23リーダー 新城雄大(那須ブラーゼン)

Jbcf_miyada_105 Jプロツアー 表彰式
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟


【Jフェミニンツアー】

結果
Fクラスタ
1位 合田祐美子(BH ASTHIFO) 43分54秒
2位 坂口聖香(パナソニックレディース) +2分35秒
3位 古田佳美(竹芝サイクルレーシング) +2分37秒

Jフェミニンリーダー 伊藤杏菜(Champion System Japan)

Jbcf_miyada_106Jフェミニンツアー 表彰式
提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

BE・ALL専用のWEB通販システムがスタート<< 前の記事
BE・ALL専用のWEB通販システムがスタート
ジャパンカップ オフィシャルファンクラブ新規開設!次の記事 >>
ジャパンカップ オフィシャルファンクラブ新規開設!

バイシクルクラブと一緒に走ろう!チームBCメンバー募集

エイ出版社が発行する自転車の雑誌&書籍一覧

自転車保険 MS&AD + 三井住友海上

オトナの趣味サークル

大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」

エイ出版社の最新情報をお届け!メルマガ会員募集中