5月24日 ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ『東京ステージ』 | BiCYCLE CLUB|バイシクルクラブ[エイ出版社の自転車情報誌]

News

2020年8月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2015/05/25

5月24日 ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ『東京ステージ』

5月24日 ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ『東京ステージ

20150524toj7s8

5月24日、ツアー・オブ・ジャパンの第7ステージとなる『東京ステージ』が開催された。
以下、プレリリースよりお伝えする。


たくさんの観客が集まった日比谷シティ前からスタートし、大井埠頭の周回コースを14周回してフィナーレを迎える112.5kmの平坦ステージで、スターターは参議院議員であり日本自転車競技連盟会長の橋本聖子氏でした。

パレード走行を経て、増上寺や東京タワーなど東京のランドマークを駆け抜けた89名の選手たちは、アタックを繰り返しながら、ハイスピードで大井埠頭の周回コースへと入りました。7選手の逃げが決まり、周回を重ねていきますが、最終的に先頭集団は2選手のみが残りました。

しかし、ゴールに向けて加速するメーン集団に吸収され、大集団によるゴールスプリントの展開となり、昨年の『東京ステージ』の勝者であるニッコロ・ボニファジオ(イタリア、ランプレ・メリダ)が優勝し、同じ大集団でゴールしたミルサマ・ポルセイェディゴラコール(イラン、タブリーズ ペトロケミカルチーム)がこれまでのリードを守り切って、個人総合時間賞を獲得しました。優勝タイムは16時間17分53秒でした。

また今日のステージでは、弱冠19歳である黒枝咲哉(日本ナショナルチーム)が区間5位でゴールし、日本人最高位となっております。

各賞選手に変動はなく、山岳賞は『富士山ステージ』の勝者であるラヒーム・エマミ(イラン、ピシュガマン ジャイアントチーム)、ポイント賞は昨『伊豆ステージ』の勝者であるヴァレリオ・コンティ(イタリア、ランプレ・メリダ)、そして新人賞はイリア・コシェヴォイ(ベラルーシ、ランプレ・メリダ)が獲得しています。個人総合成績での日本人最高位は16位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)で、勝者から4分27秒差という結果でした。

区間賞 ニッコロ・ボニファジオ選手のコメント

「まさか自分たちがポイント賞に新人賞、そして2つのステージ優勝を獲得できるなんて、大会前は思ってもみなかったこと。この結果をとても嬉しく思っている。今日のステージは距離が短く、とても速いペースで進んでいった。リードアウトをしてくれたイリアが、ゴール前にクラッシュしてしまったけど、それでも勝てたことを嬉しく思う。好成績を残せたことで、いまはリラックスできているし、この先のシーズン後半戦も、いい結果が残せると思う」

個人総合時間賞 ミルサマ・ポルセイェディゴラコール選手のコメント

「今日は総合リーダージャージを守ることが、チームの絶対的な目標だった。大変だったが、チーム一丸となって頑張って、守ることができて嬉しく思う。応援してくれた日本の皆さまに感謝している。また来年、このレースに戻ってきたいと思っているし、そこでぜひまた勝ちたいと思う。」

【リザルト】
第7ステージ 112.7km
1位 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、ランプレ)
2位 ブレントン・ジョーンズ(オーストラリア、ドラパック)
3位 ニコラス・マリーニ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)
4位 ボリス・シュピレフスキー(ロシア、RTSサンティック)
5位 黒枝咲哉(日本ナショナルチーム)
6位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)

個人総合
1 M.ポルセイエディゴラコール(イラン、タブリーズペトロケミカル)16h17'53"
2 R.エマミ(イラン、ピシュガマン・ジャイアント)+24"
3 H.アスカリ(イラン、ピシュガマン・ジャイアント)+52"
4 A.ザルガリ(イラン、ピシュガマン・ジャイアント)+53"
5 F.マンセボ(スペイン、スカイダイブドバイ)+1'02"
6 T.ルバ(フランス、ブリヂストンアンカー)+1'18"
16 増田成幸(日本、宇都宮ブリッツェン)+4'27"

写真はツアー・オブ・ジャパンの公式ウェブサイトより。
http://www.toj.co.jp/2015/?tid=100143

雨が降ったらバイチャリへ!最大45%OFF!!ハッピーレインセール!<< 前の記事
雨が降ったらバイチャリへ!最大45%OFF!!ハッピーレインセール!
DOWNHILL SERIES #2 SRAM PARK エントリー開始次の記事 >>
DOWNHILL SERIES #2 SRAM PARK エントリー開始

バイシクルクラブと一緒に走ろう!チームBCメンバー募集

エイ出版社が発行する自転車の雑誌&書籍一覧

自転車保険 MS&AD + 三井住友海上

オトナの趣味サークル

大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」

エイ出版社の最新情報をお届け!メルマガ会員募集中