実例:SANTA FE HOUSE in 世田谷

2011年6月14日 (火)

こだわりの左官!【世田谷住宅編】

僕たちが普段手掛けさせてもらってる住宅は、
素材や質感にこだわり、写真では写らない空気感を大切に考えています

以前からご紹介している、世田谷のお宅は 特に左官にこだわりました
お客さんのこだわりも強く、ご自身で色々と材料や色のサンプルを取り寄せて、
考えていきました

今回使ったのは、ちょっと特殊な左官材で、
イメージしたのは、下の写真のような アメリカ・サンタフェにある家のような左官の仕上げ
Img_1193

しかし、サンタフェの家と日本の家の作り方は根本的に違うので、
どうしようかと色々と検討しました

そもそも、何が違うのかというと、サンタフェ地方の家は、
ストローベイル工法と言って、壁が藁と土でできている家が多いので、
壁が真っ直ぐではなく 柔らかい印象を与えることが出来ます

ちなみに、壁を塗る前の下地はこんな感じ
Img_1962

日本はこんな感じ。この上に板を張って左官を塗ります
085

こんなに違うので、日本では仕上げも真っ直ぐキレイに仕上げるのは得意でも、
柔らかい感じを出すのが、非常に難しいんですね~

そこで、今回 左官の質感を出すために
ある物を混ぜた左官材料を使ってみました
その、あるものとは、、、
Img_5958
これ、ビニロン繊維と呼ばれる合成繊維です。

コレを左官材料に混ぜ込んで使います
Img_5962

すると、どうでしょう!
ざっくりとした左官の表情と、質感が出ました!!
Img_5956

かなり良い感じです~!

このもこもこ感をさらに引き出すために、
角も丸めました
Img_5615

Img_6112

ちょっとしたことなんですが、角を少し丸めるだけで
印象ががらっと変わります

写真では表現されにくい素材の表情や質感ですが、
実際にそこに住む人にとっては
非常に重要なポイントなんですよね~

ナカジマ

2011年5月 5日 (木)

アイアン手摺り!【世田谷住宅編】

こちらの現場も良い感じに仕上がってきています!

手摺りをオリジナルでつくったのですが、
今回は、お施主さんのアイデアで壁に平行な手摺りではなく、
壁に対してちょっと斜めにしたモノをつくりました!
Img_5948

斜めのほうが、持ちやすいだろうという発想から始まって、
太さ等を綿密に(?)シュミレーションして、出来上がったのが、コレ

実際に、使ってみても使いやすかったですね~

ちなみに、この手摺りは使い勝手だけではなく、
質感にもこだわっています
鉄のかたまりを曲げてつくっているので、
非常に重量感があり、他には無い雰囲気を醸し出しています
2

5

この手摺りのように、ディテールと質感に
特にこだわったコチラのお宅、仕上がり楽しみです!!

ナカジマ

2011年4月20日 (水)

暖炉??【世田谷住宅編】

以前からちょっとずつ登場している世田谷の住宅ですが、
先日、ROCKイワキリと一緒に現場で暖炉の打合せをしてきました

「暖炉」と言っても、今回取り入れるのはガスストーブを
暖炉風に見せる計画です

本当は、実際の暖炉を入れたいところなのですが

実際の暖炉は室内に煙が戻ってくることや
都心では薪などの燃料確保が非常に手間がかかるという事、
また、火を扱いやすいと言うことから、今回はガスストーブを採用しました

ただ、見た目はこだわって作っていきたいので、
図面では表現し難い部分を
現場でお施主さんと大工さんと3社でじっくりとやってきました!

今日は、その打合せの一部始終をお見せします(笑)

--------------------

お施主さん:こーいうイメージでこんな感じで、、、
Img_5474

お施主さん:ここは、こうで、こういう風にしたいんですよね

Img_5475

ROCKイワキリ:じゃあ、それはこうですよね!

Img_5476

ROCKイワキリ:ココはこーで、、

Img_5478

ROCKイワキリ:高さはこんな感じかな??

Img_5480

で、壁に実際の寸法を書き込み、ここからは大工さんの腕の見せ所!

Img_5481

大工さん:トントン、カンカン

Img_5498

大工さん:トンカン、トンカン

Img_5499

・・・

後日、現場に行ってみるとこんな感じで出来上がっていました!

Img_5593

お客さんも大満足の仕上がりです!

アメリカ・サウスウエスト地方にある家にあるような、

暖炉の完成です~!

「あなたの夢、叶えます」(笑) by ROCKイワキリ

ナカジマ

2011年3月29日 (火)

上棟!【世田谷住宅編】

竣工ラッシュを向かえている我が建築デザイン事業部ですが、
それと同時にまた新しい住宅も動いています。

今回ご紹介するお宅は、世田谷区の住宅地の中にあります
古材を使ったり、コダワリの強い家になりそうです

竣工ラッシュの記事ばかりで、こちらのお宅の事は
全然だせていなかったのですが、既に構造体が立ち上がっています!
今回はツーバイフォー工法でつくっています
P1030659

古材の柱と梁がインパクトのある、良いアクセントになりそう!
P1030692

ちなみに、この古材の梁は近くで見るとこんな感じに
S2
質感があって、良い感じです!
この家も仕上がりが楽しみですね~

ナカジマ

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

PR