« 進化する街イリノイ州シカゴ | メイン | 徳島の”SURFER'S HOUSE” が完成!写真を撮ってきましたー! »

2017年11月16日 (木)

会話が増えるリビングの秘密。それは『仕切らない』という工夫にあった

最優先すべきは誰にとっても快適なこと。

Yu8ezadolpvzgbu1510715135_151071515

かつて画家が住んでいたというアトリエ兼住居をリノベーションした『カリフォルニア工務店』エグゼクティブ プロデューサー 岩切の自邸。建物は平屋でありながらロフトもあって、吹き抜けが気持ちいい空間が広がっている。

なかでも太陽の光がたっぷりと降り注ぐリビングは、岩切が最もお気に入りの場所。そんなリビングこそくつろげる空間づくりを大切にしている。

Jayzbbo5znrxcld1510714971_151071498

キッチンの天井はあえて低くして、空間を視覚的に区切っている。料理をしながらリビングを見渡せるつくりなので、家事をしながら家族との会話も弾む。

Rugm8xgh4z0hkmp1510714839_151071487

ブランコがあってお姫様気分を盛り上げてくれる娘さんのお部屋。壁紙はかわいらしいピンク、床材は木肌感が表現されていてまとまりがある。こんな素敵なお部屋で過ごす以上にリビングで家族と過ごすことが多いのだとか。

Vz_dupr5jw5mzcy1510715032_151071504

寝室は天井が高く広々とした空間。奥にはウォークインクローゼットも。コンパクトな動線も快適さのポイントなのだ。

Izycxevhptf4voa1510714908_151071493

岩切はカバードポーチ、奥様はキッチン、娘さんはリビングでおもに過ごすことが多い。それぞれの空間には壁などはなく、リビングとカバードポーチとをつなぐオープンウィンを全開にすれば、外と中とが一体となって、緩やかに頬をなでる心地よい風が入ってくる。

そんなChigasaki Houseでも採用されているオープンウィン等を展開している『LIXIL×カリフォルニア工務店』のスペシャルサイトはこちらです。

ホッシー

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020


PR