« 9月22日(木・祝)に”パナソニック リビング ショウルーム 湘南・藤沢”オープンです! | メイン | DEUS TOKYO BIKE BUILD OFF 2016/9/24 »

2016年9月19日 (月)

CHIGASAKI HOUSEの浴室は、「在来」or「ユニットバス」?

以前、HIGH&LOWのブログで紹介した

LIXILのユニットバス「スパージュ」。

CHIGASAKI HOUSEに、実際に採用したので

その採用から使用までのリポート!









まずは、メーカーのショールームに行くことからスタート。

図面を持って行き「レイアウト」や「仕様」を決めて見積りを作ってもらう。

↓これはガラスのカラーサンプル。少し黒くなっている「スモーク」にした。
今まで見たことない!
th_IMG_0397.jpg

スモークは高級感もあって外からは中が見えにくい。

↓パネルの組み合わせサンプル(ミニチュア)

こうやって組み合わせがミニチュアで出来るからわかりやすい。
th_IMG_0398.jpg

仕様を決めつつ実際にどんなもんか

体感できるショールームが「みなとみらい」にあったので行ってみた。




これも完全予約制。(無料)
th_DSC08386.jpg

なんと!作りが高級ホテルなみ!
th_DSC08401.jpg

ドリンクもサービス!なんて贅沢!
th_DSC08385.jpg

いろんなコスメも置いてある。
th_DSC08404.jpg

th_DSC08392.jpg

この仕様で実際に体感。
th_DSC08409.jpg

おぉ~コレが片湯(アクアフィール)か~!
th_IMG_0395.jpg

切り替えで「ジェット」にもなる。
th_IMG_0394.jpg

操作パネルもかっこいい~!
th_DSC08415.jpg

天井からも「レインシャワー」「打たせ湯」が出てくる仕組み。


th_IMG_0534.jpg

照明が埋め込まれた「肩湯」も快適~。
iPhoneImage.png

最高に快適でした~!

これが実際に『CHIGASAKI HOUSE』に入れたスパージュ。

壁のタイルは中止し減額にもなった!

外からサーフィン後に直接入れる様にドアも設置。

これは海の近くに住んでる家には必需品だね!



最近のユニットバスは進化していて

デザインもかっこいい!


俺が「在来(一から選んで造作する方法)」で作らずに「ユニットバス」にした理由は

“お風呂に長く入るのが嫌いだから!”

温泉は好きだけど、家のお風呂はキライ。

と言う人結構いると思う。

それは「快適」じゃないから。

少しでも快適する様に

「ホテルの様なデザイン」「温熱環境(寒くない)」

「片湯・ジェット」「レインシャワー」「掃除のしやすさ」など

このユニットバスの方が上回るから。

値段は在来と同じか高くなると思うけど

毎日何年も使うものだから投資してでも意味のある事だと思うな!

「日本のユニットバス」は世界一だからね!



個人の考えがあると思うけど

僕はそう考えます。

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

PR