« 定期的に行きたくなる街 “パームスプリングス”!! | メイン | »

2016年8月11日 (木)

カバードポーチの床材はどうする??

【カリフォルニア工務店】にご相談にくるクライアントさんからよく挙がるご要望の一つにカバードポーチがあります!

 

カバードポーチとは、ダイニングやリビングに連続した屋根付きの半屋外空間

家族はもちろん、仲間や近所の方とのコミュニケーションや遊びの場所として使われています!

休日の食事やBBQ、ひなたぼっこに子供達のプール、ご主人の遊び場(!?)等 用途は無限です!!

 

そんないろいろな使い方のできるカバードポーチは、普通のデッキスペースと違って、屋根があるから床材が傷みにくいんです!

そのため、【カリフォルニア工務店】では、レッドシダーやセランガンバツ、イペ等の天然木で作っています!

Img_5947_2

(左から、レッドシダー、セランガンバツ、イペ)

外部ですが屋根のある耐久性の高い場所なので、天然木でも安心して使用することが可能なんです!

レッドシダーでの施工例はこちらです!↓

Th__ma_2709

しかし!

外部であるがゆえに多少の雨は吹き込むもの。

「とにかく、一切メンテナンス必要したくない!!」なんて言う方には、こんなものをご提案!↓

Img_5937

こちら、本物の木そっくりですが樹脂でできているデッキ材。

なんと嬉しいメンテナンスフリー!

また、以前よりも木の質感がリアルな上、カラーバリエーションも豊富です!

天然木での施工がほとんどの【カリフォルニア工務店】ですが、実はこの樹脂のデッキ材も使われているんです。

そのお宅がこちら!↓

Dsc02132

 

樹脂のデッキ材でも【カリフォルニア工務店】で人気のこのお宅のような素敵なお家が建っちゃいます!

 

メンテナンスを気にしてカバードポーチを諦める必要はありません!

新築やリフォーム等ご検討されている方は是非【カリフォルニア工務店】まで一度ご連絡くださ〜い!!

※カバードポーチに興味のある方は、HIGH & LOWの過去ブログ「カバードポーチ」のメリットデメリット の記事もご一読くださ~い!!

http://iwakiri.jugem.jp/?eid=3070

 

 

yumi

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

PR