« 重大発表!! | メイン | “吹抜け”と“カバードポーチ”と“陽射し”の関係!! »

2016年2月25日 (木)

カリフォルニアの壁やフェンスっていい意味で“ラフ”ですね!!

日本の住宅は、家の周りをグルリと囲むように外壁があるのが普通だけど、アメリカでは前面道路に面したフロントヤード部分には、壁やフェンスが無いのが一般的。

12742814_684620728347426_7026313803

12743947_684620715014094_7978386322

完全に家を囲んでいるのは、治安がよろしくない地域や、家畜を放牧しているような巨大な敷地の家に限られる。

12748062_684620698347429_2431170223

12743992_684620785014087_5160957798

12742741_684620855014080_5457451237

それでも、時にはデザインを楽しむためにフェンスを設置している家もある。南カリフォルニアのオーシャンサイド付近を歩いて、フェンスのある家の写真を集めてみた。

12705648_684620745014091_7691263902

12742165_684620821680750_4685593754

ビーチタウンでは、塀として使うには高さが低いものが大半で、そのほとんどはオーナーが好みで取り付けたもの。カバードポーチを囲ったものも参考になるね。

12743981_684620771680755_6119747658

10426773_684620805014085_8883670419

621_684620871680745_811782551963426

どのデザインにも共通しているのは、整理され過ぎていない、ラフで手作り的なイメージを残している事。このラフさ具合がカリフォルニアっぽいね。

Yusuke @ LA Branch

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020


PR