« カリフォルニアの壁やフェンスっていい意味で“ラフ”ですね!! | メイン | 『CHIGASAKI HOUSE』完成初公開! »

2016年2月27日 (土)

“吹抜け”と“カバードポーチ”と“陽射し”の関係!!

以前、“カバードポーチの贅沢さと“吹抜けの気持ち良さ”をアップさせて頂きましたが、そこには以外な関係性が有るんです!!
実例の【SURFER’S HOUSE in 新潟】で検証してみましょ~!

_as_1666s

“カバードポーチの贅沢さ”ともいえる、LDKから繋がり、芝にも行ける導線は最高です!!
少しここで見て頂きたいのが、“カバードポーチ”には屋根が有るので、雨に濡れないという利点はありますが、逆に陽射しが入りにくいという考え方も出てくるんです。

_as_1689s

そこで、“カバードポーチ”の上にある外壁面に“ハイサイドサッシ”を設けることにより、“カバードポーチ”からは入りにくかった陽射しをサンサンと取り込む事が出来ます。

_as_1747s

“ハイサイドサッシ”は、外観的にデザインとして設置されているように見えますが、重要な役割があったんです!!今後も家づくりのヒントとなるようなことをお伝えしていきますのでお楽しみに~!

ダイスケ

カリフォルニア工務店

  • カリフォルニア工務店
  • サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案しシーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボし、誌面だけではなく空間を作ってライフスタイルを現実にしていく事をベースに、クライアントのライフスタイルを活かした空間づくりを行います。
    http://cal-co.jp/
  • カリフォルニア工務店WORKSページ

    BLOG HIGH&LOW 岩切剣一郎

カリフォルニア工務店掲載誌最新号

カテゴリ

カリフォルニア工務店 Facebook



エイ出版社からのご案内

PR