HHKB 50万台達成、漆塗りキーボードなどプレゼントキャンペーン

合理的なキー配列とコンパクトサイズを基本コンセプトとして、1996年12月に発売。高速で大量のキー入力を行うプログラマーや原稿執筆者から圧倒的に支持されるHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)の全世界累計出荷台数が50万台を超えた。

Hhkb_professional_bt

Hhkb_professional_types
初回ロットはたった500台だったというから、そこから22年で1000倍の数のキーボードを売った事になる。近年では日本だけでなく、中国、米国や欧州でも販売を展開しており、人気を博しているという。

その50万台突破を記念して、以下の3つのキャンペーンが行われるという。


1)HHKB公式アカウントのキャンペーン対象tweet(以下)をRTした人の中から1名に漆塗りHHKBをプレゼント。ボディはアルミ、キートップは漆塗りという50万円「HHKB Professional HG JAPAN」だ。(詳細はこちら http://www.pfu.fujitsu.com/direct/campaign/hhkb/rt50.html

Hhkb_professional_hg_japan_2

2)HHKB Professional Type-SまたはBTを購入した人、先着500名に僧侶の小路竜嗣さんが祈祷したHHKB「打鍵成就」お守りをプレゼント。(詳細はこちら  http://www.pfu.fujitsu.com/direct/campaign/hhkb/sale50.html 

Hhkb

Photo
3)HHKBの原点である「Aleph Keyboard入配列」がシルクスクリーンプリントされた特製キーボードルーフを限定販売。和田英一氏のメッセージカード付き。5000円(税別)(詳細はこちら https://www.pfu.fujitsu.com/direct/campaign/hhkb/sale50.html

Photo_2


もし、文字をたくさん打つ職業をしていながらも、まだHHKBを使っていない人がいたら、ぜひ購入を。キー入力の効率が上がり、仕事全体の時間短縮に繋がるはずだ。

(村上タクタ)

コメント(0)